ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ/クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

全体的な感想

中間:広がる世界

今作の推しポイントである、全国各地の散策。複数の都市はそれぞれに取り上げられた”特徴的な1カ所”という感じですがこれについては可もなく不可もなく、ボリュームを考えればこんなものかなと思います。公式で言われている都市は、渋谷、仙台、札幌、沖縄、大阪(京都)。ほかにも名産物を食べるだけの通過点+程度の場所もあります(博多など)。この辺はボーナストラック的な感じですね。

各地でも怪盗団の影響度を知ったり。

そして場所が変わる、名産などの特徴を味わえるという新鮮味があると同時に、ペルソナ5の舞台である東京を離れることになります。

すなわちそれは東京で関係を築いた(東京に生息し続ける)、「ペルソナ5」のキャラクターたちとの接点が今作ではなくなってしまうということでもあります。武見先生(薬)や岩井さん(武器)のお世話になる必要がなくなり(別の形に変わり)、怪盗団以外のキャラクターは丸ごとごっそり登場しません(唯一、新島冴が登場するくらい)。

ただ前述のとおり、ゲーム的にこれ以上東京を深堀りはできないと思っていますし、こればっかりは仕方がない。取り上げることが出来ないことに理解もできます。とはいえ女医さん、ひふみん、ベッキーなど「ペルソナ5」の攻略対象キャラはやっぱりファンがいると思うので、その点でショックを受ける人は出てしまうかと。

スポンサーリンク

惜しい:表現の加減

ストーリーの都合上、全国各地を回ったことに(回らなければいけない展開)にしっくりとはくるんですが、「夏休みすべて」を怪盗団の活動に充てるというのはやはり、それぞれの現在の立場など「無理がある。」かなと。移動や生活感など些細な部分が”期間(日数)”という点においてリアルを求めると気になってしまいました。

ペルソナ5本編から1学年上がった主人公は進路を決める高校三年生になっており、リアルな立場を考えると夏休み丸々1ヶ月以上を怪盗団としてだけの生活に充てるってのはいくら仲がよかろうが、運命共同体だろうが流石になぁ…と。ましてや竜司は補習だなんだといってるわけですから免れたとしても結構ヤバい立場じゃないの?ってね。

杏、仕事どうした?先輩、大学で友達できなかったのかな…?とかいろいろ心配になったり(笑)

あと全国各地の描写や設計など、良い点としても挙げている反面、全国散策を重視しているにしては(しているからこそ)、移動の手抜き感(ブラックアウトの一言)が気になってしまったのは私のわがままでしょうか…?これによってキャンピングカーの有用性が感じられなかったんですよね。

もちろん、ゲームだから。で片付けるべきポイントだし、ここにつっこんだらゲームできないよ?って話なんですども!!!

惜しい:会話選択肢

今作に限ったことではありません。ペルソナといえば!という選択肢でもあるんですけど、どれもこれも似たような選択肢で、「何選んでも一緒じゃない?」っていちいち思っちゃうんですよねー。スマホの返信も同じく。

良くも悪くも何にも影響しないので、めっちゃ嫌な言い方をすれば無駄な作業(笑)

惜しい:BANDポイント全然足りない

今作のシステムの一つ。ストーリー進行や観光地巡り、リクエストなど、”経験”をすることによって溜まるBANDポイントを使って、プレイを快適にしていくお助けスキル(効果)を取得していきます。例えば、取得する経験値が(少し)増えるようになるとか、アイテムが(少し)安くなるようになるとかそういう類のもの。

このシステム自体は良かったのですが、ゲームを普通に1周クリアしても未取得のコマンドが多数残ります(コンプリートできません)。要するに、意識するなり目的をもって刈り取らないとBANDポイントが全然足りません。

もちろん2周目やクエストを繰り返せば(プレイを重ねれば)、埋めることが出来るのですが、そもそもBANDポイントの”ためだけ”に2周目ありきというのは違うかなぁ…と。2周目やりたい!やらなきゃ!ってやりこみや周回要素がほかにないので猶更、このためだけにもう1周やるの?という気持ちになってしまいました(やってません)。同一クエストを何回もやるとか、時間経過を待つとか同じことを繰り返せば周回の必要はないみたいなんですが、それも上記の”ためだけ”理由で違うと思ってしまいます。

なにより、埋まらないのなら(足りないのなら)先に知っておきたかったなと。選択の順番が進行不能にやるような致命的なものではないですが、最後までやっても埋まらないとわかっているなら取得済みのスキルをLV.2に上げずに、違うスキル(新しいスキル)を取るとか、選択肢が変わった場面があったと思います。

惜しい:ロード時間が(若干)気になる

ダンジョンに入る際にチェックポイントを使わずに正面から入ると、1回1回オシャレな導入が入って時間がかかります。(回復のために)途中帰還したり、リクエストの報告をしに戻ったり、連打で選んじゃったり、行き来が多いとじわじわとイライラします(笑)同じくベルベットルームの出入りもロードが長くやや気になります(ベルベットルームのロード画面は見すぎると洗脳されている気がしてくる)。

ただし、長さは個人的な体感なので、気にならない人は気にならないかと(私はせっかちです)。あと今後のアップデートで改善される可能性のある要素のため、致命的なことではありません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」の感想でした。

あれこれと書きましたが、面白かったです!存分に楽しめました!少しでも気になっているのであれば買って損はない1作ですよ!

©ATLUS ©SEGA/ ©KOEI TECMO GAMES All rights reserved.
タイトルとURLをコピーしました