DESIRE remaster ver./クリア後感想&レビュー

今回紹介するのはクリアしたてのゲーム、「DESIRE remaster ver.」です。

本編ストーリーに対する核心的なネタバレはしていません。ただしキャラクターや展開など部分的な話、スクリーンショットを掲載しているため、閲覧の判断にご注意ください。
スポンサーリンク

「DESIRE remaster ver.」とは?

本作は元々1994年のPCゲーム[1]アダルトゲーム「DESIRE 背徳の螺旋」を皮切りに、1997年にセガサターン版として、倫理規定を網羅した設定、ストーリー、キャラデザなど変更を加えて「DESIRE」とタイトルも変えて発売されています。その後PS2にも移植されています。

そして、セガサターン版発売から20年後の2017年、デジタルリマスター版としてPSVitaとWindowsで発売されたのが、「DESIRE remaster ver.」です(CEROは15歳以上対象)。

今回は2019年12月に発売された「DESIRE remaster ver.」のNintendoSwitch版をダウンロードプレイしました(内容はPSVita、Windows版と同じ)。

価格は年末年始セールで、約600円(定価1,980円)とお手頃で、値段が決め手でした。

プレイ歴

「DESIRE」は原作含め未プレイだったため、今作が初プレイです。

今作と同じ、菅野(剣乃)ひろゆき氏の携わった作品で言えば、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」をプレイ済みです。

発売されたタイミングではプレイの順番は逆ですが、「DESIRE」をプレイ中に「YU-NO」を思い出すシーン[2]時空を超える展開や、異世界の生活パートの存在があったり(「YU-NO」に継承されたとも言えるかと)。

ちなみに「YU-NO」は100パーセントになるまで楽しみ尽くしました(@2017)
ストーリーはさておき、澪推し!

 

「YU-NO」は「DESIRE」クリア後に是非!!!

スポンサーリンク

システム面

マルチサイトシステム

ゲームジャンルとしては、アドベンチャーゲームですが、今作の個性はなんといっても、同時系列を別の人物視点でそれぞれに見る「マルチサイトシステム」の部分です。

今作は3人の視点を順番に辿りながら物語の核心へ迫っていきます。

①の視点(アルバート編)・・・外部からの視点/物語の全体像(概要や説明・謎の提示)

②の視点(マコト編)  ・・・内部からの視点(①視点の出来事の補完)

③の視点(マルチナ編) ・・・真相

さらに最後には①~③に対するボーナストラック的な「???」が準備されています(短いムービー)。

主人公としては①のアルバートと、②のマコトであり、アドベンチャーゲームを行うのはこの2編です。③のマルチナ編は読み物(答え合わせ)です。

「マルチサイトシステム」と一言にいっても作品によっては、2人以上の複数の視点(登場人物)があったり[3]「街 ~運命の交差点~」「428 封鎖された渋谷で」など、、それぞれの視点をリアルタイムに切り替えて交互に進行する[4]「EVE」シリーズというようなものなど様々です。

ただし、いずれもその全視点を見てようやく物語の真相(すべて)がわかる、点と線が繋がるといった経過や展開を楽しむのが「マルチサイトシステム」の魅力だと思います。

クリア後画面/再び遊ぶ際はDAYの選択も可能

コマンド選択式

今作の進行はコマンド選択式、かつ手当たり次第のザッピング方式です。

ストーリーは一本道で展開やエンドが分岐しないため、ボタン連打していれば物語が進みます。もはや読み物です。しかし攻略サイトを見たり、フラグ管理をする必要がなく、周回要素もないため、単純に物語だけを楽しむ(物語に没頭できる)という点で魅力でもあります。

まぁそれはゲームとしての(ゲームを遊ぶ)魅力なのか?というツッコミはさておき…(笑)

ヒントモード

こちらは教授秘書のレイコさん

さらにこのコマンド選択の便利機能(お助け機能)としてヒントモード[5]SYSTEMで(ON・OFF)設定があり、次に押すべきコマンドを点滅で教えてくれます。時間的に最短クリアしたい(さっさと読み進めたい)ひとには便利な機能、よりストーリーへの没入度が上がる仕様です。

その他システム

表示速度設定、既読設定、スキップ設定、音声調整など、読み物ゲーとしてのシステム面での手間要素や不満点は特になし。進行中に何か引っかかるような点はありませんでした。

