【FF7R考察】エアリスが未来を知っているのはなぜなのか?/会話で感じた違和感の正体とは?

「FF7R」において新たに生じた謎、そして疑問、「エアリスが知っている未来とは何か?」ということを今回は考察してみました。

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
FF7とそれに関わる作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

エアリスはなぜ未来が分かっていたのか?

今作幾度も引っかかったのは、エアリスが未来に対して”何かを知っている”ことを匂わせる描写が多いこと。

なぜ彼女は(彼女だけが)未来を知っているのか?という疑問を度々感じさせます。

フィーラーの存在

「彼女が未来を知っているのはなぜか?」という疑問に対して、私は[フィーラーの存在、フィーラーの力によるもの]が大きく関係していると考えています。

エアリスが彼女の能力として、(1度)体験してきている(ループ説)、予知している(未来予知説)、にしては持ち合わせている情報が薄っぺらいし、(物語として)都合の良いところしか見えてなさすぎる(忘れてしまっている)ため、”他者から見せられている””見える部分をコントロールされている”という解釈の方がしっくり来たからです。

そしてなにより、エアリスとフィーラーが[同じ運命の”場面”を共有(保持)している]ことがわかったからです(チャプター18参照)。

あとは嫌な言い方かもしれませんが、原作になかった未来を知っているという設定をリメイク版で彼女が所持していることに対して”理由”というものが必要なら、これ以外の考え方でしっくりくるものがなかったからです。
原作=過去の知識という意味合いでライフストリームから読み取っているのだとしても、それならフィーラーいらなくない?とか、未来の話してんのに過去出されたら初見者への説明が大変過ぎるよね?原作プレイ者でもおかしくなりそうなのに情報量半端なさ過ぎてゲームで表現するの無理でしょ?とか思っちゃいました(笑)

◆この考察に至るまでは別記事でまとめました

スポンサーリンク

フィーラーが見せているとして?

エアリスが保持している未来の知識は全て、断片的な”場面”だけだと思われます(チャプター18で沢山出てきた不明瞭ないくつかの場面のようなもの)。

何かを知っているはずであるにも関わらず、明確に断言しなかったり、困惑していたり、口ごもるのもそのため(情報が薄い)だと思ったからです。

以下この考察をする上で分かりやすい大前提として、エアリス=初見者(原作の記憶はない)として物語を見てみてください。特に原作プレイ済の人は原作とリメイク版は別の世界の話ということに意識してみてください。

◆リメイク版の別世界線設定については別の記事でまとめました

スポンサーリンク

フィーラーの出現

フィーラーは後々の説明のとおり”星が生まれてからずっと”存在していますが、リメイク版の物語の中で目視で認識されるようになるのは、エアリスとクラウドが八番街で出会うシーンがスタート地点です。

エアリス自身もフィーラーを実体として認識するのはここが初めてです。

フィーラーに対して「これ なに?」と発言していることから分かります。

フィーラーの姿は見えていなくてもここまでに幾度も運命から外れないように妨害を受けていた可能性はあります。

エアリスがフィーラーの存在を確認出来るようになった理由までは詰めきれていませんが、クラウドとエアリスが八番街で出会ったことにより、「FF7R」の物語が、そして「星の運命」が大きく動き出したことを意味していると考えると良さそうです(もしくはセフィロスの接触)。

スポンサーリンク

フィーラーとの接触

そしてフィーラーとの接触と同時にエアリスはフィーラーが持つ知識(彼らが守ろうとしている運命)の場面を見せられたのだと思います。

エアリスがクラウドを追ってきた神羅兵には一切見向きもせず、フィーラーと向き合っていたり、この状況下で、「いっかい解散」「またね」と言うあたり、何かを悟ったように感じられます。

運命の場面について、フィーラーの能力で「見せられた」またはエアリスの能力が「読み取った」というどちらかだと推測しています。

今回は便宜上、フィーラーは運命に対する場面を持っていてそれを他者に見せる能力もあることが本編チャプター18内で分かっているので、「フィーラーの能力として運命の場面を見せられた」という過程で話を進めます。

もちろん、見せられたとしてもなぜエアリスだけ?という点において、エアリスの能力や特別な存在(セトラだから)という部分はあると思っています。

※以下「フィーラーに見せられた」と書いている部分は「エアリスがフィーラーから読み取った」に置き換えても辻褄が合うはずです。

運命=原作

ちなみにフィーラーが守ろうとしている運命を意味する場面は、原作で起きていたことですが、その場面を見ただけで「のちのち起こるあの場面だ!」と(おおよそ)分かるのは原作をプレイしたことがある人だけです。

