【FF7R考察】七番街プレート支柱攻防戦におけるエアリスの行動の謎を紐解いていく

「FF7R」プレイ中ににひっかかった出来事のひとつ「七番街プレート支柱攻防戦におけるエアリスの言動/行動についての違和感」を今回はゆっくりとストーリーをなぞりながら紐解いていきます。

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
「FF7R」とそれに関連する派生作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

エアリスは未来を知っている

情報の精度や量など我々プレイヤーが詳細を知ることは出来ませんが、「エアリスが未来(これから起こること)を知っている」ということ自体は間違いありません。

しかしこれは本編内での時間の経過とともにエアリス自身が確証を持って行ったという段階的な要素も含んでおり、特に中盤までは”未来を知っているにしては彼女が取る行動はあまりに不確定で曖昧”に感じられます。

その違和感が顕著に表れプレイヤーを困惑させたのが「七番街プレート支柱攻防戦」に絡む一連の流れではないでしょうか?

フィーラーの存在

まず、「エアリスが未来(のこと)を知っている」という点に関しては、リメイク版で新たに登場した「フィーラー」が関与していると以前考察を行いました。

★フィーラーについて紹介した記事(↓)

★そこから、さらに!深堀りした記事(↓)

そして今回はフィーラーから見せられた【場面】や、そもそもフィーラーの存在意義について、エアリス自身も「七番街プレート支柱攻防戦」の一件で完全な確証に変わったように思われる点を紹介していきます。

スポンサーリンク

物が落ちてくる?光景

まず今回の考察を進めていくにあたって初めに意識したいシーンがあります。

それはリメイク版/チャプター3にて。

「壱番魔晄炉作戦」の後、七番街スラムに帰還したクラウドが見た(クラウドに見えた)[上空から(七番街からスラムに)物が落ちてくる【場面】]

まず、クラウドがこの【場面】を見たのは以下のいずれかの影響であると推測が出来ます。

・エアリスから読み取ったものがリンクして見えた

・フィーラーから読み取ったものがリンクして見えた

・フィーラーから見せられたものがリンクして見えた

・セフィロスに(何らかの)影響を受けた

そして上記のどれであったとしても、エアリスも同じ【場面】を見ていた、または保持していたということがいえます。それは上記のいずれもクラウドと同じ状況下/条件にあったといえるからです。

場面を見て何を思うか?

クラウド(プレイヤー)の視点では実際に場面がリンクする場所=七番街スラムに立っている状況で、上空から物が落ちてくる光景を見たので、原作「FF7」経験者は「”のちに起こる”七番街プレート支柱攻防戦のことではないか?」という<未来の光景>/<未来で起きること>だと気づいたかもしれません。

しかしその知識がない初見者や、知識もなければその場(七番街スラム)にもいないエアリスはどうでしょうか?突然上から物が降ってくる【場面】だけを見て/見せられて「なんのこと?」となるのが普通ではないでしょうか?

初見者に関して言えば(クラウドがそこまでにおかしな感じを出しているし)「幻覚?」と思いそうですし、そもそもこの光景が、嘘か?本当か?から始まり、何か意味があるのか?までたどり着けるのか疑問です。

たとえ、めちゃくちゃ的確に想像できたとしても「”どこか”のスラムで、”いつか”物が落ちてくるのかも?」これくらいが限界でしょう。

スポンサーリンク

場面の確証や重要性

まず、エアリスは数々の【(運命の)場面】(チャプター18でフィーラーが見せた断片映像の連続のような場面)をフィーラーによって他の登場人物たちより早く保持していたのではないかと以前考察をしました。

しかし場面以外の情報がない/前後のない断片的な場面を見たところで、何かやろうにも何も分からないし、なにも出来ないとは思いませんか?

上記の画像はチャプター18で映し出された【(フィーラーが保持していた運命の)場面】のひとつですが、原作「FF7」経験者はこの【場面】が、なんのことか(何を意味しているのか)この1枚でハッキリと分かります。

では、初見者(エアリス)はどうでしょうか…?

