【最速クリアレビュー】PS4版「戦国無双5」/クリア後感想&レビュー

先週発売されたばかりの「戦国無双5」、久しぶりの無双が楽しすぎて速攻で無双演武(ストーリーモード)をクリアしてしまったので、感想も速攻書いていきたいと思います!私が購入&プレイしたのはPS4版です。

*体験版の感想や、PS4版とSwitch版の比較は別記事で書きました。

以下本編の感想ですが、ゲーム画面のスクリーンショットを多数掲載しています。ストーリーに対してネタバレというほど伏せられたものがあるわけではありませんが、情報を仕入れたくない方は閲覧にご注意ください。
スポンサーリンク

「戦国無双5」とは…?

前作「戦国無双4」から7年ぶりに発売されたナンバリングタイトル最新作「戦国無双5」。
これまでのナンバリングタイトル同様の、爽快感抜群アクション(タクティカルアクション)ゲームです。

前作から7年とはいえ「戦国無双4」はのちにナンバリングタイトルの定番である「Empires」や視点を変えてボリュームアップした「戦国無双4-Ⅱ」なども制作されています。

直近だと2019年に「戦国無双4」にダウンロードコンテンツなど全部盛りにした「戦国無双4DX」が発売されているので、ここでプレイした方などからするとそんなに期間が開いている感じではないかもしれません(売り方としてはどうかと思いますけども(笑))。

私はナンバリングタイトルはすべてプレイしていますが、最後のプレイは2016年、派生作品である「戦国無双~真田丸~(PS4版)」だったので、久しぶりの「戦国無双」シリーズのプレイでした(三國無双はやってました)。

「戦国無双5」からやってもいいのか?

無双シリーズをはじめてみようかと気になっている方を悩ませるポイントであるナンバリングですが、戦国無双シリーズに関してはナンバリング同士にストーリー的な繋がりはない(そもそもストーリー重視のゲームでもない(笑))ため、ナンバリングのどこから(どれから)始めても大丈夫です。

もちろん今作「戦国無双5」からでも何ら問題ないですし、むしろ描かれている時代(年代)を意識するのであれば、1作目の時代に合わせている本作が順番としても入りやすいかと。

しいて言えば「1」~「4」まではキャラクターデザイン(武将の見た目)が(制作された時代の技術や機器の能力で些細な違いはありますが)基本的に統一されており、今作でキャラクターデザインを一新した「5」とは異なります。まずはそこから確認して&好みで選ぶのもいいかと思います。

スポンサーリンク

クリア後感想

ストーリーモードとプレイ時間

メインストーリーモードの無双演武は、主人公的扱いである、織田信長編(6章)明智光秀編(6章)と、その2つをクリア後に出現する夢幻編(1章)に分かれており、各章は5~10個程度のシナリオ(章によって数が違う)、歴史的物語(攻略ステージ)が準備されています。

最後に解放される夢幻編は本作で描かれた物語のIF(史実とは逆の展開)を楽しむことができ、あっさりとはしていますが後味の良さが残ります。ここまですべてクリアして35時間~かかると思います。メインストーリーだけでしっかりとしたボリュームがありました。

各シナリオは主人公ポジションである信長と光秀の2人だけではなく、37名にも及ぶ登場キャラクターそれぞれの家系などが中心となるストーリーも準備されています。これはシリーズの定番的な簡素なものではありますが、登場キャラクターそれぞれの立場で1つの出来事(歴史的事象)を別視点で体験できる=各キャラクターの物語を味わうことが出来ます。

この点をマイナス要素で表現すると、好きではないキャラクター(敵方)を(ストーリー攻略のために)操作する必要があるということだったりもしますが、1戦とかなので…。

難易度と成長要素

アクション要素における難易度は選択式で、”やさしい”、”普通”、”難しい”の3段階。無双演武(夢幻編の前まで)クリア後は、最高難易度の”地獄”が追加されます。難易度はいつでも変更可能です。

