【聖地】Part-33~馬部と松濤公園-再び~/「街~運命の交差点~」のロケ地をストリートビューで巡る!

今回の今回の#街ロケ地は「馬部と松濤公園-再び」です。

スポンサーリンク

「馬部と松濤公園-再び」の今昔

タイトルのままではありますが馬部篇1日目より鍋島松濤公園にて牛尾政美と入れ替わってしまった馬部甚太郎。馬部が狐島三次とともに行動を共にしたのち、ロケ隊に戻るために再度鍋島松濤公園に戻ってきた際の場面を見ていきます。

馬部と松濤公園-再び①

「代々木公園」で三次を何とか言いくるめ、緑山学院高校の倉庫に行くことを回避(陽平バッドエンド)。再び鍋島松濤公園に戻って来た2人が話しているのは遊具側です。

遊具の形状はやや変わりましたが、位置は同じ。後ろの大きな木も特徴的な枝分かれで分かりやすいです(画面比率4:3じゃないと見えませんが)。

馬部と松濤公園-再び②

公園内の遊具側から池側に移動し、池を一周することにするも時すでに遅し。


(この風景とほぼ同様のものは公園の風景として別途紹介しています。)

ロケ隊がいなくなっていることに凹む馬部とその下にやって来るアヒル。

現在の松濤公園の池は(当時もそうですが)生物を飼うにはお世辞にも綺麗とは言えず(笑)、アヒルはいません。小屋?もなくなっていますが、それらの名残がある状態です。

馬部と松濤公園-再び③

アヒルにつつかれ傷跡のメイクが取れかかり、焦る馬部は公園内の水車の方に走ってきます。

別アングル

同地点の逆視点。三次がかなり疑っています(当然)。

プレイヤーもハラハラする場面「どうする!?」

馬部と松濤公園-再び④

「仲間が迎えに来る」と三次を何とか言いくるめて、池をグルっと回って来たあたり。カーブの形状、サギ山が到着する(画面がスライドする)場面から、浮島を挟んだところだと分かります。

ストリートビューでは作中時にはなかった手前側の植え込みが出来ており、ベンチの位置がややズレたように見受けられます。ベンチは奥に見えるものも、手前(周辺)にあるものも大体の位置は作中のままです。

別アングル

サギ山とのやり取りは同地点でアングルがあれこれありますが、かなり人物をフォーカスした構図なのと、特筆すべき部分はないので、作中画像で失礼します。

サギ山にあしらわれた馬部は三次を振り切ることが出来ず更なる逃亡先神泉タイシンホテル周辺へと…

スポンサーリンク

そのほかの「街」ロケ地

メインページで紹介しています。

情報提供や写真提供
リクエストなどもお待ちしています!

Twitter / 問い合わせフォーム

©Spike Chunsoft Co., Ltd./長坂秀佳/難波弘之
タイトルとURLをコピーしました