【完全ネタバレ】「ワールドエンド・シンドローム」/真相編の考察、気になったこととか続編とか。

「ワールドエンド・シンドローム」のネタバレなし感想の次は、ネタバレありで真相編や本編個別ルートのラストの演出などを考察していきます。

個人の考察のため参考程度に…。

ネタバレ満載で個人の考察を行っています。
未プレイの方、クリアしていない方は閲覧には十分ご注意ください。

★本編のネタバレなしの感想(↓)

スポンサーリンク

前提:序章のWORSTENDで語られること

プレイヤーが一番初めに強制的に迎えることになる【WORSTEND】と呼ばれるバットエンド。

ミス研のメンバーを増やした(山城先生が声をかけた)ことによる、「女子学生行方不明事件」の被害者の増加が【WORSTEND】の引き金であり、それを回避することが【本編】発動のキーとなっていました。

【WORSTEND】内では物語に関わる謎が提示され本編に対する伏線の数々(本編で紐解いていくこと)が語られています。

・映画撮影の中止/神代社長の隠し子問題…花子ルート

・神代家の相続問題/兄弟不仲…沙也ルート

・壬生のスキャンダル…舞美ルート

・雪乃からのメール=女子学生行方不明事件の犯人…雪乃ルート

・黄泉人伝説の謎…末海ルート

これらに関わらない(問題を解決できない)=【WORSTEND】ということ。

【本編】各ルートでも女の子たちの好感度が満たないとそれぞれの抱える問題が解決できない(真相にたどり着けない、紐解けない)ため【WORSTEND】に導かれることになります。

スポンサーリンク

強制終了/アンハッピーエンドの定義

本作は「女子学生行方不明事件」「黄泉人による黄泉落ち」という2つの要素と3人の人物(犯行)によって物語が複雑に感じるような流れになっています。そしてそれらをひとつずつ紐解いていくことでそこまでの伏線、単体で見るとよく分からなかったこと(特に本編個別ルートにおける最後の描写)が繋がります。

先に答えを提示します。

「女子学生行方不明事件」の犯人…壬生
<8月31日>の「黄泉落ち」…雪乃
<9月某日>の「黄泉落ち」…山城先生

壬生については【本編】(雪乃ルート)で語られている通りです。

次に「黄泉落ち」による犯行について、山城先生と雪乃は「黄泉人」としての存在や条件は同じため、”あえて2人に違いを生み出す”とすれば…「黄泉落ち」のタイミングだと考えられます。

その点に着目すると「黄泉落ち」だと思われることが語られているタイミングは<8月31日><9月某日>

それぞれに振り分けた、導かれた点をまとめていきます。

スポンサーリンク

犯人は誰だったのか?

序章のラスト/WORSTEND

<8月31日>:主人公が雪乃からメールを受け取り、その後別荘に戻った際の惨劇。

この場面においては2人の犯人がいます。

まず雪乃が追っていたのは「女子学生行方不明事件」であり、「その犯人が分かった」ということを主人公に伝えようとしています。すなわち雪乃(と別荘に居合わせた舞美)を手にかけたのは犯人であることがバレた壬生

さらに惨劇を目の当たりにした直後、未海が別荘を訪れ「そこにいるのね」と、「黄泉人」の存在を示唆しています。このこととそこからの流れで、主人公を襲ったのが「黄泉人」であり「黄泉落ち」した山城先生または雪乃だと考えられます。

余談:未海の鷹目の能力は覚醒していたのか…?

主人公が最後に見た<見覚えのある顔、髪を振りみだし>ではまだ山城先生と雪乃のどちらともいえます(髪を振りみだし=主人公を襲ったのが壬生でないことは確証が持てます)。

その場(別荘)に居合わせていることが分かっているのは雪乃ですが…壬生にやられて「もう助からないだろう」という主人公のセリフが直前にあり、瀕死の雪乃ではないとすれば山城先生でしょうか?

