【PS5】「FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE」ユフィエピソードについての考察

PS5用ソフト「FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE」の情報が公開されました。発売日は2021年6月10日(木)

今作は、”INTERGRADE・・・段階的に変化”ということで、「FF7R」をPS5仕様にしたより高度な最先端技術の搭載、遊びやすさを追求したものになっているわけですが、この情報をすべて置き去りにするくらいのインパクトがあったのは、なんといっても<ユフィの登場と追加エピソード>で間違いないでしょう!

今回は取り急ぎ予告編から受け取れる部分を、個人的な予測や見解でまとめていきたいと思います。併せて野村哲也氏のインタビュー記事も参照しています。

ちなみに”INTERGRADE”に込められたもっともっと深い理由がインタビュー記事に書かれていましたよ。

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
「FF7R」とそれに関連する派生作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

ユフィの新規エピソードあらすじ

 

伍番魔晄炉が爆破されたミッドガルの混乱の中、
ウータイの密命を帯びた《シノビ》たちが暗躍する。
モーグリマントをまといし少女ユフィと頼れる相棒ソノン。

狙うは神羅カンパニーが開発した《究極マテリア》。

本家アバランチの協力を得て、故郷のため、復讐のため、敵地へと足を踏み入れる。
星の叫びに導かれ、新たな運命の歯車が回りだす。

引用:「FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE」公式サイトより

 

スポンサーリンク

ユフィ編の登場人物

ユフィ

ウータイ出身の手裏剣娘/ユフィ・キサラギ。原作通りであれば16歳。

こんなに早くリメイククオリティのユフィにお目にかかれるとは!

モーグリマントの下のへそ出し(腹だし)セーター、ショートパンツ、ルーズソックス、網タイツ、オレンジ色のスニーカーなどなど…風貌は原作「FF7」を忠実に再現されている印象を受けました。

ちなみにモーグリマントは「DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-」・・・ダージュ オブ ケルベロス(以下:「DC」)のオマージュとのこと(「DC」やったことがある人はピンときましたよね!)。

原作「FF7」のユフィ

ソノン

ユフィの相棒となるのはアバランチのメンバーである、ソノン・クサカベ

名前以外の情報が現時点ではわからないのですが、名前(字面)、風貌、服装や武器から受け取る印象的に彼もウータイ(出身)っぽさがありませんか?

ソノンは操作キャラではないそうです…

現時点ではウータイ出身だから何だ?程度ですが、予告内でユフィのことをソノンが「センパイ?」と呼んでいたり、ユフィが「妹じゃない」と言っていたり(これは何に対して言っているかはわかりませんが)、映し出されている些細なセリフなど<距離の近さ>を生み出す何か(共通点)が二人にはあるのかな?と受け取りました。

そもそも<「ウータイ」と「アバランチ」が協力する>きっかけや接点という意味では二人に何らかの関係(ウータイ出身者同士など)がある方がしっくりきますよね。めっちゃ憶測ですけど。

スポンサーリンク

「FF7R」の視点から読み解く

伍番魔晄炉作戦後の七番街にて…

七番街側視点ならティファの(お蔵入り?)追加エピソードもやりたい…

予告編で映し出されたのはティファとバレットがクラウドを案ずる場面。伍番魔晄炉作戦でのクラウド離脱時(後)の裏エピソード=<ユフィエピソード>となっています。クラウドが八番街やウォールマーケットを満喫しているころ(言い方悪い)、七番街(あたり)では…というお話。

街に流れる噂を埋める物語?

「FF7R」本編内ではセリフとして(噂話として)だけ語られていた<「ウータイ」と「アバランチ」の関係性>について。

①伍番魔晄炉作戦前

ビッグスが「伍番魔晄炉作戦」前夜に言っていた、ウータイと本家アバランチとの最近の関係(ミッドガル中のマテリアを持ち去るつもり)。【マテリア】というワードなど詳細な話ではありますが時系列的にいうとユフィとソノンはおそらくまだ接触していないことになります(描かれ方で変わるとは思いますが…)。

そしてユフィエピソードのあらすじで言えばユフィたちは<<究極マテリア>>なるものを狙っておりそれがビッグスの言うミッドガル中のマテリアなのか?という疑問は残ります。

現時点で読み取る限りは少し違和感がありビッグスの言っていることがどこからどこまでが本当であり、噂であるのか(ユフィたちのことを言っているのか)は読めません。ただそれっぽい話ではありますね。

②伍番魔晄炉作戦後/七番街プレート攻防戦後

ふたつめは七番街のプレートが崩落したあとの八番街にてキリエがあること?ないこと?言いふらしていた場面。

ユフィエピソードは予告で受け取る感じやボリューム的に「伍番魔晄炉作戦」の後~「七番街プレート攻防戦」あたりのお話だと思われるのですが、「FF7R」本編メインの出来事の裏でユフィたちがやっていたことがこの場面のキリエの言動に繋がっている、ユフィエピソードをやることで繋がるのではないかなと推測しています。

アバランチはウータイから資金援助を受けていて使いっぱしり状態であったとのこと。

キリエは組織の詳細を知らないので(知らないはずなので)当然なのですが【アバランチ】に対して本家や分派という表現は使いません。知らないからこそすべてをひっくるめて話すその使う言葉や見る視点で印象が変わるポイントではないかと。

本編視点(クラウド視点)だとキリエが発した噂についてバレット側のアバランチの仕業(その末路)に間違いはないものの<ウータイとの関係性>が混ざることでプレイヤーの知らない話、でまかせ感が強くなっている印象です。

プレイヤーはここまでにバレット以外のアバランチがあること(本家アバランチのこと)も知っているので、向こう側の話とこっち側の話が【アバランチ】とひとくくりにされることでややこしくなっています。初見者は【ウータイ】ってそもそも何?の状態なので余計にわかりづらかったでしょうね。

「キリエ意味わかんないこと(作り話)言ってるわ!」、「本家のことでしょ?」くらいに受け取ったことがユフィエピソードをやることで印象が変わるというか、(ようやく)詳しく理解できる部分があるのではないでしょうか。

本家アバランチとユフィたちの行動もまた神羅に七番街のプレートを崩壊させた(七番街支柱攻防戦に向かわせた)要因があるかもしれませんね…。

次ページ:まだまだつづきます

タイトルとURLをコピーしました