【クリア後感想&レビュー】クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~/あえて「ぼくなつ」と比較してみる

「オラ夏」こと「クレヨンしんちゃん 「オラと博士の夏休み」〜おわらない七日間の旅〜」をクリアしたので、感想&レビューを書いていきます(以下、「オラ夏」と表記します)。

今回は「クレヨンしんちゃん 「オラと博士の夏休み」〜おわらない七日間の旅〜」や「ぼくのなつやすみ」シリーズのネタバレを含んだ感想になります。
そして両作品を対比(比較)するような内容となっているため(優劣ではありません)、その観点がお好みではない方は閲覧にご注意ください。
スポンサーリンク

「クレヨンしんちゃん 「オラと博士の夏休み」〜おわらない七日間の旅〜」とは…?

2021年7月15日にネオスより発売されたNintendo Switch用ソフトのアドベンチャーゲーム、「クレヨンしんちゃん 「オラと博士の夏休み」〜おわらない七日間の旅〜」。制作はミレニアムキッチン。CEROは(もちろん)全年齢対象のA。

本作の発売情報が公開された際に、ミレニアムキッチンの代表作(シリーズ)である「ぼくのなつやすみ」を彷彿とさせるタイトルやPVから、「ぼくのなつやすみ」の続編か?スピンオフか?という声が多く見受けられたように記憶しています。

事実、「ぼくのなつやすみ」シリーズ(以下:「ぼくなつ」)は2009年にPSPで発売されたシリーズ4作目の「ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」」を最後にアプリ版の新作情報は数年前からあるものの今日まで最新作は発売されていません(移植は2010年が最後)。

©Sony Computer Entertainment Inc.

実に10年以上最新作がないともなれば、絶大な人気を誇る「ぼくなつ」シリーズのファンが「ぼくなつ」っぽさを求め、期待をしてしまうのも、致し方ないというか…。

私も「ぼくなつ」シリーズが好きなので気持ちは分かりますし、その部分(「ぼくなつ」要素)にも大きな期待を抱いていました(「クレヨンしんちゃん」も好きです!)。

「オラ夏」と「ぼくなつ」

今作「オラ夏」をクリアしての感想をどういう形で書こうかと悩んだのですが、個人的に分かりやすく伝えられる&一定の需要がありそうなので、「ぼくなつ」経験者として「ぼくなつ」シリーズと「オラ夏」を比較しながら(ポイントをあげながら)やっていきたいと思います。

目的としては、「オラ夏」と「ぼくなつ」を比べてこういうところが違ったよ。というだけ(分かりやすい対比にしたいだけ)で、違うことで優劣をつけたいわけではありません。

どちらが良いとか悪いとかだけの話ではなく、「ぼくなつ」をやったことがある人が「オラ夏」を遊ぶ(自分に合うか)検討材料にしていただければと。

「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」©2002 Sony Computer Entertainment Inc.

あとは「ぼくなつ」をプレイしたことがない人には「オラ夏」きっかけででも、神ゲーである「ぼくなつ」シリーズを知っていただければ嬉しいです!経験者は久しぶりに思い出に浸りましょう(笑)

スポンサーリンク

【大前提】「オラ夏」と「ぼくなつ」の要素的関係性(関連性)

ここでまず本末転倒な重要なポイントなのですが、本作「オラ夏」のプロデューサーであり「ぼくなつ」シリーズの生みの親、綾部和氏によって「「オラ夏」は「ぼくなつ」ではない。/似ないように作っている。」との発言があります。

あわせて、「同一人物が作るからこそ「ぼくなつ」にテイストが似てしまう」ということも言われています。

後者は当然といえば当然ですが、クリアしてみて思ったのはまさにこの発言の通りであり、大雑把に端的に片付けると、システム(大枠)は「ぼくなつ」(の流用)だと思うのと同時に、「ぼくなつ」要素はそのシステム部分”だけ”でしかない。という印象が残りました。

発売(制作)の経緯や制限/制約、当然のごとく大人の事情が絡むことなので…、下記の綾部氏のインタビュー内容(裏話)を読むと、いかに落とし込んだか、今作のストーリーになっているのかということが分かります。

これを読むと正直「ぼくなつ」と比べるのは違う気もしちゃうくらいなんですけどね(笑)

ただインタビューで制作側も認識しているように、「オラ夏」が醸し出す雰囲気だとか、そもそもとして売り文句にもなっている「っぽさ」で結局、一定数が「ぼくなつ」(の続編/シリーズ)と判断してしまうでしょうし、その結果として「「ぼくなつ」と思って買ったら、違う!」と否定的な言葉が出てしまうのはもはや必然だなと。そして、その気持ちも非常に分かる後味なんです。