突然見せられた場面/光景に何を感じますか?何かやろうと思えますか?出来ますか?これだけで使命感に駆られる人なんているわけないと思うのが普通ですよね?

レッドXIIIが荒野を走る【場面】に限っては<500年後>なんですよ…?

いくらエアリスがセトラ(古代種)という特別な存在だろうとも、ばらばらで断片的な【場面】を見たところで、「で?何しろって言うの?」としか思えない気がするんです。

そしてエアリスが【(運命の)場面】を保持し、(理由はわかりませんが)<<未来のこと>>とまで認識出来ていたとしても、それらしい気配(あの場面はここのことでは?)を感じ取れた場合、【場面】…「七番街プレート支柱攻防戦」は2度目か3度目と言えます(クラウドとの出会いや再会が1度目)。確証を持つには知識も経験もまだ不足していたのではないかなと。

そもそも神羅の標的が七番街のプレートが崩落だと察知出来るのはウォールマーケットでコルネオから話を聞いた後です。この神羅の計画は何の予兆もない突拍子もない話なので、コルネオの一言でようやくフラグがたったことになります。

ここまでに色々な解釈があると思いますが、筆者の推測を進めると「七番街プレート支柱攻防戦」の話をコルネオから聞く前の彼女が取っている”未来を知っているとは思えない行動”にも納得が出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あえてウォールマーケットへ連行

はじまりはクラウドがエアリスに道案内を頼み二人で七番街へ帰る道中、ウォールマーケットのコルネオの元へ向かうティファに遭遇したシーン。

ティファに七番街スラムに帰ってバレットと合流するように言われて納得したクラウドでしたが、エアリスはティファの救出を優先させようとウォールマーケットに向かうことを強めに進言します。クラウドに「ティファはその辺の男より強い」と聞いてもその決意は揺るぎません。

このエアリスの行動、もしも(この時点で)七番街のプレートが落ちる未来をエアリスが知っている(確証を持っている)とすればおかしくないですか?

知っていてあえてクラウドを七番街スラムから遠ざけようとしているということにもなりえますよね?

極論をいうとエアリスがクラウドを(強引に)ウォールマーケットに連れて行かなければ、クラウドはまっすぐに七番街スラムに帰り「七番街プレート支柱攻防戦」に最初から余裕で間に合うと思われるわけです。

これらのこと(前後を読み取ると)、この地点でのエアリスは以下の状態/思考にあったと考えられます。

・コルネオの世間的評判(悪評)を知っていてる/クラウドが甘く見ている。

・クラウドの言うティファの強さを実際には見たことが無い(=ループ説の否定でもある)。

・そしてなにより(この時点では)「七番街の(プレートの)危機」を知らない。

ティファの心配をしての行動、ティファの救出がエアリスの(この時点での)目的の全てになっているからです。

もしもエアリスがクラウドにウォールマーケットへ行くことを進言しなかったとしたら…【運命】から外れる行動としてフィーラーが登場し、強制的に二人をウォールマーケットへ運んでしまうのでしょう。しかしそんなことまで見越してあえてフィーラーのためになる、フィーラーの手間を請け負うような行動をエアリスが取っているなんてことは(彼女の性格を考えれば)ありえないと思ってしまいます。

すなわち「七番街支柱攻防戦/プレート落下」のことを(この時点でのエアリスは)何も知らないからこそできる迷いなき言動/行動の現れだと思います。

七番街(プレート落下の危機)とティファの安否を天秤にかける必要はなく、ティファの事だけを心配しているのだから(悩まずに断言しているのだから)やはりこの時点ではプレートが落ちる(そもそもプレートが狙われる)ことは知らない、微塵にも思っていないはずです。

これらのことから、ウォールマーケットに到着したエアリスが(特に急ぐこともなく)見ず知らずの人の世話を焼いたり(クエスト)、闘技場に参加したり、クラウドのダンスを楽しんでいられたことが納得出来るのではないでしょうか。

次ページ:まだまだ続きます

タイトルとURLをコピーしました