【微ネタバレ】Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )/クリア後感想&レビュー

体験版の時点で期待をしていた「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」をクリアしました!

ワクチン接種の副反応に苦しみ期間を開けたりしながらも、プレイ時間に反してかなり早いスピードで完走しました。それだけ面白かった、中毒性があった、先が気になってのめり込んだ作品でした。

以下、PS4版の「Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )」のスクリーンショットを掲載しています。ストーリーに関する核心的なネタバレは控えていますが、意図せず伝えてしまったり、スクリーンショットで読み取れてしまう要素も多いかと思います。未プレイの方は閲覧の判断にご注意ください。
スポンサーリンク

Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ )とは…?

概要は体験版の感想で書いた部分と重複するため割愛します(体験版の感想はこちら↓)

スポンサーリンク

プレイ記録

・プレイ機:PS4版
・プレイ時間:約47時間
・難易度:ストーリー(イージー)
・主人公レベル:60
・クエスト:クリアデータ作成前までの分はすべて完了
トロフィー:75%

私は最終バトルの前に解放されているクエストをすべて終え(フクロウ探しも完了)、魚図鑑も埋めて約47時間でクリア。

ストーリーだけを追えば(クエスト無視なら)もう少し早くクリアできると思いますが、クエストをこなしてレベル上げやスキルを取得していないとキツイかと。

スポンサーリンク

総評

私自身ガッツリテイルズをやるのが、(調べたところ)6年半ぶり、かの有名な「ゼスティリア」に失望し速攻で辞めたのが最後でした(笑)

期待してたから7,000円越えで買ったんだぜ?(笑)

なので、近年のテイルズ感(ぽさ)はあまり分かってはおらず(認識しておらず)、ほぼシリーズ初見的な感想になると思います(記憶にある中で好きなのは「グレイセスエフ」)。

まず個人的な総評を簡潔にまとめておきます。

システム面は(1点を覗いて)高評価、おまけ的要素も充実していて満足度は高い。ストーリーは部分的に思うところがあった。という後味です。

ストーリーについてはネタバレしかないので別途紹介します(賞賛と愚痴が入り混じっています)。

■ストーリーの感想はこちら

テイルズ初心者

テイルズ初心者の方が本作からプレイするのは何ら問題ありません

ナンバリング(ブランド)的な繋がりは本作にはありませんし、テイルズだからととっつきにくい要素も特になかったです。

スポンサーリンク

システム面

マップ

マップは親切丁寧な印象。

エリア内のアイコン表記は非常に分かりやすく、ストーリーの起点になるポイント、敵(強敵)の位置、野営地、クエスト受注(指定)場所などは初めから表示されおり、広いマップでも迷子になることはありません。

さらに収集物である素材や鉱石の位置についても1度訪れると記録されるのと、時間経過による再収集が可能な点において、収集後(グレー)→再収集可能(青)と色の変化で一目で判別が可能です。これにより再訪や収集が楽でした。

風景は絵画的な(ボヤかし目の)柔らかい表現です。

ファーストトラベル

訪問済みのエリア(町、スポット、ダンジョン)に一瞬で飛べるファーストトラベル(ショートカット)機能が便利で、広いエリア(ダンジョン)においては複数スポット準備されてる場合もあり移動(再訪)によるストレスはありません(ロードも許容範囲速度)。

各場所がリスト化されており、クエストが発生している情報アイコンやファーストトラベルポイントがどこにあるか(ピン表記)、マップ同士の繋がりも分かりやすく(見やすく)管理されています。

便利だからこそ一部意図的にその機能を置かない場所(デル=ウァリス城、ゲラム=ヘルガラヒなど)が逆に気になりもしますが、基本的には親切設計です。

セーブ数

セーブ数は14個。

多い方ではありませんがオートセーブもあるので頻繁にセーブを行うことがなかったです=過不足は感じませんでした。

スポンサーリンク

やり込み(図鑑)要素

料理

野営の度に可能な料理ではレシピを使い時間限定で様々な能力を付与することが出来ます。

レシピによって料理効果は異なり、調理者(調理メンバー選択)でさらに変動要素もあります。自分のタイミングで調理&次に行うこと(ダンジョン散策)によって作る料理を考えるなど工夫が可能です。

レシピの数は非常に多く(全貌は不明)、料理における材料集め(採集、購入、牧場運営など)も含め、料理要素だけでも結構なボリュームがあり、レシピを集めるのも楽しかったです。

ミッション

ミッション(おつかい)要素は多すぎず少なすぎず、やや多めかなという印象。

内容に関してはバラエティに富んでおり、このミッション要素ひとつとっても”冒険を楽しむ”という工夫を随所に感じました。

全体的に旅の経過や積み重ねを感じられる点が多く、個人的には受注したクエストが(様々な要因で意図的に)いつまでも残りっぱなしにならない(なるものが少ない)のが、気を回す必要がなくって良かったです。

スポンサーリンク

フクロウ探し

おまけ的な要素ではありますが、エリア内におけるフクロウ探し。

世界中にいるフクロウを見つけるミッションで、フルル(リンウェルのフクロウ)がエリア内での存在有無を教えてくれるものの、結構しっかり潜ませてあったり(隠れていたり)と、マップを隅々まで見て回ること、その要素を楽しむことに一役買っています。

そしてフクロウを発見するごとに報酬として、キャラクターをオシャレに着飾ることが出来る”アタッチメント”が手に入ったり、累計成績で”衣装(色違い衣装)”を貰うことも出来たりと、ご褒美要素が高く燃えます。

何よりフルル(フクロウたち)がまぁカワイイ!

深堀りすることは特に何もないのですが(笑)、ここで伝えたいと思うくらいには(第一印象では何も思わなかったのが)プレイする中で動く姿にビビっと来ました!

釣り

こちらもおまけ的ミニゲーム要素の釣り(キサラピックアップ)。

釣り竿(難易度軽減)とルアー(釣れる魚)の種類が多数存在し、特にルアーは釣れる魚が変わる(ヌシを釣る際に重要)ので、この準備段階(アイテム段階)から収集要素を含んでいます。

本題である釣り作業自体においても、ボタン操作の多さや反応の速さが求められたり、テクニックの必要性もあり、良くも悪くも(笑)しっかり作り込まれています(慣れる/コツをつかむまでは結構大変)。

これによって、一お遊び要素でありながらも全種制覇はかなりの達成感です(すしざんまい!)。

次ページ…テイルズ的要素についての感想

タイトルとURLをコピーしました