天穂(てんすい)のサクナヒメ/クリア後感想&レビュー

スポンサーリンク

全体的な感想

惜しい:イベントフラグが分かりづらい

ストーリー進行中、時々に起こるサブイベント(ミニイベント)。島で一緒に暮らすことになった5人を知るためのものなど重要なイベントもあるのですが、それぞれのイベントが何をもって起こるのか?なぜこれが今起こっているのか?というのがわかりづらかったです。

そもそもどれだけのイベントがあるのかもわかりませんでしたね…。

イベントに対する匂わせ?みたいなのがおそらく?経過時間で起きるため、発生が脈略もない感じになっており、唐突すぎない?何かしなきゃいけないの?となりました。攻略情報を見れば、このシーンが出たら次はこれをやる!っていうのが明確に決まっていることが分かったのですが、意識せず単純にプレイする上ではそういうヒントみたいなものがなく、何が始まって、どこまで進んでいるのかよく分かりませんでした(そもそも始まってるの?続いてるの?という感じ)。

結果として知らぬ間に誰かのイベントフラグをどこかで起こし、意図せぬタイミングでバラバラに見てしまっている?という凄くふわっとした感じになってしまいます。すなわちストーリー性が薄くなってしまっていました。

これによりイベント系での没入感が若干消化不良、熱量不足で、結果的に一緒に島で暮らすキャラクターたちへの思い入れが私はちょっと満たされなかったです。イベント内容はどれも素敵なので、連続して見ていただきたい。ここは攻略情報を見ながらやることを推奨します。

スポンサーリンク

惜しい:消費期限が短い(リアルだけど)

ダンジョンで取得する食材(素材)はどんどん加工(料理を作成)していかないと2,3日くらいでガンガンに腐っていきます(笑)これはリアルに寄せた結果で仕方がないとは思いますが、この期限がわかりやすく明記されていたり、事前に警告が出るなどあれば意識しやすかったのになと感じました。

氷を入手すると保管期間が延びると教えられるのですが、それでもほんの少しの体感、劇的な変化というほどではありませんでしたね。

自分が思っている以上に毎日腐った報告が届く始末でした(笑)

惜しい:羽衣移動の難しさ

戦闘難易度はコントロールできるのですが、ダンジョン探索に欠かせない羽衣移動は難易度お構いなしの必須アクションとなっています。

この羽衣アクションとはサクナヒメが羽衣と呼ばれる布切れ?(笑)を自在に伸ばすことで、羽衣を対岸や壁などにくっつけて瞬間移動をする、ダンジョンのギミックを攻略するって感じなんですが、これがかなりの曲者。この方向判定がシビアなんです(私が下手なだけかも?)。

ボタン操作でシンプルに8方向に羽衣が伸びるのですが、しっかり出した位置から綺麗に決まらないと引っ付かないので、(なぜか)サクナヒメの立ち位置(発射側)の定点をしっかり調整しなければいけません。

特に探索目標(ボーナス)でダンジョン攻略に時間制限がある場合や、羽衣を斜めに連続で上り続けるアクション、ジャンプとの組み合わせなど、スピード感を重視する場面ではこの判定がうまくいかないと総崩れになってイライラします。

ダメージのある障害物を交わすときなども、羽衣移動がうまくいかずにダメージパターンに入ってイライラが増大したり、戦闘がスタイリッシュな反面、この羽衣操作が地味で繊細な印象でした。

スポンサーリンク

惜しい:やり込み要素

ストーリー的なやり込み部分に関してはバランスも良く、一度エンディングを迎えてもラストイベント直前に戻るため、半永久的に米作りを続けるということが出来ます。私自身クリア時の米作りステータスを見る限りまだまだ続けられるし、米作りでカンストを目指したいと思う人もいると思います。

惜しいと思ったやり込み部分はそこではなく、さまざまな要素に対する”図鑑”的なものが存在していない点です。それによってコンプリート要素がありません。

ダンジョンなどにおいて手に入れる素材や食材、そこから作れる料理がどれだけあるのかが分かりません。コンプリート欲は図鑑がないから仕方がないと割り切れても、単純に何がどれくらいあるのか?だけでも(何分の何みたいな)知りたかったですね。

例えば交易品に”季節限定”と書いてあることに偶然気づいたり、ダンジョンでもそうですが、時期やタイミングによって限定的に発生しているものがあるようで、それが資料として分からないのは残念だなと。

これが顕著に出たのがミルテの郷土料理(献立)クエストで、料理名以外のヒントがありませんし、ゲーム内では調べる術がないのです。どの材料が、どの時期に、どこで、何によって(ダンジョン/交易)手に入るのか、作れるのか、そもそも料理として作る必要があるのか(ただの素材なのか)、料理ならば何がどれだけの数必要なのか、すべてわかりません。

さらにここに追い打ちをかけるのが前述の消費期限の短さであり、料理をするならなおさら時期や取得するタイミング(材料すべてがそろうタイミング)をコントロールしないと、揃わずして腐りだします(笑)この辺が完全に攻略情報頼みだったため、ゲーム内での説明(ヒント)、資料があまりになさすぎるなと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

「天穂のサクナヒメ」のクリア後の感想&レビューでした。

惜しい点もあれど、圧倒的な満足度と人におすすめできる面白さを持った1作でした!

©2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.
タイトルとURLをコピーしました