【購入品】駿河屋で買ったPSPのアドベンチャーゲーム/2021年7月

7月に新作ゲームとは別で中古で3本のソフトを購入しました。

すべてPSPのアドベンチャーゲームで、駿河屋のネットと店舗で買いました。プレイはのんびりかつ、レビュー記事はいつになるやら…、書かないかもしれないので、購入したことを記録に残しておきます。

▼以前の購入品

スポンサーリンク

購入したゲームたち

今回購入したお店は「中古ゲームを買うなら?」の代表的なショップの一つである、駿河屋です。近年実店舗も続々と増え、勢いを感じる駿河屋ですが、その要因は圧倒的な品ぞろえでしょう。1度にあれこれ注文できるのもありがたく、私も定期的に利用しています。

唯一の欠点は発送の遅さ。今回は7月6日に注文して、7月16日に(ようやく)発送されました。実に10日。これでも、いつも通りとすら思えるのが駿河屋です(笑)私は急いでなかったので発送が遅いのは全然気にはしてませんでしたが、初めて利用する方や、すぐに遊びたいゲームを注文しようと思っている方は注意(認識)しましょう。

スポンサーリンク

「Ever17 -the out of infinity-Premium Edition」限定版

駿河屋のネットで購入したのは2本。KIDから発売された、代表的なループアドベンチャー『infinity』シリーズの2作品です。

まずはシリーズの2作目である、「Ever17 -the out of infinity- Premium Edition」(エバーセブンティーン ジ・アウト・オブ・インフィニティ)。その中でも限定版の方にしました。ちなみに、PSPソフトは初めに発売されたPS2からの移植によって修正等が加わっているため、Premium Editionまでがタイトルです。

この「Ever17」は『infinity』シリーズのなかでも評価が高く、中古価格も一番値が張ります。PSPの中古ゲームの中でも高い部類で、更に年々値段が上がっている(プレミア化している)気がしたのと、欲しかった限定版が在庫にあったので根負けして今回購入しました。

限定版にした理由は、付属のプレミアムブック目当てです。ゲームの攻略情報や裏話が載っていたりと有益なものとの情報を見かけたのと、あとはサウンドトラックもついてるしプラスの値段としてはまぁ妥当かなと思えたので(¥5,400)。

スポンサーリンク

「Remember11 -the age of infinity-」限定版

つづけてシリーズ3作目の「Remember11 -the age of infinity-」(リメンバーイレブン ジ・エイジ・オブ・インフィニティ)こちらも限定版です。

「Remember11」は「Ever17」を購入するついでに買っちゃったという感じで、同じく限定版にしました。「Ever17」と同じ内容物(プレミアムブックとサントラ付き)ですが、こちらは高騰してなかったのと、まさかの箱ごとシュリンク付きの完全なる新品が届いたので得した気分です(¥2,560)。

ちなみに『infinity』シリーズ一作目の「Never7」どころか、『infinity』シリーズは全くやったことありません。シリーズに連続性はないようなのでまぁ大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

「銃声とダイヤモンド」

3本目は知る人ぞ知るPSPのアドベンチャーゲームの中でも評価の高い1作「銃声とダイヤモンド」です。

上記2作品をネットで購入する際に調べたところ、この「銃声とダイヤモンド」は実店舗に在庫があるという表示だったため、別件ついでに梅田ロフト店に出向いて購入してきました。

値段は中古価格の水準の¥2,000でしたが、ハガキもチラシも入っていたので満足しています。

ゆっくり楽しんでいきます。感想についてはクリア後にまた!

タイトルとURLをコピーしました