私は爽快感重視でまずは”やさしい”で1周クリアしましたが、”やさしい”でも敵は結構硬い気がしました(特に武将)。歯ごたえ抜群というよりは、”やさしい(最弱設定)”なのに中々倒せなくてイライラする!のギリ手前って感じでしたね(笑)

もちろん戦闘を繰り返すことでキャラクター自体のレベル(ステータス)アップ、武器熟練度アップや、武器の性能(ランク)アップなどの成長を加味しての難易度なので、1周目(初期レベル)のプレイだからこそ感じた点だと思います。

2周目(攻略2回目)からこそ、実際の難易度(その違い)を感じるであろうと、これは無双シリーズあるあるだよなと今書いていて思い出しました。

成長要素はほかに、戦闘で獲得した技能ポイントを使っての技能修得もあります。ステータスアップや、無双ゲージの増加など様々。こちらはスフィア盤(FF10)を彷彿させるもので、マップを埋めていく(LVによる解除要素あり)スタイルです。最終到達点は同じですが、家紋などキャラで配置(取得順)は多少異なっています。

スポンサーリンク

ロード時間

多い、そしてちょっと長いというのがここで書くほどには鼻についた点です。

かかる時間はロードが入るタイミングによって10秒程度かかるところもあれば、画面が出ても一瞬で切り替わるところもあります。それよりも気になったのは、ロードが入る頻度(回数)がパラパラ小出しで多いこと。

時間として一番長く感じたのはシナリオ選択後、戦闘開始直前の10秒から20秒くらいなのですが、ロード時間が長かろうが短かろうが他の場所でも何度もロード画面(くるくるアイコン)がカットインしてきて待たされる感じが、最近のゲームとしては評価を下げてしまう点かなと。そう思ってしまうくらいには多かったです。

とはいえ体感&個人の許容量もありますし、プレイに支障をきたしたり、我慢できないというほどのものではないです。

個人的にかつてPS3で「マスエフェクト」という伝説級にロードに時間がかかるゲームを完遂した身としてはロード時間に関してはもはや何が来ても怖くはないのですが(笑)、それでもやっぱりロード時間はないに越してことはないですからね…。

PS4版でこの体感となると、体験版の時に感じた長さからしてもSwitch版はもっとなのかも?しれません。

宝物庫

一度見たストーリー内のイベントやムービーが宝物庫で再鑑賞でき、好きなタイミングで好きなイベント(ムービー)を見直せるというメリット要素のはずが、ここのロードが一番残念な感じです。

1つのイベントやムービーを選択するたびに毎回10秒程度のロードが入ります。

選択する一覧(文字だけ)ではどれがどのイベントか分からない(分かりづらく)、サクッと確認程度に覗きたくても1回1回10秒程度のロードが入るため地味にストレスが溜まり、もういいや…ってなっちゃいました。

ムービーより長い待ち時間ってどうなのよ?(嫌み)

スポンサーリンク

無双要素

無双といえば!の重要な要素、敵をバサバサとなぎ倒しながら一掃、戦場を支配する優越感とそれを生み出す敵のワラワラ感。本作はこれらを十分に味わえるものでした。操作は簡単で、ストレス発散性も抜群。

画面内に情報が溢れてのカクツキ(処理遅れ/処理落ち)も、各編のラストシナリオ(ダンジョン)だけで、それも意識していればたまにチラつくかな?って程度でした。むしろ終盤だからこその敵の登場量(盛り上がり)、ワラワラ感を思えば、カクツキ発生の頻度の低さは褒められるレベルだと思います。

ロードの多さ、長さからしても処理能力をダンジョン(無双要素)に全振りした感すらあって、ここは存分に楽しめた点です。バグも一切なかったかと、私は遭遇しませんでした。

ミッションも各シナリオごとに10個程度あり、タクティカルアクション(戦術的攻略)を楽しめます。しいて言えば、クリア後もミッションの情報が済も未も伏せられている(確認すら出来ない)のがやや残念な点です。

次ページ:まだまだつづきます

タイトルとURLをコピーしました