初見者はもちろんのこと、エアリスも、原作の場面だ!(この場面見たことあるぞ!)などと知る由はありません(ないと考えて以下考察しています)。

スポンサーリンク

エアリスとクラウドの出会いの場面

タイミングこそ同じですが、フィーラーという未知の物体の出現や、2人の別れ方は原作と違い印象的でした。

「いっかい解散」

単純に、エアリスはこう考えたんじゃないでしょうか?

  • 良く分からない物体(フィーラー)に出会った
  • 良く分からない”場面”を見せられた・・・場面が何を意味しているのか分からない
  • この物体は敵か味方か分からない・・・目的が分からない
  • この物体は私に執着しているようだ

とりあえず私はここから離れた方が良い。と。

もしもここでフィーラーが「運命の番人」と知識として分かった(分かっていた)としても、初見である以上、訳が分からないのは間違いありません。

シンプルに1回帰って整理しよ~っと。とは思うでしょうね。

だからどちらにせよ、なんにせよ「いっかい解散」

「またね」

出会いの時点で、エアリスがフィーラーから見せられた場面の内容やその量についてプレイヤーには分かりません。見せられたのかもわかりません。

ただエアリスが最後に言った「またね」という言葉を大きく取り上げる解釈をするのであれば、この地点で「クラウドと(この時点ではクラウドの名前は知らないので目の前の青年と)再会する」という「伍番街スラムの教会でクラウドと再会し、名乗り合い、彼の仕事を知り、ボディーガードを依頼する」全て、またはいずれかの場面を見たのではないでしょうか?(おそらく、なんでも屋だの場面が有力)。

だからこそ、名前も知らない初対面の青年に、「またね」といって別れたのだと思います。

それでも残る謎?

この時点で嘘か本当か幻覚か、過去か未来かもわからない断片的な場面を見せられて、「未来だ!」「また会える!」と彼女が断言できたのだとすればフィーラーという存在の知識を出会って即座に手に入れたのかもしれませんね。

または姿は見えていなくても八番街での出会い以前にフィーラーから運命の場面を見せられていたとか?(八番街の出会いも既にフィーラーの干渉下での行動)

フィーラーそのものの情報はライフストリームに存在していたのだと思いますが、エアリスが持つ、星の声が聞こえる(星読み)についての能力は原作含め詳細に語られている資料が無いため、いまだに何でもありの設定とも言えます。たとえば、どこにいても瞬時に知識や情報がドバーッと入ってくるといわれても、ユーザー側はあぁそうなんですかって状態ですよね。

うーんこの辺は考えれば考えるほど沼にはまってしまう…。

スポンサーリンク

重要な”場面”

プレイヤーにはエアリスが察知したことや所持している場面を映像として見えていないので、本当に見たのか?どの場面を見たのか?、などは推測の域を出ません。

しかし、「エアリスとクラウドが伍番街スラムの教会で再会する」ことは、ストーリー上の運命ポイント=フィーラーの守るべき重要な運命のはずです。

ここが、エアリスとクラウドが以後行動を共にすることになる開始地点だからです。

そう考えると、フィーラーは原作にある(原作で起きた)、再会の場面運命として保持しており、エアリスがフィーラーによってその場面を見せられていても何ら不思議ではないはずです。

なにより、この場面をエアリスが見ているとすることにより、伍番街スラムの教会でクラウドと再会した時の彼女の言動が違和感なく回収出来ます。

「この人ソルジャーなの」

まずはじめの「この人ソルジャーなの」というセリフ。

これはフィーラーが見せた場面ではなく、単純にエアリスの知識です。

「魔晄の目(瞳)=ソルジャーの証」ということをザックスとの関わりによってエアリスは知っています(「CC」参照)。

クラウドの素性をはっきりと知っているのであればこの場面「”元”ソルジャーなの」というはずです。

知っている知識として、(魔晄の目をしてるからソルジャーでは?)をそのまま言ってみたら”元”ソルジャーだった。という考え方のほうがしっくりきます。

余談:制服の謎

制服でソルジャーと、なんならクラスファーストと見分けがつくよね?(そう誤解するよね?)とも思ったのですが、このゲーム、制服については一切触れません

着崩してるならまだしも、まんまクラスファーストの制服を着ているソルジャー(元ソルジャー)にクラスを問いかけてくるレノ(社内の人間)や、ザックスと同じ制服を着ていても、「クラスファーストだったんだよね?」と確認してくるエアリス。