セーブ数も100個とストーリーボリュームにしては多め(私はセーブ毎にスロットを変えていましたが50個も使いませんでした)。

スポンサーリンク

ストーリー

タイトルにもなっている孤島に隔離された研究施設、DESIRE(デザイア)。

この閉塞した島(施設)で行われている研究を取材(解明、調査)するためにやってきた新聞記者のアルバートの来訪を起点にDESIREを中心に巻き起こる怪奇な出来事や、謎の少女の出現とともに施設の真の姿を追っていく物語です。

アルバート編

主人公のひとり、新聞記者のアルバート・マクドガル(通称:アル)。彼はアドベンチャーゲームによくいる系のチャラッチャラなお調子者主人公です。

今作女性キャラが10人近く登場し、その半数から出会って速攻で言い寄られたり、基本みんな好意だらけというお祭り状態なモテモテの彼ですが、きちんとイカした顔(表情)が存在しているため、ゲーム特有のありえない展開ではあるものの、「なんでこいつが…」とまでは思わなくて済みます(笑)

(服の刺繍だけはどうかと思うが)主人公としての責務は全うしてます。

とはいえ全体のボリュームに対してお相手が多いので、(必然的に)脈略とか一切なくお色気ゾーンに入ることが多々あります。これはゲームの大元を辿れば[6]アダルトゲーム納得はするものの、アドベンチャーゲームとして前情報なしにプレイしようものなら、びっくり&不愉快に思われる表現はあるかもしれません(クリスさんとかもうほんとに”そのためだけ”に存在していて食い気が凄すぎたり…)。

名残り

仕方のないことですが、家庭用ゲーム機のために変えた設定や、(苦し紛れの)表現が、工夫をした、頑張ったと思えはするものの、直接的な描写や表現じゃない分、違った意味で”色”が主張してきていて、滑稽に映ります。オトナが読む分には逆にこっぱずかしかったり(笑)

この感じ、今作に限らず家庭用ゲーム機に降りてきたアドベンチャーゲームをやる人(やったことがある人)ならわかると思うんですが、今作も例に漏れず他のと同じ感じですよ(感覚を味わいます)。ってところです。

原始的催眠術て…(笑)

これ、文句とかマイナスポイントではありませんよ(ただの情報連携です)。このことが鼻につくようならそもそも家庭用ゲームに降りてきたPCゲームはプレイしてはいけないと思ってます。PCゲームをやりましょう。

マコト編

アル編に続いて登場するのはアルの恋人でデザイアの技術主任のマコト・イズミ。施設関係者(内部)からの視点でのパートですが、それ以上に彼女のキャラが悪い意味で目立ってしまっています。

アル編で登場するマコトは、アル視点だと理由も分からないままアルを避け続け、会話すら成り立たずモヤモヤさせられる存在です。

それがマコト編として同じ時間を別の視点(マコトの視点)で見ることによって、なぜアルに対してマコトはあの行動を取っていたのか?という理由が分かり、(一応は)理解は示せます(原因アルじゃねぇか!)。こういったアル編で引っかかった部分がマコト編で補完されるという場面では、マルチサイトシステムの醍醐味、マコト編があることの意味は感じられました。

しかしそれ以外(アル編の補完以外)の部分においては、極めて不愉快な物語に仕上がっています。もはや彼女が不愉快要素をすべて引き受けたと思えば少しは救われるレベルです。

マコト(編)の評価を下げてしまっているのは彼女の壊滅的な人間性(設定)とそのストーリーにおける展開にあります。

残念ポイント①/口癖

個人的に好きになれなかったのが、彼女のセリフでの「フフ(笑いの意)」の多用。いつでもどこでもレベルで会話に「フフ」が登場するんです。

ただ単純にこの使いまわしの多さがうっとうしいのと、なによりタチが悪いのが、どんな事態(ヤバい事態)だろうがお構いなしにこのノリで来ること。

施設の一大事に直面しているさなかだろうが、内部の秘密がバレちゃおうが「フフ」。

この「フフ」が文字や言葉で伝わる温度差がないので、読み進めている分には非常に不快なんです。開き直ってるにしては頻度が高すぎるし、とにかく危機感がなく不謹慎な人物に映りました。

残念ポイント②/逃げ展開

もう1点は、仕方ない部分でもあるんですが、ストーリー進行上辻褄を合わせるために「もう、(どうしていいのか)わからない。」(的な行動)で重要な出来事を無理やりに飲み込ませようとする逃げ展開。基本的に人のせいです。

これによってなんでもかんでも(悪い方に)都合よく流されるマコトにイライラさせられっぱなしでした。

残念ポイント③/主人公力の欠如

最後にどれよりもなによりも同調できなかったのが上の2つを含めた彼女の置かれている立場における意識の低さ。

彼女の視点で物語を見ると、施設を何とかしようとか、真相に近づこうとか、アルを助けようとか、主人公的な責任感や展開が一切ありません。信念みたいなものもなく、ふらふら優柔不断な態度ばかりです。仮にも主人公視点としてやっている以上はプレイヤーが少しでも感情移入できたり、優位に立てるような、権威ある行動を取って欲しかったな…と。

