【麻雀】大阪にオープンした「M.LEAGUE OFFICIAL SHOP 大阪」に行ってきた!(※2022年12月再訪時の情報も追加)

2022年9月16日(金)にオープンしたプロ麻雀リーグ「Mリーグ」のオフィシャルショップ、「M.LEAGUE OFFICIAL SHOP 大阪」に行ってきました!

今回はお店の雰囲気や感想レポートです。

※記載の情報(感想)は、2022年9月の訪問時のものです。
※追記した情報は、2022年12月再訪問時のものです。
スポンサーリンク

「M.LEAGUE OFFICIAL SHOP 大阪」

10月に始まる今季のMリーグ(2022-2023シーズン)より、「株式会社丸善ジュンク堂書店」とスポンサー契約したことで、2年契約のオフィシャルショップが今回登場しました。

東京は日本橋、大阪は梅田と全国で2店舗だけ。

株式会社丸善ジュンク堂書店がスポンサーに決定! | M.LEAGUE(Mリーグ)
一般社団法人Mリーグ機構(本社:東京都港区、代表理事:藤田晋)は、「Mリーグ2022-23シーズン(以下「22

今回伺ったのは日本最大級の売り場面積を誇る8階建て(B1~7F)の超大型店舗「MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店」の中にあるショップです。

オープン初日の公式Twitterでは開店前に長蛇の列。最終的には200人ほど並んでいたようで、麻雀の人気における「Mリーグ」の貢献がうかがい知れます。

行列が出来ていた理由はオープン初日だったこともそうですが、選手とツーショット写真が撮れるイベント参加券の先着配布があったからではないかと思います(配布は初日に終了)。

筆者はオープン翌日の17日の夕方に行きましたが、店内にいるお客さんは10人くらい。レジの待ちもガチャガチャの混みもなし/待ちゼロでした。

2022年12月再訪時:ちらほらとお客さんはいますが、ショップ内は混んではいないので存分にあれこれ物色できます(土曜日)。

お店はこんな感じ

ショップは書店の2階の通路に沿って横長、2階以上に行く人に必ず目につく位置にあります。

書店をご存じの方であれば、これまで小説の新刊やフェアコーナーが行われていた場所がごっそりMリーグオフィシャルショップになっているという、かなりいい立地と言えます。

2022年9月

取り扱っているものはMリーグオフィシャルというだけあって、リーグロゴや全チームロゴが入ったものが、想像しうるグッズと呼ばれるあれこれは当然のごとく、麻雀の役を生かしたものなどバラエティに富んで準備されていました。

再訪時:2022年12月

2022年12月再訪時:リーグが始まったこともあってか(そんなに多くはありませんが)新しいグッズが増えていました。9月のオープン時の写真と比較して、チームのタペストリー(雷電なに?(笑))、ステッカー、アクリルスタンドあたりが今シーズンの選手が確定した後の新商品っぽいですね。

再訪時:2022年12月

2022年12月再訪時:お土産にもピッタリなスイーツ「やくまんじゅう」も新商品。

オープン時の人気は店舗限定カラー(大阪はカーキ)のオフィシャルパーカー。

再訪時:2022年12月

2022年12月再訪時:サイズはXLのみ売り切れでした。

そして8チームそれぞれにコーナーが準備されており、チーム推しの人も買い物を楽しめます。

ロングスリーブ(ロンT)、クッション、キーホルダー、ステッカー、ラバーコースター、グラス、どんぶりなど売り切れの心配はないくらいたくさん並んでいました。

各チームコーナーの棚上にはロゴと所属選手のサインが飾られているため、見分けも付きやすいです。

筆者が写真を撮ったのは推しのチーム、サクラナイツ!ちなみに監督推しです(笑)

再度書きますが、”Mリーグ機構のお店”なので、それぞれのチームの企業サイト(通販ショップ)でしか買えないグッズは基本的にこのお店では取り扱いがないので注意です。

再訪時:2022年12月

サインがいっぱい!(2022年12月再訪時)

お店を訪れたMリーグ関係者(選手や実況者)のサインがズラリ。

オープンから約3か月でご覧の通りです。

選手のサインをこうもお目にかかることは中々ないので、店を訪問する目的の一つになりますね。

ガチャガチャまである

「新ユニフォームアクリルキーホルダー」のガチャはショップから少しだけ離れたところにあります(1回500円)。➡2022年12月再訪時:レジ横に移動していました。

4チームで分かれている(A:ドリブンズ、風林火山、サクラナイツ、格闘倶楽部/B:ABEMAS、フェニックス、雷電、パイレーツ)ので、チーム推しであれば4分の1、選手推しになると16分の1の確率の引き。

買ったもの

筆者が今回目当てにしていたのは、書籍コーナー

見る専ファンでも、もっとより深く麻雀のことを知りたい、知識を深めたいと書籍が欲しいと思う人も多いでしょう。筆者がネットで調べた時は結構ガッツリ目の手順書籍や戦術ごり押し、挑発的タイトル(笑)のものも多く、何を買うべきか悩んでしまっていたのですが、それらも含め店舗にたくさん取り扱いがある=吟味できる場所になっています。

通販でしか買えない、調べても辿り着けないような麻雀本(選手個人の本)がずらーっと並んでいました。オープンしたばっかりとあって、サイン本もたくさんありましたよ!

筆者が購入したのは2冊。

ジュンク堂限定で復刊した「ニャロメのおもしろ麻雀入門」(1985/赤塚不二夫著)

東海オンエアの虫眼鏡氏とサクラナイツの内川幸太郎選手の著書「勝てる麻雀をわかりやすく教えてください! 」(サイン本)

先着順の3,000円以上購入で貰えるランダム缶バッジは「EX風林火山」が当たりました。

「Mリーグ」ファン、麻雀好きの方、お近くにお住まいの方は2年間は確実にありますので、チラッとでも覗いてみてはどうでしょう。グッズも第一弾といわれてるので、これからまだまだ登場する予感。

スポンサーリンク

「M.LEAGUE OFFICIAL SHOP 大阪」の店舗情報

タイトルとURLをコピーしました