ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ/クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

全体的な感想

良い:正当な続編感

ペルソナシリーズの過去のナンバリングタイトルのスピンオフ作品(音ゲー系やQなど)のような、なんでもありの全員集合お祭り騒ぎ!的なゲームではなく、歴とした「続編」という印象を受けました。

単純に本編後のキャラクターたちの近況を知れる点はもちろんのこと、ストーリーは時間軸を辿り、今作でさらにそれぞれの成長(覚醒)など、前作の”つづき”として「ペルソナ5」の世界や物語が積み重ねられていきます。もちろん、お祭り騒ぎスピンオフもいいのですが、正式なものとして再び新しいものが得られる、遊べるというのは、作品が好きであればあるほど非常に喜びを感じるポイントですね。

他にも、前作からすでに「現代」を取り入れた世界ですが、新たに「AI(AIとの共存)」に焦点を当てた、さらなる身近で明確な近未来的ストーリーに仕上がっています。展開は常に水戸黄門的ベタさでありながらも、取り上げるテーマによって生まれたリアリティは非常に興味深いものがありました(ありえる/なくはない未来だと思う)。

決められたメンバー(怪盗団)やその成長(覚醒)が描き終わっている以上、続編(スピンオフ)を作るに際しては、新キャラクターの登場、戦闘システムの変更など変化による楽しさの生み出し方はもはや必然であり、それらを理解、取り入れたうえでの今作のストーリー、システム設計、バランスなど全体的な評価は高いです。

良い:ボリューム

スピンオフ的な作品とはいえ新作ゲーム、30時間~は十分なボリュームでした。

さすがに「ペルソナ5」と比べるとあっさり、サクッとになってしまいますが、そもそも「ペルソナ5」の方が(ボリューム面で)異次元レベルです(コスパが良いとも言えますが)。もちろん個人差があるので時間だけでの評価は測れませんが、今作のストーリーにおいては不足も蛇足も感じませんでした。終わりの駆け足感も尻切れ感も違和感もありません。今作のテーマでもあろう、「AIとの共存」に対して今作なりの答えがあり綺麗にまとまっていた印象です。

良い:おしゃれでスタイリッシュなあれこれ

各種メニュー画面、音楽など、ペルソナシリーズの個性、ペルソナらしさはもちろん健在です。配色によってはややビビットカラーが目にくるところもありますが(双葉のメニュー画面など)、いちいち凝ってておしゃれだなぁ~と思いました(語彙力不足)。

良い:親切設計

戦闘システムは「ペルソナ5」のコマンド式からリアルタイムアクションに変わりました。この変更に際しての部分はチュートリアルや解説(ヘルプ機能)、戦闘中のナビもしっかりとあり、戦闘迷子になることはありません。同じゲームシステムで続編を楽しみたかったという人もいるとは思いますが、個人的には新たな試みとしてここは評価できるポイントだと思うと同時に、そこに対するサポートとしては十分であると感じました。

とくに難易度は3段階(4段階)に分かれていて、最弱のイージーまで落とすとリアルタイムアクションのある種特徴でもあるゴリ押し連打で進行も可能です。私のようにそれが良い(手ごたえ不要、リズム重視)という人にはありがたい難易度設定ですし、前述の、ストーリーを楽しみたいのにゲームシステムが受け入れられない!、(説明されようが)リアルタイムアクション苦手!って人にも楽しめるようになっています。逆に歯ごたえよこせ!って人にも考慮された豊富な難易度バランスです。

スポンサーリンク

良い:ペルソナの活用

戦闘においてペルソナの属性要素が大いに活用されているため、必然的に上位のペルソナを生み出したり(合体)、技習得、継承のためにレベル上げをする必要性が出てきます(それを意識するクエストも多数あります)。この点はペルソナの特徴を存分に加味されていると感じたポイントです。

同じくキャラクターそれぞれの属性強弱点も影響度合いが大きく、相性次第でバトルの爽快感が圧倒的にアップします。プレイヤーの使いやすさはさておき、ダンジョン毎に属性が変わるなどパーティーメンバーの考慮、必然的な入れ替えによって怪盗団の皆で戦っている感が増し増しです。

さらにパーティメンバーかつプレイアブルキャラも怪盗団全員を選べるため、続編という思い入れがある分、主人公以外の(好きな)キャラクターを操作できるのも魅力的なポイントだと思います。

私は今作に限らず基本的に冒険せず気に入ったメンバーを使い続けてしまう食わず嫌いタイプですが、触ってみて初めて分かる使いやすさがあるため、入れ替えの必然性を自然に生み出しているバランスや展開はうまいなと思いました。

良い:愛すべきキャラクターたち

「ペルソナ5」からのおなじみのキャラクター、怪盗団メンバーはもちろんのこと、今作の新キャラクター、AIのソフィーと公安警察官の善吉、二人にも十分な見せ場が用意されています。

とってつけたおまけではなく、二人の抱える問題、覚醒についてはストーリー展開を含め、納得のいくものであり、それらをによって二人に対する愛着も沸きます。それぞれに特徴的な固有のペルソナも存在していて、新たな”仲間”として今作を盛り上げてくれていました。

タイトルとURLをコピーしました