一貫して制服には触れませんし、制服絡みのネタは昔から一切ないので、そういうものなのだと、暗黙のルールなのだと、決めつけてしまった方がよさそうです。

ちなみにバスターソードについても同じことが言えますね (バスターソードに関してはタイミングによって別の物に取り換えている可能性もあるため、展開に使うことが出来ないのは分かりますが)。

 「ねっ、なんでも屋さん?」

原作ではエアリスとの再会のタイミングで、クラウドは自分が「なんでも屋」であることをエアリスに話します。そして、エアリスのボディーガードを依頼されます。

リメイク版ではクラウドが発する前にエアリスが「なんでも屋」というワードを出すため、「言ってないのに何で知ってるの?」というパニックな状況が生まれます。

上記の考察のとおり、エアリスがこの場面フィーラーから運命として見せられていたのだとすればどうでしょう?

エアリスの口から知っている知識として「ねっ、なんでも屋さん?」というフレーズが先に出てきたと考えれば不思議ではありませんよね?

にしてもなぜ先に話したの?

ただあの場面、なぜ先にエアリスが食い気味に話したのかということは気になります。

ここの推測としてはエアリスがフィーラーに見せられた謎の場面が彼女の目の前にまさに見た状況(それに近い状況)として出てくるのは、再会の時点が初めてです(初めてのはず、または2回目)。

フィーラーが「運命の番人」という存在(その目的や詳細)を彼女がどのタイミングでどの程度知ったのか、この時点で何を知っていたのかは定かではありませんが、見せられた場面(保持している場面)が、正しいものなのか、そもそも何を意味しているのか、試した探った確認しようとしたのではないでしょうか?

ただの興味本位的発言ともとれますが、いずれにせよ、「なんでも屋」というフレーズがあの場面、タイミングでエアリスから出てくるということに意味があるのは間違いないと思います。ただのひらめきや偶然でパッっと出てくるとは考え難いです。

エアリスもまた初見プレイヤーと同じようにフィーラーが見せる数々の場面に対して、何が何だか分からない状況でスタートし、困惑しながら、徐々に情報を集め、確証に変えていったのだと推測しました。

これは、未来に対しての序盤から中盤にかけての断言しない不安定さと、終盤の確証を持った話し方の違いからそう感じました。

スポンサーリンク

プレイヤーは見えていないが、エアリスが見たであろう場面

上記の他にもプレイヤーがエアリスの言動に違和感を感じたところが幾度かありませんか?

それらは、エアリスだけがフィーラーから見せられた場面があるエアリスだけが先に知っている場面がある。と解釈するとスッキリします。

エアリスの視点で物語が進んでいるわけではないので、エアリスが何を見たかは我々プレイヤーには分かりません。しかし以下は原作で登場する場面、フィーラーが運命として認識していて、エアリスが見せられたであろうと予測できる場面ではないでしょうか?

「マリンが待ってるでしょ?」

七番街プレート支柱攻防時、原作ではティファがエアリスにセブンスヘブンにいるマリンの救出を依頼します。

その際ティファは「この近くに私たちの店”セブンスヘブン”があるの、そこにマリンっていう名前の小さな女の子がいるから・・・・・・」と言います。この言葉でエアリスはセブンスヘブンに向かい、結果的に神羅に連行されることになります。

そして、エアリスにマリンを助けに行かせることは重要な運命の開始地点です。

  • エアリスがマリンを助けに行く
  • マリンの安全と引き換えにエアリスが神羅に連れていかれる
  • クラウドたちがエアリスを神羅ビルへ助けに行くことになる

ということは、「エアリスがティファからマリンをお願いされる場面」をフィーラーが保持していたと考えても違和感はないはずです。そしてその場面をエアリスが見せられたということも。

ちなみにエアリスはマリン救出後に神羅に連行されるという展開は認識していません(いない応対です)。このことからしても断片的な情報しかもっていないのも分かります。

エアリスが場面を見せられていた、ティファに頼まれることを知っていた(どこかで場面が確証に変わった)と仮定すると、リメイク版で同じ地点に到達し、ティファが「近くに セブンスヘブンってお店があるの」と言ったあとに、エアリスがティファより先に「マリンが待ってる、でしょ?」と言ったことが納得できると思います。

