【FF7R考察】パラレルワールド?派生作品の存在を「世界線の違い」として物語を整理してみる

今回は現在進めている「FF7R」の考察に対して、派生作品の<在り方や考え方>自体を整理(提示)する必要が出てきたため<一つの案(仮説)>として紹介します。

あくまでも考察の一つを筆者の中で整理し進めるための「もしかしたら?」的な…「この考えもアリでは?(ナシではないよね?)」という意味合いでのご紹介です。

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
「FF7R」とそれに関連する派生作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

原作とリメイク版はリンクしているのか?

どんな作品でもの話ですが、物語(の本筋)において「原作=リメイク版」となるのがごく一般的、当たり前の考え方だと思います。

しかし「FF7」と「FF7R」においてはリメイク版である「FF7R」プレイすることによって「原作=リメイク版」であると言えるのか?という疑問を抱いたり、ひっかかりを感じた人も少なからずいるのではないかと思います。

この疑問について筆者は考察の一番はじめの記事で「原作とリメイク版は違う世界線(パラレルワールド)の話(設定)ではないか?」という考えを述べました。

◆参考記事:世界線の違いを整理してみました。

仮説の詳細については記事を見て頂くのが早いのですが違和感を要約すると「フィーラーの登場とその役割(についての説明)」によって「原作=リメイク版」という物語ではないのかもしれないと感じること。

そして結果的にフィーラーこそが<原作とは別の世界線(パラレルワールド)の存在>を示唆していると筆者は解釈しました。

別の世界線が意味すること…

まず<別の世界線/パラレルワールドが存在する前提の裏付け>として(わざわざ)この設定を作った(のかもしれない)と思った理由の中で今回取り上げたいのは”1つだけ”です。

それは「派生作品の存在とその取り込み」について。

原作「FF7」は人気が意味するようにシリーズ随一の派生作品の多さです。それらは「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」として様々なコンテンツで主人公(視点)や時系も異なる物語として「FF7」本編をより深く楽しめるものです。

そしてこの「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」と呼ばれる<派生作品群をリメイク版で取り込む>ことは制作側が明言しています。

派生作品を取り込むということ…

リメイク版に派生作品が取り込まれている、派生作品も網羅したうえでのリメイク版の物語という点において先ほど上げた「別の世界線の存在(設定)」を考慮したものだと考えると派生作品の扱いについて更に一つの疑問が生まれます。

それは「原作ありきの付随なのか?」ということ。

要するに派生作品は、①原作(の世界線の物語)に紐づくのか?それとも、②リメイク版(の世界線の物語)に紐づくのか?どちらなのかということ。それとも…?まであるのかも?しれませんよね。

スポンサーリンク

派生作品を整理してみる

過去も未来も混ざり合った派生作品はそれぞれ発売のタイミングによって原作「FF7」の物語から見た時に時系のままに追える<未来のお話>と、後付けの<過去のお話>に分かれます。

(※小説等一部作品の記載を省略しています)

「FF7」関連に限らず<派生作品>と呼ばれるものにおいては、過去も未来もそこに制限はなく描かれることであってリメイク版が出るまで全ての派生作品は原作「FF7」に付随する物語であると認識されるのが普通です。

たとえそれが大なり小なり違和感があったとしても100パーセント完全完璧にリンクする(出来る)とも思っていませんし、それは結果として不整合と言われてしまうようなところがあったとしてもです。これは誰もが疑問に思っていない点だと思います。

スポンサーリンク

#1:リメイク版をプレイするまでの解釈

リメイク版をプレイするまで(原作プレイ済み、リメイク版未プレイの場合)、派生作品の考え方(繋がり)は「派生作品をそのまま時系列で並べ、全て原作に紐づいている物語」以外の考えは生まれないでしょう。

更に「リメイク版の物語は原作「FF7」の物語とリンクする」という下記の図のような解釈になるのではないでしょうか?

筆者は上記の認識でリメイク版の世界に入りプレイしましたが、前述の通りリメイク版の物語に対する原作「FF7」との相違点(違和感)や複数世界線の存在(の示唆)から新たに一つの考えが生まれました。

前置きが(非常に)長くなりましたが、ここからが今回の本題です。

スポンサーリンク

#2:原作「FF7」の時系列と切り分けてみる

今回一つの仮説を進めるためにメタ的な話ですが「発売(制作)された時系列通りに物語(世界)が進行している」という風に考えてみます。

すなわち原作「FF7」の後から出てきた(後付け扱いの)派生作品に対して<過去と未来に切り分け、過去を原作「FF7」に繋がる物語という付随ではなく「別の世界線での物語」として>切り離します。

【結果】

①:原作「FF7」に紐づくのは<未来>の物語である「AC(ACC)」と「DC」…【世界線・A】
②:原作「FF7」に紐づかないのは<過去>の物語である「BC」と「CC」…【世界線・B】

そして今回この【世界線・B】をリメイク版の世界線/物語として考察を進めていきます。

この考えで派生作品を整理してみると下記の図のような考え方になります。

世界線の違いとしてリメイク版/18章で映し出された「ザックスが登場し生存する?世界線」=「世界線・C」も記載しています。

これが筆者がリメイク版をプレイして新たに生まれた(考えることが出来る)一つの仮説です。正解や不正解の話をしたい訳ではなく一つの見方としての提示です。

リメイク版に「BC」や「CC」が紐づくと仮定した点はメタ的な部分もそうですが、リメイク版にて<「BC」や「CC」での出来事が考慮されていそうな描写がある>という点も大きいです。(描かれてれていないという点では【世界線・C】に紐づくとも考えられはしますが…)。

ざっくりと、さらっと、さらに今回の解釈における各世界線の概要をまとめていきます。

次ページ:世界線のそれぞれ

タイトルとURLをコピーしました