特に終盤には気の迷いやら裏切り行為なども起こし、プレイヤーが自分を置き換えることが極めて難しい存在にまで落ち果てます(どうみても敵キャラ級)。彼女だけが血迷い、独走してしまっていて、ユーザーは置いてけぼり。寄り添うどころか近寄ることすらできません。

これはストーリー的に見ても彼女が技術主任として人の上に立つ人間じゃないだろ?と説得力すら薄れている思ったり。文句ばっかり言っても面白くないんですが、マコトが最後に望みを託される、信頼される要素がない!と思ってしまいました(まぁ能力だけ買われてたってことで理解できますが)。

悪口ばかり書いてしまいましたが、ここまでくると、逆に彼女に興味が沸きませんか?(笑)

スポンサーリンク

全体的な感想

惜しい:ボリューム不足

とにかく短い。これに尽きます。

すべての人物の視点をプレイ(クリア)しても総プレイ時間は10時間もありませんでした。マコト編からはヒント機能を使って最短距離でクリアしましたが、総叩きだったとしても~1時間くらいしか変わらないかと。

もちろんプレイ時間が長ければいい、ボリュームがあればあるだけ良いってもんじゃありませんが、今作に関して言えば、圧倒的に「短さ」、「説明不足」、「消化不良」を感じてしまいました。

魅惑の世界観、練られた(練られていそうな)設定、魅力的なキャラクターそのどれもが、「もっともっと深堀りして欲しかった」、「終わった後に知りたいことが多すぎる(謎が残りすぎ)」、「作られたものたちが最大限に生かされていない(描写不足)」と思わされるのです。

まず今作をクリアしただけでは、DESIREの”真相”を100パーセント知れた、理解できたと言える人はいないと思います。

逆を返せば良い点であるとも言える…かも?

ただDESIREの研究内容や装置など設定的な部分に関して言えば、深堀りできない点も(多々)存在するのかもしれません。深堀りすると違和感や突っ込みどころが露呈してしまう(増えてしまう)とか、そもそもそこまでは考慮していないとか、制作時の要因などもあるかもしれません。

更に、それらをプレイヤーに委ねることによって(それを含めて)物語が成り立つという風にも捉えることもできます。本編内での情報の少なさはヒント的な意味合いでの提示とも取れたり、そういう作品があってもいいのかもなと思ったりもします。

良く言えば考察する余地はとんでもなくあります。

惜しい:人物描写不足

しかし登場人物たちにおいては違います。

その誰しもすべての人物に、バックボーンの描写が必要だった、あればよかったと思いました。10人近い女性キャラはそれぞれにビジュアルだけでも魅力的なのですが、あまりにも人物描写がなさ過ぎて、重要度の差はあれど、アルへの言い寄り要因になり果ててしまっている人物がいたりします。

どのキャラも役職紹介程度の削りに削り落とされた説明で片付けられていて、この描写不足により数々の出来事が背景が掴めない突拍子のないものに映ってしまいます。それぞれの行動に対する目的や意図がわからず、読み取れず、結果的に何かを感じることも出来ないため、感情を動かされることがありません。ただの文字でしかなくなっている場面が多々あります。

何回も書きますが、ビジュアルが良い分、本当にここがもったいないのです。惜しい…。

カイルについて

エピソードとして挙げると、デザイアの研究職員のカイル。

アルバート編でただただいけ好かないやつだった彼は、マコト編に入っても取っている行動は特に裏があるようには感じられず、欲望のままに生きているゴリラです。ただしその行動には一貫性があり、隙のないクズを極めていて(そう描かれていて)それはそれで良かったんです。

しかし!

マコト編の最後の最後になって、なぜ今までマコトに対してそういう行動をとってしまったのか。という理由をねちねち話し始めて、「いいやつ」になろうとしてきます。迷惑極まりない(言い方悪い)。

その理由を聞いて、それならまぁわからなくはないよ。とは言えますが、彼の性格を図るところは結局これまでに積み重ねられた不愉快な行動しかないわけで、今更そんなこと聞かされてもという感情しか湧きません。プラスに好転するほど彼のことをそもそも知らなさすぎます。

にも関わらず!

