【懐ゲー紹介】「夏色セレブレーション」の思い出/ゲームアーカイブスで遊べるゲーム①

スポンサーリンク

攻略情報の少なさ

今作自体は売れなかったというわけではなさそうなのですが、攻略本はなく、完全完璧に網羅された攻略情報サイトなどもまったくと言っていいほど存在していません

ベタの典型、同じ日のお誘い。もちろん悩ましい!!!

これらは単純に年月の経過による作品自体の注目度の低下もあるのでしょうが、一番の理由は上記の【マップジェネレーションシステム】と【キャラクタージェネレーションシステム】が組み合わさることによるランダム要素の多さゆえの手探りプレイかつ、トライアンドエラーの頻発、その圧倒的不明瞭さだと思います。

極めつけにもう一つ不親切な要素として、マップ上のどこにお目当ての子がいるかは常に表示されておらず、毎日ケータイに連絡して本人に居場所を聞き出す必要があるのですが、それがたまにわからない(連絡がつかない)=完全ランダムの日があります…。ランダム祭りです。

10歳の子も攻略対象?寮の近くに住む真歩

CG取得がマップ(建物)に依存する場合があるように、性格の違いもストーリー展開やイベント発生(取得できるCG)に影響がありそうです。そう、これらすら”ありそう”ということしかわからない、言えない。その程度の情報しかネットには転がっていないのです。それはゲームのシステム的な複雑さランダム要素に依存していることによる攻略情報の少なさに直結しています。

各キャラクターの個別エンドについて、そこを迎えること自体は容易なのですが、すべてのCGを埋める、イベントを起こすというコンプリートをすることに対して手間が多い&難しく感じます。それぞれのキャラクターの該当のイベントの要因が、どのマップにおける、どの性格パターンなのか、いつ(何日)なのか、各キャラクターの好感度コントロールが必要なのか、はたまた何も関係ないのか。確証がない、断言できないという状態です。

ルート分岐

許嫁なのにめんどくさい女になる、久美子ルート

更にコンプリート欲に追い打ちをかける点があります。それは8月21日の帰省を境にさらにストーリーが2つ存在(2つに分岐)しています。このルート分岐もフラグ管理が必要なようなんですが、なかなか明確な情報がありません。

マップや性格が入り混じった、また違うフラグ?(それらが組み合わさったうえでのコントロール?)のようで、キャラクターにもよりますがこの分岐でお話が結構変化します。ルート分岐で取得可能なCGも変わるため、ランダム要素を含め曖昧に左右する部分のコントロールはプレイヤーのフラストレーションが溜まる要素になってしまったのは容易に想像できます。

やっとの思いで埋めた、久美子CG…

基本的に都度攻略する女の子に一直線である必要があるため、マップや性格的なフラグが攻略対象以外のキャラクターで発動していた(揃っていた)としても、気づくことはないんですよね。その時にそのキャラの限定的なイベントを見れているのかというのは完全に運状態です。

スポンサーリンク

良さでもあることをお忘れなく!

分からないという言葉の連呼や、ジェネレーションシステムをマイナス面かのように先に紹介してしましたが、逆を返せば、攻略情報が少ないからこそ(頼る情報がないからこそ)、正真正銘自分の力で攻略したという達成感や、毎回新鮮な気持ちで各ルートをプレイ出来るというプラスの面も強いということでもあります

バイトの先輩、絵里菜さんには典型的なダメ彼氏がいます

CGのコンプリートにまでこだわらなければなおのこと、そこに対するストレスはなくシステムが生み出す新鮮味を堪能することが出来ます。もちろんコンプリートの難易度にやりがいを生み出す人にはそれもひとつの魅力でしょう。ここまで攻略のしがい、やりがいがあるゲームも中々ないと思います。

ストーリーについても筆者はそれぞれに十分に楽しめました。驚きやひねりがあるようなものではないもののキャラごとの個別ストーリーは職業や性格が網羅され、それにマッチした全く違うものが準備されていて差別化が取れています。

恋愛要素という点ではCEROに対してストレートに表現の強度は強めだった印象です。王道を外さないインパクトのつけ方ですがむしろそれが良かったと言いますか…。ベタでシンプルな展開が結局一番良くない?(笑)

メガネっ娘もいます。クラスメイトの夕凪(ゆな)

なにより315円という値段以上の面白さであることは間違いなく、シンプルな恋愛シュミレーションゲームをやりたいという程度なら、CGが埋まらないことを気に病むほど私のようにやり込むことはなのかなと(笑)絵が好み、王道シンプルな恋愛シュミレーションをお探しの方は是非一度プレイしてみて欲しいゲームです。

まぁしかし、「ジェネレーションシステム」が現在一般的に浸透していない、定着しなかったことを見ると、このシステムがあまり評判のいいものではなかったことは明白ですね…。今ではこのシステムの珍しさも推しポイントの一つです。

スポンサーリンク

後日談?

当記事を書く際(後)、久しぶりにゲームを起動&久美子ルートをプレイしました。数年ぶりにやってみると、意外とすんなり?両ルートとCGが取得出来てしまったので…(笑)攻略情報を作っておきました。参考程度にどうぞ。

▼攻略情報(ルート分岐と選択肢)

【攻略】「夏色セレブレーション」/朝香久美子&小早川雫香ルート
 
【攻略】「夏色セレブレーション」/高瀬絵里菜ルート
 

▼取得CG一覧(取得条件まとめ)

【攻略】「夏色セレブレーション」/朝香久美子CG一覧
 
【攻略】「夏色セレブレーション」/高瀬絵里菜CG一覧
 
スポンサーリンク

今、夏色セレブレーションを遊ぶなら

現在「夏色セレブレーション」をプレイするなら、PSかDC本体を引っ張り出してきてソフトを買うか、PS3やPSVitaでゲームアーカイブスでダウンロードするかです。

ソフトは高騰はしていませんし、興味が沸いた方は是非チェックしてみてください。

© 2000,2002 HuneX/© 2000,2002 D3 PUBLISHER
タイトルとURLをコピーしました