逆に「黄泉人/黄泉落ち」=(そもそも)人ならざるものと考えれば生死の状態はもはや関係がないともいえます。これがミスリード要素とも取れ「大鷲」に始末されていない以上、雪乃でもおかしくはないですが…。

結論から言うとこの場面の犯人は雪乃

山城先生の「黄泉落ち」は舞美ルートで語られる<9月某日>だと考え、”9月に入ってから”だとすれば、<8月31日>のこの場面の「黄泉落ち」は雪乃に導かれることになります(詳細は後述)。

雪乃が「黄泉人」とわかっていない時点でのミスリードを狙っているんじゃないかな?と、【真相編】まで見た後だと解釈出来ます(これは山城先生だとしても言えることではありますが…)。

物語における存在感や立ち位置、インパクトを考えれば何も解決することなく迎える最悪の終末(WORSTEND)は姉である雪乃にやられてしまうこと。とメタ的に答えを出すのは反則でしょうか?(笑)

沙也ルートのラスト

<8月31日>:別荘で舞美の誕生日パーティが行われた中での惨劇。

「被害者はいずれも高校生」と語られており(もう町を去っているとも考えられますが)別荘に居住している雪乃(に関する言葉)が出てこないことが引っかかります。

現場にて<???(竜崎)>が「鷹目無き今」と発言していることから未海も被害にあっています。このことから“ミス研メンバー”での誕生日パーティであると仮定すれば山城先生絡みでミス研を良く思っていない壬生の犯行である可能性も拭えません。

しかし壬生については否定要素もあります。それは壬生がわざわざパーティーをやっている場所、最中に1人でのこのこ出向いて複数人を襲撃するだろうか?そして、その必要があるだろうか?ということ。

彼の作中での(卑怯な)やり方を考えれば、あえて人の集まるパーティを狙う必要も、そこで暴れ狂う伏線もありません。そもそも壬生に一度に複数人(2人以上)の相手をする力があるのかも甚だ疑問は残ります(腕力自慢じゃあるまいし数で負けるのでは?)。

この件に関しては生身の人間よりも「黄泉人」による「黄泉落ち」の暴走である方が納得がいきます。

そこで「黄泉落ち」した雪乃か山城先生に絞られますが…結論(犯人)は雪乃

こちらも舞美ルートにおける山城先生の「黄泉落ち」が”9月に入ってから”である点を重視し【WORSTEND】と同日でもある<8月31日>というはっきり予測できる(繋がる)ズレのない日付からしても雪乃の犯行であると考えることが出来ます。

厳密にいえば<8月31日>という日付は出ていないのですが、作中で語られる舞美の誕生日=<8月31日>という伏線からしても、”舞美の誕生日パーティ”というワードを出す以上は<8月31日>に導かれるのが自然です。

余談:では壬生の犯行やエンドはどれなのでしょうか?

スポンサーリンク

舞美ルートのラスト

<9月某日>:状況等明かされずに大量虐〇が起きたことが語られます。

「女性がひとり、失踪中」=犯人であるとして、この件は男性である壬生の犯行ではないといえます。

それ以上に語られているワードから連想されるのは「黄泉落ち」による暴走であり、「黄泉人」の犯行であると予測できます。【WORSTEND】で最後に聞こえたものと同じような荒い息遣いが聞こえる(流れる)点も、黄泉人の「黄泉落ち」に繋がります。

これらによって「黄泉落ち」した雪乃か山城先生に絞られますが…結論(犯人)は山城先生

ここでこれまでの個別ルートのラスト演出も含めて整理していきたいのですが、まず雪乃の「魅果町」での滞在期間はひと夏限定であり(その点は強調されており)、”8月を節目”にしています。

要するに…”雪乃の魅果町での存在と「黄泉落ち」は、”8月31日”がリミットでありトリガー”ではないかと。

そして本件の<9月某日>という”9月になってから””8月ではない”ということを匂わせる点がより一層、<8月31日(8月)>に「黄泉落ち」する人物との違いを生んでいる、際立たせているように感じます。

実際、この舞美ルートにおいて<8月31日>を前に雪乃は魅果町を去っており、すなわち「黄泉落ち」する前に消滅しています。実際<8月31日>に惨劇は起きていませんよね?