そのカイルの突飛な告白が決め手になってマコトがアルからカイルに乗り換えます。もう完全にこっち(プレイヤー)は置いてけぼりです。

しかも100歩譲って「マコト、最後までヤバいヤツじゃん!(笑)」とノリで飲み込んだとしても、この展開、結局ストーリーに一切関係なかったんですよ!!!ただただマコトの評価を(さらに)下げているだけのこの展開マジでなんだったの!?(笑)

別にアルとマコトの純愛ものを見たいわけではありませんが、わざわざ無理やりにほかの男に心が動かされるっていう流れは(この程度の描写なら)いらないなって。

前述のとおり、この流れがもっとゆっくりと段取りがあったり、いいやつ、やなやつ割合(配分)が違えば(そういうエピソードがあれば)カイルというキャラクターの印象は全然変わったでしょう。そして彼の最期の行動にもっと感動や好意を抱くことができたのかもしれません。

惜しい:アルとマコトの関係

ここまで言ったら本末転倒なんですけど、上記のカイルの件などを含め、アルとマコトが恋人であるという設定が全然生かされていなかったというか、必要性を感じませんでした(多分これもPC版の名残のせいだと思いますが)。

ビジュアルが好みだっただけに本当に残念…

2人の恋人設定で生み出されたのは、関係を破綻させるためだけに描かれた、無理やりすぎるすれ違いや嚙み合わなさという過剰にイラつかせる描写だけでした。

ティーナの存在などあれど、最終的に2人の関係が継続されなかったのはあとからいくらでも(エピローグで一言とかでも)片付けられるし、今作で無理に破綻させるエピソードを強調する必要性はなかったかと(描写がひどいので特に)。というかティーナの存在でうやむやになっちゃったって方が100倍納得する。まし。

良い:継承されたこと

今作がきっかけで「YU-NO」や「EVE」シリーズに引き継がれた、影響を与えたことがあると思えば、以降の作品のさらに練られたストーリーやシステム、とんでもないボリュームなど細部まで行き届いた要素は今作があってこそのことかな?と思います。

このお遊び選択肢はまさに!

すべての物語の「はじまり」と考えると、そういう点で興味深く楽しめるポイントにも変わるのでは?

良い:リマスターされていないムービー

ストーリー中たまに挿入される短いムービーは原作当時のもの(SS版)でリマスターされていません。個人的にはこれが”時代”を感じたり、グラフィックがリマスターされている分、より当時を味わえる点として魅力的に映りました。

現在で言えばゲーム中に挟まれるムービーは映画かよ?と思うグラフィック力ですが、かつてゲームのムービーといえばこういうのだったわー!と懐かしさを感じられます(古臭いって言ってくれるなよ?なんなら古臭さを楽しむべし!)。

良い:後味

これは個人差があると思います(真っ二つの評価にわれるかと)。

基本的にハッピーエンドものが好きですが、今作のバットエンドとまでは言わずとも、余韻残しまくりの創造する未来があるラスト、このラストにする意味がある(今作に関しては安易なハッピーエンドはいらなかったと)と思えたのが個人的には高評価ポイントでした。

良い:制作熱意

今作は20年以上前のものになるわけですが、そもそもリマスターとして着手されただけではなく、作画を改定したりと熱量がこもっています。

採算の面など我々ユーザーには見えない部分なのでなんとも言えないのですが、リマスター(リメイク)って基本的にどれだけ母数(今でも新たに遊びたいと思う人が今もいるか)が大事であって、そこに至るには当時それなりに売れているとか、評価が高いとか、知名度があるなどが挙げられると思います。

併せて、私のように新たにプレイするユーザーに対しても一定数見込むことがあるわけで、リメイクやリマスターした作品いずれにも言えることですが、すべてを含めて発売されたこと自体に意味があると思えます。感謝っ!

スポンサーリンク

まとめ

シークレットルームもお忘れなく!!!

プレイ時間以上に時間をかけて感想を書き綴ってしまいました。さんざんマコト(編)をたたいてしまいましたが、マコトの叩かれ具合はネタ的な領域に達していて、ある意味魅力でもあります(笑)

正直叩かれる理由も結構わかるなぁって感じだったんですが、この作品でしか出せない雰囲気があって、評価されない部分も込みでこの作品の色だなと思えました。

サクッと読み物ゲーがしたい人や、自分で物語を考えたい、嚙み砕きたい人におすすめのゲームです。

(C)HOBIBOX / el dia

1, 6 アダルトゲーム
2 時空を超える展開や、異世界の生活パートの存在
3 「街 ~運命の交差点~」「428 封鎖された渋谷で」など
4 「EVE」シリーズ
5 SYSTEMで(ON・OFF)設定
タイトルとURLをコピーしました