ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ/クリア後感想&レビュー

※この記事は2020年公開していたものを加筆修正したものです。

今回は2020年2月に発売された、「ペルソナ5 スクランブルザファントムストライカーズ(以下:P5S)」のクリア後感想&レビュー記事です。

ストーリーの核心的なネタバレはしていませんが、部分的な会話やスクリーンショットを掲載しています。閲覧の判断にはご注意ください。
スポンサーリンク

ペルソナ5 スクランブルザファントムストライカーズとは?

今作は2016年に発売された、アトラスのペルソナシリーズ5作目「ペルソナ5」のスピンオフゲーム(続編)です。無双シリーズの「コーエーテクモ(オメガフォース)」とタッグを組んだアクションRPGとなっています。

補足:ペルソナ5(P5)

ちなみに「ペルソナ5」自体は2019年に新キャラ、新要素、追加ストーリーを加えて、「ぺルソナ5 ザ・ロイヤル」として完全版が発売されています。私自身は無印版(ペルソナ5)をプレイ済みです。

「ペルソナ5」のプレイは(可能な限り)必須

今作は前述のとおり「ペルソナ5」の本編後(本編の半年後)の設定のため、「ペルソナ5」の続編的な立ち位置です。そして「ペルソナ5」をプレイ済みの前提と受け取れました。

はじまりに際して、今作までに関する説明(「ペルソナ5」本編の説明)は一切ありません。各キャラクターの紹介(主人公との関係性など)もなかったです。

(特に説明なく)再会から物語ははじまります。

「ペルソナ5」から戦闘システム、ストーリーのテーマなども変わっている(新しい敵の登場)ため、シリーズ一見さんお断りというほどではありませんが、思い入れや会話劇(そのノリ)まで楽しむのであれば「ペルソナ5」をやっていた方が格段に良いです。「ペルソナ5」で出来上がっている怪盗団のメンバーの関係性やノリは今作だけプレイする分にはちょっと疎外感を感じてしまう気がしました。

無印版か、完全版か

今作をやる上での知識としては、無印(ペルソナ5)と完全版(ペルソナ5ザ・ロイヤル)はどちらか片方をプレイしていれば大丈夫です。

今から「ペルソナ5」を始めるというのであれば、完全版(ペルソナ5ザ・ロイヤル)をプレイすべきですが、無印(ペルソナ5)をやったことがあれば、今作を始めて問題ありません。完全版(ペルソナ5ザ・ロイヤル)で追加キャラとして登場していた、芳澤かすみや丸喜拓人は今作には登場しません(存在を考慮されていません)。

スポンサーリンク

プレイ記録

  • プレイ機:PS4版
  • プレイ時間:約36時間
  • 難易度:イージー
  • 主人公レベル:75
  • BANDレベル:56
  • リクエスト:”極”ボス以外は完了
スポンサーリンク

ストーリー

「ペルソナ5」本編の半年後、夏休みに再会を果たした「心の怪盗団」の一行の前に、「ネガイ」と呼ばれる、人の持つ願望を”悪”として具現化された異世界(パレス)が登場します。

最初の敵は渋谷に登場するアイドル、柊アリス。

そんなパレスの支配者、王(キング)を成敗するために再び怪盗団を結成&参上するという、「ペルソナ5」と同じような展開でありながらも、歪んだ欲望(成敗の対象)である異世界(パレス)と王(個人)が全国各地に散らばっている(そもそも探す)ことから、”全国を(キャンピングカーで)旅する”という目的かつ新たな見どころがあります。

もうひとつの見どころとして、新キャラクターが2名登場します(後述)。

スポンサーリンク

重要ポイント:無双じゃないよ!

一番初めに抑えておくべき要素として、ゲームジャンル(戦闘システム)を挙げます。

今作の制作発表された際に、無双シリーズで有名なコーエーテクモ(オメガフォース)が絡んでいることから巷では「ペルソナ無双」とも呼ばれていました。

『ペルソナ5 スクランブル』PV#01

事実、プロモーション映像だけ見る分にはこれまでに無双シリーズとコラボをしてきた作品のようなスピンオフゲームらしさ、お祭り騒ぎの無双っぽさが感じられました。正直私も無双系に期待を寄せた部分も大きかったです(ペルソナも無双も大好きなので)。

しかし?プレイしての感想としては、「無双ではない」が「爽快感はある」といったところ。

・無双特有の敵のワラワラ、バサバサ感はなし(ラストダンジョンだけ少しあり)
・ペルソナの”属性”を生かした連続攻撃が可能でボコスカ感はあり
・”SHOWTIME”発動で敵を一掃するのが気持ちいい!

ゲーム的な良し悪しではなく、今作に対して「戦国無双」「三國無双」シリーズらしい無双感を重視、期待していると、肩透かしは否めないかと思います。フィールドを1回戦、何十分と攻略していくようなものではなく、拠点や制圧という概念もないです。ダンジョン内(バトル)もシンボルエンカウントで、全体的に無双の特徴は盛り込まれていない印象です。

こういう場面をみるとめちゃくちゃ無双っぽい!

ただ一応フォローしておくと、制作側は発表時から無双だぜ!などと売り出してはいません(タイトルにも”無双”とはついていません)。すなわちこちらの先入観であり、プレイした結果、無双じゃない!と評価を下げるのは違うと思います。しかし先行していたイメージがある分、無双要素を重視する人は購入やプレイに注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました