【微ネタバレ】「天穂(てんすい)のサクナヒメ」/クリア後感想&レビュー

米作り体験型ゲーム「天穂(てんすい)のサクナヒメ」をクリアしたので感想とレビューを書いていきます。

2020年11月の発売直後から話題に上り、一時期品薄状態にもあった今作。期待を込めてプレイしましたが前評判通りまたひとつ素晴らしいゲームに出会うことが出来ました。

本編ストーリーに対する核心的なネタバレはしていません。ただしキャラクターや展開など部分的な話、スクリーンショットを掲載しているため、閲覧の判断にご注意ください。
スポンサーリンク

「天穂のサクナヒメ」とは…?

「天穂(てんすい)のサクナヒメ」は2020年11月12日にマーベラスより発売された、和風アクションRPGです。対応機種はPS4、Nintendo Switch、Steam、CEROは12歳以上対象の[B]。

そして「えーでるわいす」の少スタッフ(2名)で開発されことも注目されたインディーゲームでもあります(追い込み時期は外注もあり)。その証拠に?ソフト定価が約5,000円と、SwitchやPS4の新作ソフトの価格帯を考えると比較的お手頃な値段といえます。

もちろん価格で図ることの難しさ(クオリティやボリュームなど)はありますが、購入検討段階や興味の時点で目に付く部分では価格は重要なポイントですよね?その点で手に取りやすい価格でもあると思います。

先日2020年に発売されたゲームに贈られるファミ通・電撃ゲームアワード2020では圧巻の3部門での受賞を果たしています。プレイした後はこの受賞に納得、2020年を象徴する印象的な1本であったと断言することが出来ます。

スポンサーリンク

クリアデータ

・プレイ機:Nintendo Switch版

・難易度:戦闘・低/稲作・低

・ストーリー:クリア済み

・天返宮(100階層):クリア済み

・花咲くサクナ:未クリア

・米作りレベル:54(16年目)

・プレイ時間:約38時間

スポンサーリンク

ストーリー

武神である父と、豊穣神である母を持つ本作の主人公・サクナ(サクナヒメ)は、家の財産を食いつぶすだけのぐうたらに身の程知らずな生活を送っていたある日、自らの無責任な行動によって犯した失態の罰として、1件に関わった人間たちとともに島流しとなってしまいます。

彼らが流された鬼島(ヒノエ島)でのサクナヒメの使命は、島の調査のためにダンジョンを探索すること(敵を討伐すること)。そして島での生活(食)のために米作りを行っていくこと。

この2つのジャンルの違う要素がゲーム性として作品内での主軸となっています。

サクナヒメの成長

ストーリー展開は起承転結しっかりとインパクトがあり、タカビー(というかただの無知)だったサクナヒメの成長や、復興の力、人々との繋がりなど、キャラクターたちとの交流や島の探索、米作りを通して元気をもらえる王道味溢れる物語です。

序盤のサクナヒメは典型的なイラつくガキ(大人だけど)(笑)なんですが、彼女本来の性格が浮き彫りになっていく物語の流れ(サブイベント)によって、かなりベタな展開ではあるものの日を追うごとに彼女に好感を持て、最後は非常に良い後味が残りました。

サクナヒメはめちゃくちゃ主人公でした!

スポンサーリンク

システム面

良い:難易度

難易度は”低”と”標準”の2種類。

多くはありませんが、”稲作(米作り)”と”戦闘”それぞれに難易度選択が可能で、ゲームジャンルが異なる部分への配慮がなされています。

惜しい:文字が小さい

読んで字の如く、画面内に表示される文字が読めるけど小さいな…と感じました。

Switchのディスプレイでやったことが原因のひとつかもしれませんが、難しい漢字に対するふりがなは完全につぶれていて解読不能、筆者の視力では普通の文字がギリギリ読める…というレベルでした。

スポンサーリンク

次ページ…全体的な感想

タイトルとURLをコピーしました