【体験版感想】Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )Demo Version/プレイ後感想&レビュー

9月9日の発売日が待ち遠しい、テイルズシリーズ最新作「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」の体験版が本日配布されたのでPS4で早速プレイしてみました!さっくり感想を。

以下、PS4版の「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」Demo Version(体験版)のスクリーンショットを掲載しています。閲覧の判断にご注意ください。
スポンサーリンク

Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )とは…?

9月9日バンダイナムコエンターテインメントより発売予定のシリーズ25周年を記念するビッグタイトル「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」

対応機種はPS5、PS4、Xbox Series X|S/Xbox One、PC(Steam)とシリーズ規模、周年記念にふさわしい豊富さです。CEROはC(15歳以上対象)。

2016年に発売された「Tales of Berseria(テイルズ オブ ベルセリア)」ぶりのソフトタイトルなので、結構期間が開いた印象だったのですが、そもそもテイルズシリーズが(2020年で)25年も経っていたことが驚きだったりもします。

そして本作「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」は周年タイトルであり、2019年には情報解禁されていた(記憶)ので、「ようやく来たな!」と、そして「待っていた!」に見合う面白さがプンプンしていましたよ!

スポンサーリンク

体験版内容

体験版では、戦闘の基本操作、収集(採掘)、野営や料理、クエスト受注からのズーグル(モンスター)討伐を、エリデ・メナンシアという地区(フィールド)でプレイ出来ました。

サクッと道なりに行けば1時間程度のあっさりボリュームですが、モンスターは野営(休憩)の度に、収集物(材料や鉱石など)は時間経過で復活するため、その辺はどれだけでも楽しめます。

キャラクター

主人公のアルフェン

体験版開始時にキャラクター選択画面が出てきたのですが、あらすじにて鉄仮面と呼ばれる主人公のアルフェンはその姿ではなくなっており、そもそも仲間がそろった状態(ある程度ストーリーが経過した地点)での体験版となっています。レベルは25設定。

ヒロインのシオン

キャラクターの年齢は明かされていません/記載はありませんが、見た目、等身、デザインなどなど、従来のテイルズシリーズのキャラクターよりもオトナな印象を受けます。

リンウェル/ロウ/キサラ/デュオハリム

会話においてもどのキャラも真っ当なことを言っており(浮いたキャラがいない)、暑苦しいとか幼稚とかどうしても嚙み合わない…無理してる…みたいな感じがなく、プレイヤーがしらけたりしなさそうで好印象でした(1時間やっただけですが)。

戦闘システム

戦闘システムは通常攻撃と各ボタンに設定する奥義、発動させるブースト攻撃(共闘)など、至ってシンプルで直感的な操作です。癖がなく誰でも(RPG初心者でも)楽しめる&画面内がややワラワラごちゃっとはしてますが、爽快感もあります。

バトルはシンボルエンカウント、敵に近づくと攻めてきます。

体験版でキャラセレクトした本作の主人公のアルフェンは伝統的RPG主人公で戦闘は脳筋ゴリゴリスタイルでした。

操作という意味ではボタン連打でなんとかなる感じで、ヒロインのシオンが回復役を担っていることもあり、今回プレイした中においては、シオンが(自動的に)治癒してくれるから、アルフェンはゴリゴリに攻め続けてた(操作してた)という印象だけが残りました。私はこの何も考えなくていいゴリ押し戦闘が好きですが(笑)、悪く言えば結構どこにでもある定番のバトルスタイルかなと。

収集/料理/野営

フィールド内には野営(休憩)ポイントがあり、野営を行う際に料理が可能です。料理は野営毎に自分で指定した1品を作ることが出来ます。品目、調理キャラで付与される効果が違うのはもちろんのこと、そもそもフィールドで材料を取得したり(料理ごとに必要材料があり)、時にはレシピを手に入れたりと、料理要素だけでも結構ボリュームがありそうだなと思いました。

今回は泳いで魚(サーモン)をゲットすることが出来ましたが、それとは別に(料理とは別?)、「釣り」の要素もあるとのこと。

テイルズっぽさ?

テイルズシリーズ定番?のパーティー内での会話ややりとり(スキット)は健在で、基本的に和やかに笑いに寄せている(シリアスにならない)オフショット感が良いです。この会話(スキット)で知ったネタがあると、些細なやりとりにもクスっと出来るのが「テイルズ」シリーズだなぁと思います。

スキットは野営(休憩)の際に思い返す(見直す)ことが出来ます(ロードなし)。

体験版をやった時点で、「テイルズっぽいなぁ」と思ったのはこの程度で、根本的なゲームデザインなんかは、逆に「テイルズってこんなのだったっけ?」とも思いました(まぁデザインは作品単体で考えるべきですが)。

テイルズシリーズのデザインってもっと子供っぽいというか、アニメ寄りな記憶だったため、線画的な柔らかさや、描写の繊細さ、衣装デザインの細かさ(シオンのが特に感じた)など、今作だけかもしれませんが大人向けになったのかな?と思ったり(第一印象で敬遠されなさそう!)。

フィールドデザイン

フィールドは広大で、至る所に敵、採取ポイント、宝箱があり、うろうろする楽しさがありました。広大なフィールドながらも、ロードは入らなかったのでその点(ロードの短さ)にも期待しています。

スポンサーリンク

ストーリーは公式サイトで!

あらすじから読み取るにダナ人とレナ人という対立する人種が存在し、主人公とヒロインがそれぞれの人種であるという点、仲間たちも人種が分かれており、それぞれの関係や立場が絡み合った物語になるのかなと。

ただ体験版ではストーリーや関係性に言及するものではないため、今はあらすじを読んで待つしかありません…。

主人公とヒロインの関係に関してだけ言えば、「痛みを感じない男と、触れると痛い女…」という相反する点はかなり惹きつけられるものがあり、それを踏まえて見た最新PVによって、本編が気になって気になってしょうがないです…。

気になった方は是非、体験版を(アタッチメントももらえます)!

発売日は9月9日(予定)!楽しみです!楽しみ過ぎる!!!

Tales of Arise™ & ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
タイトルとURLをコピーしました