【FF7R考察】エアリスが未来を知っているのはなぜなのか?/未来予知能力説やループ説を否定する根拠

今回はリメイク版で新たに生まれた謎のひとつ、”エアリスは未来を知っている”ことに対しての考察を行っていく中で、巷で言われている「未来予知説」や「ループ説」に対して、筆者が違うなと思った理由をここに記しておこうと思います。

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。(どこかの、だれかの、意見や考察を否定したい、覆したいという意図ではありません。)
「FF7R」とそれに関連する派生作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

エアリスは未来を知っている

リメイク版で感じた<エアリスは未来を知っている>という点はこれまでの考察で確証を持っています。しかしその量、精度、そもそも未来を知っている<理由>など明確な要因は作中ではなにも明かされていません。すなわち考察の余地が満載です。

以下筆者の脳内で完結したことをそのままの言葉で吐きだしているだけなので第三者視点だと混乱を招くような発言があるかもしれません。

①:エアリスの能力説/未来予知説

「エアリス(だけ)が”未来のなにか”を知っているのでは?」と思った時に筆者が導かれたのは、エアリスが(自分自身で)未来を予知出来ているのではないか?未来が見えているのではないか?という「予知能力説」

彼女は「FF7/FF7R」(の現時点)で唯一の<セトラ(古代種)>であり、彼女だけが特別な存在である以上、何かしらの能力を持っていても(持っているといわれても)おかしな話ではありません。

ただその点を考慮しても原作「FF7」にはなかった要素である「セトラだから未来が分かる」という色々なことがねじ曲げられてしまいそうな強烈な設定が追加されるというのは流石に飛躍し過ぎじゃないのかな?と思う気持ちが強いです。

なにより「セトラだから未来が分かる」と仮定して考察を進めても「FF7R」の今後の展開がおかしなことになってしまう気がします(この点は後述します)。

しかし今回の<エアリスは未来を知っている>という考察を進めるにあたって、まず何かしらの仮定/理由付けをするならば古代種の「星と語る」と表現されている原作「FF7」にもある能力が挙げられるかな?と思いここに注目してみました。

まず前提としてこれから先の考察において出てくる3つの言葉(存在)/<<星:ライフストリーム:花>>は単語が違うだけで表現したいものは同じだと考えています。

原作では…?

原作「FF7」では神羅ビルに連れ去られたエアリスを救出に行った際に「星と語る」ことに触れたやり取りがあります(リメイク版ではこのシーンはありません)。

クラウド「・・・・・・星と語り?」

ティファ「星が何か言うの?」

エアリス「人が大勢いて、ざわざわしてるかんじ。だから何を言っているのか良く分からない」

クラウド「今も聞こえるのか?」

エアリス「わたし、聞こえたのはスラムの教会だけ。ミッドガルはもうダメだって母さん・・・・・・本当の母さんが言ってた」

この会話(やりとり)の中で分かることは以下。

①:ざわついていて明確な声は聞こえない
・・・<星の声>を聞くことが出来ていないので星が何を伝えたいのか不明。
②:教会では(母の)声が聞こえた
・・・教会=(充分に日の当たらない)スラムで花が咲く場所=ライフストリームの(流れの)近くなら聞こえる(場合もある)。
③:未来に対する”明確な”言葉ではない。
・・・いつ、どこで、なにが起きるなど事細かな言葉ではない。

リメイク版では…?

リメイク版ではチャプター8のエクストラクエスト(他のクエストを全て済ませる)で発生する「花と語りて」の中で原作「FF7」と言葉は違えど同じような内容で「星と語る」ことについて触れています。

全てエアリスの言葉

「あと少しって気するんだ お花 何か話したがってる」

「何か 言いたいことがある そんな気 するんだよね」

「でも 何か 足りない あと一歩 届かない」

「だから 聞こえない」

原作「FF7」では教会でだけ聞こえた(ことがある)と言っていた「星の声(ライフストリームからの意識)」。リメイク版では「聞こえそう」とエアリスの家の庭の花(を前にした会話)になっていますが考え方は教会と同じで、エアリスの家も<スラムで花が咲く場所=ライフストリームが集まる場所>という意味合いだと思います。

推測ですがリメイク版ではより「花(再会の黄色い花)」をもって”星の声やライフストリーム”をフォーカスしたいのかもしれません。

そしてリメイク版では原作「FF7」にあった教会で母(イファルナ)の声が聞こえたという話も語られていません。

どちらにしてもエアリスはリメイク版で「星の声」の雰囲気は察知しつつも会話をするという「星と語る」ことは出来ていないことがこの場面の発言によってわかります。すなわち原作「FF7」と同じ状況/知識量/能力であると考えられます。

