DESIRE remaster ver./クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

全体的な感想

惜しい:ボリューム不足

とにかく短い。これに尽きます。

すべての人物の視点をプレイ(クリア)しても総プレイ時間は10時間もありませんでした。マコト編からはヒント機能を使って最短距離でクリアしましたが、総叩きだったとしても~1時間くらいしか変わらないかと。

もちろんプレイ時間が長ければいい、ボリュームがあればあるだけ良いってもんじゃありませんが、今作に関して言えば、圧倒的に「短さ」、「説明不足」、「消化不良」を感じてしまいました。

魅惑の世界観、練られた(練られていそうな)設定、魅力的なキャラクターそのどれもが、「もっともっと深堀りして欲しかった」、「終わった後に知りたいことが多すぎる(謎が残りすぎ)」、「作られたものたちが最大限に生かされていない(描写不足)」と思わされるのです。

まず今作をクリアしただけでは、DESIREの”真相”を100パーセント知れた、理解できたと言える人はいないと思います。

逆を返せば良い点であるとも言える…かも?

ただDESIREの研究内容や装置など設定的な部分に関して言えば、深堀りできない点も(多々)存在するのかもしれません。深堀りすると違和感や突っ込みどころが露呈してしまう(増えてしまう)とか、そもそもそこまでは考慮していないとか、制作時の要因などもあるかもしれません。

更に、それらをプレイヤーに委ねることによって(それを含めて)物語が成り立つという風にも捉えることもできます。本編内での情報の少なさはヒント的な意味合いでの提示とも取れたり、そういう作品があってもいいのかもなと思ったりもします。

良く言えば考察する余地はとんでもなくあります。

惜しい:人物描写不足

しかし登場人物たちにおいては違います。

その誰しもすべての人物に、バックボーンの描写が必要だった、あればよかったと思いました。10人近い女性キャラはそれぞれにビジュアルだけでも魅力的なのですが、あまりにも人物描写がなさ過ぎて、重要度の差はあれど、アルへの言い寄り要因になり果ててしまっている人物がいたりします。

どのキャラも役職紹介程度の削りに削り落とされた説明で片付けられていて、この描写不足により数々の出来事が背景が掴めない突拍子のないものに映ってしまいます。それぞれの行動に対する目的や意図がわからず、読み取れず、結果的に何かを感じることも出来ないため、感情を動かされることがありません。ただの文字でしかなくなっている場面が多々あります。

何回も書きますが、ビジュアルが良い分、本当にここがもったいないのです。惜しい…。

スポンサーリンク

カイルについて

エピソードとして挙げると、デザイアの研究職員のカイル。

アルバート編でただただいけ好かないやつだった彼は、マコト編に入っても取っている行動は特に裏があるようには感じられず、欲望のままに生きているゴリラです。ただしその行動には一貫性があり、隙のないクズを極めていて(そう描かれていて)それはそれで良かったんです。

しかし!

マコト編の最後の最後になって、なぜ今までマコトに対してそういう行動をとってしまったのか。という理由をねちねち話し始めて、「いいやつ」になろうとしてきます。迷惑極まりない(言い方悪い)。

その理由を聞いて、それならまぁわからなくはないよ。とは言えますが、彼の性格を図るところは結局これまでに積み重ねられた不愉快な行動しかないわけで、今更そんなこと聞かされてもという感情しか湧きません。プラスに好転するほど彼のことをそもそも知らなさすぎます。

にも関わらず!