まぁわざわざエアリスが先に言わなくてもティファが続けて言ったと思うんですけど(笑)、ここはそれぐらい切羽詰まってる状況とか、意味ある行動にするために、あえてエアリスに先に言わせてるっていう制作側的事情かなと。大人げないけど。

「この子は大丈夫」

神羅カンパニー内、宝条博士の研究フロアで出会うレッドXIII

牙むき出しで近づいてくる獣のような生物と対峙した際、戦おうとするメンバーを制止し、エアリスは「この子は 大丈夫」とレッドXIIIに近づいていきます。

原作でのエアリスはレッドXIIIと出会った際、驚き、クラウドたちに助けを乞うにも関わらずです。

ここもまた、”レッドXIIIと接触する(今後行動を共にする仲間)”という運命ポイントとしてフィーラーが監視しており、「レッドXIIIと対話をする場面(レッドXIIIは話すことが出来る)」または「レッドXIIIと行動を共にする場面(セフィロスを追ってミッドガルを脱出する場面)」をエアリスは見ていたと予想できます。

だからこそ宝条博士を追い、走り去っていったレッドXIIIをわざわざ自分から追いかけていったり、この時点では敵か味方かもわからない生物に対して「この子は 大丈夫」と言えたのではないでしょうか。

レッドXIIIにだけ自分の持っている場面を共有するあたり、レッドXIIIについて、もっと深い何か?を知っているのかもしれませんね。

「本当の敵 ほかにいる」

チャプター17内、フィーラーの正体が明かされた場面で「神羅カンパニーではなく本当の敵はほかにいる」ことをエアリスはクラウドたちに伝えようとします。

ここも正直、無理にエアリスが伝えなくても結果的に原作と同じルート(セフィロスを追うという目的)を通ることになるため、発言自体にあまり深い理由があると考えなくてもいいかな?と、原作プレイ者の私はエアリスの言葉を聞いたときにそう感じてしまいました。

ただここ、よくよく考えてみるとエアリスに原作の知識が無い(未来予知がない)からこそ、このセリフ(言い方)に意味があるんです。

見た(見せられた)場面に対して、時間経過とともにこの時点では確証を持っているからこそ、敵が誰なのか分かったことを、本当の敵を知らないみんなに伝えようとするでしょ!、(単純に)情報連携するでしょ!って。

今一度思い出してください。今作はリメイク作ですが「初見プレイヤ-」もいることを…。

原作プレイヤーは神羅ではない本当の敵(この場面のエアリスのセリフ)を「そんなこと(意味深に)言われなくても知ってるしぃ~。」と思ったでしょう。

でも初見者はこのシーン、このセリフもっと違う受け取り方だったかもしれませんよね?

この地点では本当の敵は多分あの人?位には思っていた人もいるでしょうが、明確に誰が敵なのかはストーリー内では断言はされていないはずです。「セフィロス?」「ジェノバ?」「フィーラー?」「宝条?」ハッキリ言われないと本当の敵(正解)はまだ分からないはずだと思いませんか…?

スポンサーリンク

今後も何度も書くと思う

考察において原作プレイ済みの私は、誰しもが原作「FF7」をプレイしていることありきの知識でなんでもかんでも語ってしまう、物語を見てしまいます。

しかし23年も前の作品であること、そしてリメイク版をプレイするのに原作のプレイが必須ではない以上、「初見プレイヤー」のことも念頭においてゲームが作られていること忘れてはいけないなとふとしたときに気づき、思わされます。

冷静にじっくり考えると随所に「初見プレイヤ-」のための説明(表現)があったりします。

それに違和感を感じるのは原作プレイヤーのはずです。

ふと、あれっここ変だな?この表現なに?と思った時に「初見プレイヤーはここをどう思ったかな?」と考えてみると(正解不正解はさておき)しっくりときたりもしますよ。

スポンサーリンク

まとめ

エアリスが未来のことを知っているのと、会話で生じた違和感を自分なりに考察してみました。

この考察を生かすと、「七番街プレート支柱攻防戦」の際のエアリスの行動、脳内も紐解くことが出来ました。

◆別記事でまとめました

スポンサーリンク

参考にした資料

タイトルとURLをコピーしました