原作「FF7」経験者は「未来予知説」に対して”エアリスの出自が絡んだ能力の低さ”から断片的な読み取りになってしまっているのかも。予知の精度が低いのかも。と、この会話までなら考えることも出来たと思います。しかしここでエアリスは「(星の声は)聞こえない」と明言しています。

この場面(の日)以降エアリスは教会にも花畑(家)にも近づいていないことからしても、リメイク版の(現時点での)エアリスは星や先人など、<ライフストリームからは(何かしらの)情報を得ることは出来ていない>=未来を予知しているとは考え難いということになります。

そもそもの話をすると原作、リメイク版どちらにおいても「星と語る」ことによって未来が分かるとは言われていません。そしてエアリスは原作でもリメイク版でも「星と語る」ことが出来ていないので結局この「星と語る」ということの詳細は謎のままという…。

ここまでのことからエアリスの意思(自分でコントロールして)で古代種の能力として未来を知ることが出来そうな要因や設定がほかに思いつかなかったため、エアリスの「予知能力説」はこれらをもって排除しました。

ちなみにエルミナの旦那さんや「CC」でのザックスの最期については「(現実の)察知」という感覚なのかなと思ってます(「星と語る」能力とはまた違う)。

★そもそもエアリスはザックスの最期を分かっているのでしょうか?(↓)

スポンサーリンク

②:エアリスループ説/2周目説

ではエアリスが能力として情報を得ているという「未来予知説」ではない。としたら?
次に思いつくのは<そもそもリメイク版の物語の始まりの時点で未来の情報を保持している>のではないか?という「ループ説」

まず先に筆者は大前提として「FF7R」は原作「FF7」とは違う世界線(パラレルワールド)と仮定して様々な考察をしています。

★別世界線/パラレルワールドについての考察記事(↓)

この「別世界線/パラレルワールド」という考え方は見方によっては「人生複数周回目/ループ」と同じようなニュアンスを含んでいるとも思います。しかしエアリスが未来を知っていることに対する「ループ説」と、筆者が考察する「別世界線/パラレルワールド設定」の考え方には大きな違いがあります。

それは「ループしていることを(本人が)認識しているのか?」「別の世界線に対しての記憶を保持しているのか?」という点です。

今回行っているエアリスの未来予知に対して「ループ説」を提言するのであれば「ループしていることをエアリスが認識している」ということになります。

逆に筆者は「パラレルワールド設定」に対して「別世界線の記憶はない、ループを認識していない」として考察を進めています。余談ですが個人ではなく全員が(世界線を変えて)ループしていて、全員に他の世界線の(明確に自分で認識している)記憶がないと考えています。

では「エアリスが情報(記憶)を保持していない」と考えたのはなぜ?という話。

ここから先は筆者が感じた違和感を<違うという大前提のもと>ただただ書き出しているだけになります。否定のみを行っているため不快に感じる可能性があります。閲覧にご注意ください!

自ら動きださない/展開を変えようとしない

まずエアリスの行動に対して「情報を保持してループしている」のであれば、ある程度は物語(人)を(自分が進めたい方向に)導くことが可能なのではないでしょうか?

エアリスが誰かや何かを意のままに1周目(原作)と違う展開に動かそうとするようなところは作中見受けられません。

たとえ他は置いておく(コントロールできない)としても自分自身だけでも1度目(1周目)と同じ轍を踏むようなことはしないのではないでしょうか?(わざわざ)コルネオに落とし穴に落とされたり、ツォンに連れていかれるのは演技なのでしょうか?

未来を知っていて原作「FF7」通りに進めよう/【運命】に従おうと思うことはない気がするし、万が一原作通りにしようとしているのならなおのことエアリスの行動の描写はやっぱりおかしい(フィーラーを倒そうとするなど目的の統一性がない)です。

情報の曖昧さ

次にエアリスが「情報を保持してループしている」にしては明らかに持ち合わせている情報が”断片的で曖昧”だと言わざるを得ません。

<いつ、どこで、何が起こるかそれすらも分かっていない>(七番街プレート支柱攻防戦までの流れが分かりやすい)のは、「情報を保持してループしている」(と言う設定の)意味が無い気がしてしまいませんか?

エアリス自身も目の前のことに困惑している状況が描かれていることなど「未来を知っている」とするにはちょっと弱く感じます。

次ページ:ループ説について…つづく

タイトルとURLをコピーしました