これはあえてその描写(雪乃が町からいなくなる/黄泉落ちしなかった)があるということでもあり、舞美ルートのラストの時点で町に残る「黄泉人」は山城先生だけだと断言することが出来ます。

これを整理すると、<9月某日(9月になってから)>の犯行が山城先生の「黄泉落ち」かつ、<8月31日>の「黄泉落ち」が雪乃だと導かれるのではないでしょうか。

ここまでの各ルートのラストとの相違、違和感は生まれないはず…です。

雪乃だけ【本編】/各ルートごとに町を去る日がバラバラかつそれが描かれているのは「黄泉落ち」の有無、発動タイミングに対する(物語上の)コントロールなのではないか。と、これもメタ的解釈ですが(笑)

他に考えられるとすれば「大鷲」の存在ですが、彼らの目的はあくまでも「黄泉人」の討伐であり無差別に行動を起こすトリガーはありません。【本編】/舞美ルート内での「大鷲」の出現と襲撃を描くことによるミスリードだと思われます。

真相編における確証

【真相編】において雪乃を成仏させるミス研のお別れ会が行われるのは<8月30日>

<8月31日>に雪乃が「黄泉落ち」するとして、お別れ会の時点では彼女が「黄泉落ち」していない、かつに「(8月31日の)黄泉落ち」の前に還すことも整合性が取れています。

さらに未海の言う『「黄泉落ち」が近いから(雪乃の)具合が悪い』というのも翌日の<8月31日>に「黄泉落ち」する(物語的な設定)ということを匂わせている、確証が持てる点だと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

そのほか、以下の2人(のルートエンド)については惨劇が描かれているわけではありませんが、ここまでの考察要素でハッピーエンドでないことは結論付けることが出来ます。

花子ルートのラスト

花子/ニカレイルートについては町の謎(伝承の謎)に近づく展開ではないためラストも惨劇を匂わせたものではありません。

しいてハッピーエンドではないとして整理すれば、壬生の行動は彼の目的通り映画撮影が中止になったことで収まるかもしれませんが、山城先生が生存し彼女に執着している以上は先生が「黄泉落ち」するまでは何をしでかすかわかりません。

壬生が何もしなかったとしても「黄泉人」の2人(山城先生と雪乃)が町に残っているため「黄泉落ち」によって惨劇は起こることになります。雪乃が町を去った描写がないため<8月31日>、【WORSTEND】と同じ展開を迎えることになるでしょう。

すべての可能性があるアンハッピーエンド(個別ルートだけを見ている分にはそうは思いませんが…)。

雪乃ルートのラスト

雪乃ルートでは「女子学生行方不明事件」の犯人が壬生であることが明かされ、彼の逮捕により以後の壬生の犯行は食い止められます。

雪乃は事件を解決したことにより<8月31日>を待たず<8月27日>に町を去るため、彼女の「黄泉落ち」による惨劇が起こることは回避されます。

しかしもう一人の「黄泉人」である山城先生が残っているため、こちらは舞美ルート同様の<9月某日>の惨劇が生まれてしまうでしょう。

さらに言えば”今年は”「黄泉落ち」の前に町を離れ消滅した雪乃も、来年また「黄泉人」として「黄泉落ち」のリスクを抱え再び主人公の前に現れる可能性を残しています。

「黄泉人伝説」については解決しないルートのため気分のいいものとは言えません(こちらも個別ルートだけを見ている分にはそうは思いませんが…)。

次ページ:そのほかに気になる要素

タイトルとURLをコピーしました