【初見】ドラゴンクエスト(ドラクエⅠ)/クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

全体的な感想

ドラクエの特徴の一つ、名前の設定。

わたしの主人公はアレフガルドのアレフ!

説明皆無のゲームスタート。

ん?ダザイとな?安易とな?(笑)

これはゲームをプレイする前に「多分ゲームだけじゃ分からないことが多そう…」と思って直前に先に読んだ、小説版「ドラゴンクエスト」から命名しました。もちろん由来も一緒です(ドヤァ)。

小説「ドラゴンクエスト」

小説版を正規とするかはさておき、ゲーム内の説明不足で唐突な点が小説で補完が可能なので、(より)ゲームの世界観を味わいたい、感じたい、もっと知りたい方にオススメです。

特に主人公の生い立ち(勇者という説得力)やゲームでは描くことが出来ない旅の道中(街)の生活描写、集める3つの重要なアイテムについてもストーリー性のある明確な設定があり分かりやすかった&面白かったです。

ゲームには登場しないキャラクターがいたり、ローラ姫の設定などはゲームと異なっていますが、これはこれで楽しめる要素でした。ライトノベルで読みやすいので興味のある方は是非。

ゲームが生まれてからの歳月

今回感想を書くにあたっては35年前に生まれたゲームということに注目したくもあるのですが、この35年というある種自動的に流れていく月日に関してはネタにするのは違うのかなぁと…。35年経っているから名作だ!とか、35年経っているから古くさい!なんていうのはナンセンスですよね。当時と現在を年数として比べて極端な評価をしてしまうのは今後さらに無理な話なので…。

もちろん35年も前にドラクエという今も続くゲームシリーズやそもそもRPGというシステム、すぎやまこういち先生の名曲が生まれていたことに震えますがね…。

色違い祭り(笑)

あと、有名作(シリーズ)故にゲームをプレイしていなくても知らず知らずのうちに自分の中に入り込んでいる情報があるはずで、今回のプレイで感じたことなのか、何かどこかで触れたりしたことや、誰かの発言を偉そうにしゃべっているのかわからなくなっているというのが正直なところです(笑)

変わらない世界観

ゲームの始まりから続く変わらない”ドラクエ”感。「あぁこれも最初からあったのかぁ…」と初プレイの私には逆に新鮮味があったりしました。

ドラクエ名物、魅惑のぱふぱふも当時からあったんですね~。

鍵…カギ…かぎぃ…

ゲームが生まれた時代を感じる点の一つとして、カギが消費アイテムとして大活躍する今作。

カギ屋から購入したカギで、いろんな扉を開けて回ります。ただの部屋でも平気でカギを使わせてきます。部屋のドアも姫が幽閉されている鋼鉄の扉も、ラストダンジョン内も全部同じ鍵で開きます(笑)1個1回で6個しか持たせてくれないし、開けたところが出直すとまた閉まってるという消費祭り状態ですが、ファミコンで出来る遊びの仕組みの最大限を楽しんでいるなぁと感じるポイントの一つです。

他にもギミックが街のフチをギリギリスレスレで歩くというのも、今ではむしろ意表を突かれた感がありましたね。

当時の勇者たち、すげぇ!

この点については現在プレイ中の「2」での感想でも書くと思いますし、「2」の方がより感じるのですが、当時のファミコンプレイヤーたち(特に子供たち)よくこれをプレイしてたなぁ、クリアしたなぁとしみじみとしてしまいました。

いまでこそ攻略情報が世に溢れ、それを見ながらプレイするのが当たり前ですが、こんなにも次に行く場所ややることをプレイ中に教えてくれないか?わからないか?とプレイしながら当時を不憫にすら思いましたね。まぁわからないからこそ解き明かす(ようやくたどり着く)楽しさがある、長く遊べるというのも一理ありますが…。

「このマップ見てどうしろと?」と立ち尽くしてしまったのは私だけではないでしょう(笑)

どこから行っていいのかわからず、下手にうろうろする(禁断の橋を渡ってしまう)と突然強敵と遭遇し一発でやられたり…。ストーリーをなぞるだけでカンストする最大LV20の主人公に、行き先が分からず無用にバトルを続けさせ、ひたすらにランダムエンカウントと戦い続けてクリアしていたであろう勇者たちに感動します。

THE・王道

勇者が旅をして強くなり、姫を助け、悪を成敗し、世界に平和をもたらす。王道にして究極のRPG。

このシンプルさと隙のなさ。浅いと感じそうな姫の激烈好意もむしろ深い(笑)

ラスボスの竜王の(しつこい)確認や、連続バトルなどもドラクエが生みの親なのでしょうか?今でこそ当たり前のベタな展開もそれを生み出したが今作なのかもと思うと感慨深いものがありますね。

極端な話、今作に関して言えば、今現在このゲームを始めようと興味を思っている人からすればゲームの評価や面白さというよりも「35年前に生まれていたゲームにふれあう」、「ドラゴンクエストシリーズを制覇する」とうことが一番の目的であるように思います。

その意識であれば確実に「やって損はない!」とお伝えしておきます。

スポンサーリンク

まとめ

「ドラクエ1」をプレイしての感想を書きましたが、現在「2」をプレイ中、「3」が待機状態です。ロトシリーズや「11」との関わりについて感じたことはすべてをプレイ後にまた別で書きたいと思っています。

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
タイトルとURLをコピーしました