【聖地】Part-27~馬部と三次の逃走ルート~/「街~運命の交差点~」のロケ地をストリートビューで巡る!

今回の#街ロケ地は「馬部と三次の逃走ルート」です。

スポンサーリンク

「馬部と三次の逃走ルート」の今昔

馬部篇1日目より鍋島松濤公園で入れ替わってしまった馬部牛尾

美子起因の甘党発覚(別人発覚バッド)を回避しながらも勘違いも相まって馬部は狐島三次と行動を共にすることになります。そして警察から追われる身になってしまう…という道中を紹介していきます。

馬部と三次の逃走ルート①

鍋島松濤公園を出て歩き出した2人。馬部は三次を俳優(エキストラ)と思い込み、次の撮影先に向かっているつもりですが、三次は警察から逃げるために特に目的の場所もないような状態。

三次が先導で歩くのは高い塀に挟まれた(挟まれているように見える)細道で、大通りをそれて(一応隠れる意識を高めて)歩いているといえます。ちなみに作中同様その先は四つ角になっています。

馬部と三次の逃走ルート②

次に映る場面。四つ角から更に進んできたところで(なぜか)2人の目の前にパトカーが登場し追いかけられるので走って逃げることに。

走っている=躍動感でやや見えずらい道(場面)ですが、がっつり住宅街。風景自体は変わっていません。

馬部と三次の逃走ルート③(未検証)

お次は逃げる2人を追う警官が登場するシーン。

こちらは場所の推測は出来ているもののストリートビューの範囲外になっているため紹介は省略します。本記事内でのその他のシーン同様(周辺)のエリアになります(推測ですが)。

馬部と三次の逃走ルート④

さらに警官から逃げて来たところで、撮影だと勘違いした馬部がぶっぱなしちゃう場面。

ここで映る階段(階段上からの視点)はストリートビューが通っていなかったのですが、写真を提供いただいたのでご紹介します。

ぶっぱなすシーンはムービー。

本物だと気づいた馬部。

別アングル

同地点を階段下(警官側)からの視点で。

馬部が驚いて捨てた拳銃を拾う三次。

ここで警官を振り切り2人はこのあと「代々木公園」へと。

スポンサーリンク

そのほかの「街」ロケ地

メインページで紹介しています。

情報提供や写真提供
リクエストなどもお待ちしています!

Twitter / 問い合わせフォーム

©Spike Chunsoft Co., Ltd./長坂秀佳/難波弘之
タイトルとURLをコピーしました