そのカイルの突飛な告白が決め手になってマコトがアルからカイルに乗り換えます。もう完全にこっち(プレイヤー)は置いてけぼりです。

しかも100歩譲って「マコト、最後までヤバいヤツじゃん!(笑)」とノリで飲み込んだとしても、この展開、結局ストーリーに一切関係なかったんですよ!!!ただただマコトの評価を(さらに)下げているだけのこの展開マジでなんだったの!?(笑)

別にアルとマコトの純愛ものを見たいわけではありませんが、わざわざ無理やりにほかの男に心が動かされるっていう流れは(この程度の描写なら)いらないなって。

前述のとおり、この流れがもっとゆっくりと段取りがあったり、いいやつ、やなやつ割合(配分)が違えば(そういうエピソードがあれば)カイルというキャラクターの印象は全然変わったでしょう。そして彼の最期の行動にもっと感動や好意を抱くことができたのかもしれません。

惜しい:アルとマコトの関係

ここまで言ったら本末転倒なんですけど、上記のカイルの件などを含め、アルとマコトが恋人であるという設定が全然生かされていなかったというか、必要性を感じませんでした(多分これもPC版の名残のせいだと思いますが)。

ビジュアルが好みだっただけに本当に残念…

2人の恋人設定で生み出されたのは、関係を破綻させるためだけに描かれた、無理やりすぎるすれ違いや嚙み合わなさという過剰にイラつかせる描写だけでした。

ティーナの存在などあれど、最終的に2人の関係が継続されなかったのはあとからいくらでも(エピローグで一言とかでも)片付けられるし、今作で無理に破綻させるエピソードを強調する必要性はなかったかと(描写がひどいので特に)。というかティーナの存在でうやむやになっちゃったって方が100倍納得する。まし。

スポンサーリンク

良い:継承されたこと

今作がきっかけで「YU-NO」や「EVE」シリーズに引き継がれた、影響を与えたことがあると思えば、以降の作品のさらに練られたストーリーやシステム、とんでもないボリュームなど細部にまで行き届いた要素は今作があってこそのことかな?と思います。

このお遊び選択肢はまさに!

すべての物語の「はじまり」と考えると、そういう点で興味深く楽しめるポイントにも変わるのでは?

良い:リマスターされていないムービー

ストーリー中たまに挿入される短いムービーは原作当時のもの(SS版)でリマスターされていません。個人的にはこれが”時代”を感じたり、グラフィックがリマスターされている分、より当時を味わえる点として魅力的に映りました。

現在で言えばゲーム中に挟まれるムービーは映画かよ?と思うグラフィック力ですが、かつてゲームのムービーといえばこういうのだったわー!と懐かしさを感じられます(古臭いって言ってくれるなよ?なんなら古臭さを楽しむべし!)。

良い:後味

これは個人差があると思います(真っ二つの評価にわれるかと)。

基本的にハッピーエンドものが好きですが、今作のバットエンドとまでは言わずとも、余韻残しまくりの創造する未来があるラスト、このラストにする意味がある(今作に関しては安易なハッピーエンドはいらなかったと)と思えたのが個人的には高評価ポイントでした。

良い:制作熱意

今作は20年以上前のものになるわけですが、そもそもリマスターとして着手されただけではなく、作画を改定したりと熱量がこもっています。

採算の面など我々ユーザーには見えない部分なのでなんとも言えないのですが、リマスター(リメイク)って基本的に母数(今でも新たに遊びたいと思う人が今もいるか)が大事であって、そこに至るには当時それなりに売れているとか、評価が高いとか、知名度があるなどが挙げられると思います。

併せて、私のように新たにプレイする可能性があるユーザーに対しても一定数見込むことが必要なわけで、リメイクやリマスターした作品いずれにも言えることですが、すべてを含めて発売されたこと自体に意味があると思えます。感謝っ!

スポンサーリンク

まとめ

シークレットルームもお忘れなく!!!

プレイ時間以上に時間をかけて感想を書き綴ってしまいました。さんざんマコト(編)をたたいてしまいましたが、マコトの叩かれ具合はネタ的な領域に達していて、ある意味魅力でもあります(笑)

正直叩かれる理由も結構わかるなぁって感じだったんですが、この作品でしか出せない雰囲気があって、評価されない部分も込みでこの作品の色だなと思えました。

サクッと読み物ゲーがしたい人や、自分で物語を考えたい、嚙み砕きたい人におすすめのゲームです。

(C)HOBIBOX / el dia
タイトルとURLをコピーしました