だからこそ、この点(違うということ/製作者の意図)を購入前(プレイ前)に知っていれば、購入判断もそうですが、プレイした際に踏み外した感覚を抱くことはない(軽減される)と思ったので先に紹介しました。

個人的には、似ないように作っている=要素が省かれた(手抜き)になっている気もしましたがね…(小声)

スポンサーリンク

「オラ夏」本編の感想

さてここからはゲームの内容について触れていきます。

システム/コンセプト

まずストーリーの進行は、1日単位かつ、朝/昼/夜の時間経過(マップの切り替わり/うろつきによる)で、強制参加のイベント以外はプレイヤー自身で自由な日常を過ごします。

これは先の通り「ぼくなつ」と同様のシステムです。

虫を取ったり、釣りをしたり、作物を育てたり、新聞のネタを探したり、子供たちと遊んだりといったことが本作での”日常”で、それらによるコンプリート要素(図鑑、ミッション)も健在です。

ただコンプリート要素はストーリー進行で埋まるものが多いのと、何をやればいいのかは目標として詳細がはじめからまるごと表示されているため、難易度は低め=やり込みが容易=大人はちょっと物足りなさがあるかと(あくまでも子供も遊べることに重きがあるかなと)。

「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」©2002 Sony Computer Entertainment Inc.

あと虫や魚において「ぼくなつ」にあったサイズの概念がなくなっており、1度捕まえたら満足してしまいます(数入手の目標はありはしますが)。

自分自身で手に入れた昆虫を使っての要素であるバトルや標本などもないため、必死で砂糖水を作ったり、木を漁ったり、虫取りに奔走する、我先に誰よりもいいものを手に入れてやる!という勝負欲、コレクター欲が失われています(まぁ現代っ子は虫取りしないのかもなぁ…)。

新聞社を大きくすることとそのためのネタ探し自体は面白かった!

日常と非日常

「オラ夏」と「ぼくなつ」は同じようなゲームシステムながらも、それ以外の体感はまるっきり異なったものでした。

まず「オラ夏」は、輪廻転生(タイムリープ)的な1週間という”同一期間の繰り返し”がストーリーの重要な(強制的な)要因となっており、(物語世界にリアルに)恐竜が出現したり、不思議な道具を発明する博士が登場したり、伝記が運命を担っていたり、呪文を唱えることで世界を変えたりと、非現実性によってストーリー成り立っています。

これは「クレヨンしんちゃん」のキャラやノリありきのぶっ飛んだもので、むしろそれが本作の売りであり「クレヨンしんちゃん」要素が生かされた点であると思います。

そして「ぼくなつ」のモブキャラかのような主人公に自分自身を重ねる追体験感、”きっとあった風景(場面)”、”童心に帰る”という類のリアリティとは完全に真逆です。

「ぼくのなつやすみ」©2000 Sony Computer Entertainment Inc.

野原しんのすけという国民的有名キャラクターである5歳児を俯瞰しながら操作するという形は、同様のシステムであるからこそ(キャラゲーになるとこんな感じなんだなという)ある種の新鮮味でもありました。

スポンサーリンク

時代描写と懐かしさ

私が「オラ夏」をプレイし始めて大きく感じたのは、「ぼくなつ」の描く時代とそこから受ける懐かしさが自分の中に作品(「ぼくなつ」)の印象として色濃く残っているといること。

そして「オラ夏」にはその印象を抱かないこと。

「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」©2002 Sony Computer Entertainment Inc.

「ぼくなつ」は大人になった主人公のボクくんが、25年前/小学生の頃の夏(夏休み)を思い出すというような構成であり、「ぼくなつ」の1作目~3作目は1975年(昭和50年)、4作目は1985年(昭和60年)を舞台にしています。2021年からみると実に45年前!の夏休みなのです。

更にシリーズは一貫して(場所を変えながらも)自然豊かないわゆる”田舎”を舞台としていることで、時代描写との相乗効果で、(過ごしたことがない時代とはいえ)強烈にノスタルジックさを味わうものでした。

「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」©2007 Sony Computer Entertainment Inc.

この懐かしさがゲームをプレイする大人になった私たちが、時間も場所も風景も違えど、自分の幼き日の夏休みを思い出すという構図を作りだし、エモさを生み出していたのだと思います。

熊本駅の景観は2019年に建て替わった駅舎

反して「オラ夏」では、現代をリアルタイムに過ごしており(いると思う)、舞台は田舎ではあるものの「ぼくなつ」に抱くようなノスタルジック要素はありません。これはダメとか残念という点ではなく、どっちの描かれ方が好きかという好みの話です。

絵のテイストについてもこの類(好み)になると思います。「ぼくなつ」的視点だと、画の荒さもまた懐かしさを生んでいたので、「オラ夏」は現代設定であり、それ相応の綺麗さという風に考えることも出来るかと。

次ページ:まだまだつづきます

タイトルとURLをコピーしました