DESIRE remaster ver./クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

ストーリー

タイトルにもなっている孤島に隔離された研究施設、DESIRE(デザイア)。

この閉塞した島(施設)で行われている研究を取材(解明、調査)するためにやってきた新聞記者のアルバートの来訪を起点にDESIREを中心に巻き起こる怪奇な出来事や、謎の少女の出現とともに施設の真の姿を追っていく物語です。

アルバート編

主人公のひとり、新聞記者のアルバート・マクドガル(通称:アル)。彼はアドベンチャーゲームによくいる系のチャラッチャラなお調子者主人公です。

今作女性キャラが10人近く登場し、その半数から出会って速攻で言い寄られたり、基本みんな好意だらけというお祭り状態なモテモテの彼ですが、きちんとイカした顔(表情)が存在しているため、ゲーム特有のありえない展開ではあるものの、「なんでこいつが…」とまでは思わなくて済みます(笑)

(服の刺繍だけはどうかと思うが)主人公としての責務は全うしてます。

とはいえ全体のボリュームに対してお相手が多いので、(必然的に)脈略とか一切なくお色気ゾーンに入ることが多々あります。これはゲームの大元を辿れば[1]アダルトゲーム納得はするものの、アドベンチャーゲームとして前情報なしにプレイしようものなら、びっくり&不愉快に思われる表現はあるかもしれません(クリスさんとかもうほんとに”そのためだけ”に存在していて食い気が凄すぎたり…)。

名残り

仕方のないことですが、家庭用ゲーム機のために変えた設定や、(苦し紛れの)表現が、工夫をした、頑張ったと思えはするものの、直接的な描写や表現じゃない分、違った意味で”色”が主張してきていて、滑稽に映ります。オトナが読む分には逆にこっぱずかしかったり(笑)

この感じ、今作に限らず家庭用ゲーム機に降りてきたアドベンチャーゲームをやる人(やったことがある人)ならわかると思うんですが、今作も例に漏れず他のと同じ感じですよ(感覚を味わいます)。ってところです。

原始的催眠術て…(笑)

これ、文句とかマイナスポイントではありませんよ(ただの情報連携です)。このことが鼻につくようならそもそも家庭用ゲームに降りてきたPCゲームはプレイしてはいけないと思ってます。PCゲームをやりましょう。

スポンサーリンク

マコト編

アル編に続いて登場するのはアルの恋人でデザイアの技術主任のマコト・イズミ。施設関係者(内部)からの視点でのパートですが、それ以上に彼女のキャラが悪い意味で目立ってしまっています。

アル編で登場するマコトは、アル視点だと理由も分からないままアルを避け続け、会話すら成り立たずモヤモヤさせられる存在です。

それがマコト編として同じ時間を別の視点(マコトの視点)で見ることによって、なぜアルに対してマコトはあの行動を取っていたのか?という理由が分かり、(一応は)理解は示せます(原因アルじゃねぇか!)。こういったアル編で引っかかった部分がマコト編で補完されるという場面では、マルチサイトシステムの醍醐味、マコト編があることの意味は感じられました。

しかしそれ以外(アル編の補完以外)の部分においては、極めて不愉快な物語に仕上がっています。もはや彼女が不愉快要素をすべて引き受けたと思えば少しは救われるレベルです。

マコト(編)の評価を下げてしまっているのは彼女の壊滅的な人間性(設定)とそのストーリーにおける展開にあります。

残念ポイント①/口癖

個人的に好きになれなかったのが、彼女のセリフでの「フフ(笑いの意)」の多用。いつでもどこでもレベルで会話に「フフ」が登場するんです。

ただ単純にこの使いまわしの多さがうっとうしいのと、なによりタチが悪いのが、どんな事態(ヤバい事態)だろうがお構いなしにこのノリで来ること。

施設の一大事に直面しているさなかだろうが、内部の秘密がバレちゃおうが「フフ」。

この「フフ」が文字や言葉で伝わる温度差がないので、読み進めている分には非常に不快なんです。開き直ってるにしては頻度が高すぎるし、とにかく危機感がなく不謹慎な人物に映りました。

残念ポイント②/逃げ展開

もう1点は、仕方ない部分でもあるんですが、ストーリー進行上辻褄を合わせるために「もう、(どうしていいのか)わからない。」(的な行動)で重要な出来事を無理やりに飲み込ませようとする逃げ展開。基本的に人のせいです。

これによってなんでもかんでも(悪い方に)都合よく流されるマコトにイライラさせられっぱなしでした。

残念ポイント③/主人公力の欠如

最後にどれよりもなによりも同調できなかったのが上の2つを含めた彼女の置かれている立場における意識の低さ。

彼女の視点で物語を見ると、施設を何とかしようとか、真相に近づこうとか、アルを助けようとか、主人公的な責任感や展開が一切ありません。信念みたいなものもなく、ふらふら優柔不断な態度ばかりです。仮にも主人公視点としてやっている以上はプレイヤーが少しでも感情移入できたり、優位に立てるような、権威ある行動を取って欲しかったな…と。

特に終盤には気の迷いやら裏切り行為なども起こし、プレイヤーが自分を置き換えることが極めて難しい存在にまで落ち果てます(どうみても敵キャラ級)。彼女だけが血迷い、独走してしまっていて、ユーザーは置いてけぼり。寄り添うどころか近寄ることすらできません。

これはストーリー的に見ても彼女が技術主任として人の上に立つ人間じゃないだろ?と説得力すら薄れている思ったり。文句ばっかり言っても面白くないんですが、マコトが最後に望みを託される、信頼される要素がない!と思ってしまいました(まぁ能力だけ買われてたってことで理解できますが)。

悪口ばかり書いてしまいましたが、ここまでくると、逆に彼女に興味が沸きませんか?(笑)

References
1 アダルトゲーム
タイトルとURLをコピーしました