【FF7R考察】ここが変わったリメイク版「給水塔の約束」/クラウドとティファが共有する大事な思い出

今回はリメイク版で原作との表現(展開)が違った中で個人的に1番好きだった、「給水塔の約束」について、リメイク版と原作を対比しながら考察していきたいと思います。

あくまでも個人の見解であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
FF7とそれに関わる作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

「給水塔の約束」とは?

クラウドとティファが”7年前”、故郷ニブルヘイムの給水塔で交わした約束です。

故郷のアイドル的存在だったティファを夜の給水塔(村のど真ん中)へ呼び出した中二病のクラウドくんは、「春になったら村を出ること」、「(英雄)セフィロスのようなソルジャーになること」を(わざわざ)高らかに宣言します。

せっかく呼び出したんだからみんなとは違うぜアピールだってしちゃう!

彼は当時14歳の思春期真っただ中ですから、思春期経験者(大人になった私たち)は彼のこのイキった言動を多少なりとも理解してあげたり、ほほえましく思うことは出来ますよね。

そして、交わされた約束というのは、クラウドのビッグになる!宣言を受け、ティファから発された、「クラウドが有名になって、その時ティファが困っていたら助けにきてほしい」というもの。

「ピンチのときにヒーローが助けてくれる」というのを1度経験したいと。

ちょっと唐突で強引なこのお願いも、大好きなティファから頼まれてまんざらでもなく約束するクラウド。ここが7年後も有効な約束が交わされた瞬間です。

この会話の内容はリメイク版でもほぼ変わっていません(クラウドが給水塔の更に上に登らないくらい)。
個人的にはティファが足をぶらぶらさせる動作が、ちょっと緊張感のある雰囲気(2人の関係性)を映し出してて好きなんですが、その描写も健在でした。

ティファの心情

この約束を交わした時のティファの心情ってどんな感じだったんでしょう?

当時特別仲が良かったわけでもなく、既に形成されたひねくれ不愛想なクラウドから突然呼び出され、カッコつけられたティファが、彼に一応花を持たせてあげるために発した感が強い印象だったんですが、のちに彼女は約束を交わしたことをきっかけにクラウドのことを気にかけるようになった。と語っています。

ティファは村の男子の憧れの存在で、彼らはライバル同士で互いにけん制し合っていたせいで(おかげで)、彼女は誰からもアタック(告白)されてこなかったのでしょう(オリジナル版のよろずやの息子の手紙もといラブレター参照)。

そんな中、クラウドも愛の告白ではないものの、(顔は良い)男子にわざわざ呼び出されて、夢を語られて、約束まで交わしたともなれば、ここがクラウドを意識し始めたタイミング、起点(印象的な思い出)になっていることは納得はできます。

◆ティファとクラウドの関係については別の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

約束における原作とリメイク版の扱いの違い

<<これが23年の時を経た、グラフィックの超進化>>

クラウドが約束を思い出すタイミングは「壱番魔晄炉作戦」の後、「伍番魔晄炉作戦」の前とタイミング自体は原作とリメイク版、同じなんですが、一連の流れやきっかけ、そして印象は全く異なっていました。

原作では…

この件に関わる原作とリメイク版の違いは主に、ティファのアバランチへの参加意思や活動への意欲が大きく関わっています。

ティファが思い出させる

原作ではアバランチの活動に積極的に参加しているティファ。

リメイク版と比べると、(序盤は特に)活動に対して悩みを抱えているような様子は描かれておらず、彼女の意思というより、活動目的の布教のような意味合いで、「星の命を救う」ことを理由にクラウドにアバランチへの参加を依頼(もはや強要)してきます。

原作では「壱番魔晄炉作戦」の後、セブンスヘブンへ戻ってきたクラウドはバレットと揉めてその場を立ち去ろうとします。その際、クラウドを引き留め、「伍番魔晄炉作戦」に参加させるために、「給水塔での約束」を引き合いに出すティファ。

原作では会話の流れで、ティファが無理やり約束を思い出させたようになっています。

そして約束を果たして欲しい理由は、自分自身のためにというよりも、星の命を守るというアバランチの活動のため(アバランチの活動がド素人丸出し&人員不足でピンチだから)です。

私自身、原作をプレイした当時は、この約束自体の重要度を感じることが出来ませんでした

なにせ作戦に参加していなかったティファが突然「星の命」がどうとか言ってきて、約束も強引に押し付けられた感があり、今それ(約束)の使いどころか?、自分のために使うんじゃないんか?とか思っちゃったんですよね。

クラウドもまた、約束を思い出してもなお、無下にするようなひねくれた応対をします。

のちにこの約束(の記憶)が活躍する場面もあり、作品を語る上でとても大事な出来事に間違いはないのですが、原作では目的そのものがブレていてそんなに大事に扱われてない印象でした。

あと私、ティファ好きですけど、この場面はティファが自ら「かわいい幼なじみ」とかカースト上位のオンナ感を滲ませるような発言してて「うわぁ…」ってなったなぁ…(笑)

リメイク版では…

原作の流れを書きましたが、リメイク版でのティファはアバランチへの活動に(原作ほど)強い意志を持っておらず、思想が揺れているせいでジェシーに嫌味を言われたり、プレイヤーから見ても、「なんで活動に参加しているんだろう?」というような疑問を抱かせるほどに優柔不断さ(悩む姿)が滲み出ています。

原作プレイ者としては彼女が味わった「5年前のニブルヘイムでの出来事」を思えば、神羅を憎む気持ち、活動に参加していること自体に納得できますが、ニブルヘイムでの出来事の詳細を知らない初見者には余計になんで?と感じる場面も多かった気がします。

ただリメイク版では、活動に参加しつつも自分の恨みだけには傾倒出来ない、切り離せないとはいえ民間人への影響を防ぎたい、関係ない人を巻き込みたくない気持ちの部分との葛藤が見えますし、うまく表現されています。

クラウドをアバランチの活動に誘ったとはいえ、その行動を(おそらく関係のない人を巻き込んでいるという意味で)「軽率だった、反省している」と謝罪もしています。

リメイク版でのティファは、より人間臭さや、彼女の人(性格)の良さ、優しさが描かれている印象です。

ジェシーの一言

活動を行う上で、自分の目的のためにあらゆることを割り切ることが(も)重要であること、決意を持った人が居なければ組織が成り立たないこと、強い決意を持っているからこそ、籍を置いている仲間であるはずのティファの優柔不断さに腹立たしさを覚えるなど、ジェシーの気持ちも十分に理解できます。

(アバランチの活動という点においてには)ティファのように人の良さだけではどうにもならないこと、意図せずとも曖昧な意思が敵(良く思わない人)を作ってしまっていること、それぞれの活動意欲の温度差など、これらが良い気分にならないとしてもあえて描かれていることは物語の深みという点でとても重要だと思った場面です。

この場面のジェシーは、そこにティファがいないからこそ、そして(活動意思として)有能な人物を持ち上げるためにいった(ちょっと誇張した)言葉なんですよね。このキツイ嫌味ったらしい言い方は女子あるあるだよな…。なんか言い回しとかやけにリアルだったもん(笑)

ティファの精一杯

上記で書いた通り、リメイク版でのティファはアバランチの活動に積極的に参加しておらず、それが災いし自らが招いたピンチ(「伍番魔晄炉作戦」への参加)とはいえ、抱え込む性格が相まってクラウドに直接的な言葉で「手伝って欲しい」、「作戦に参加して欲しい」、「あのときの約束守って(気づいて)」 とお願いすることが出来ません。

そんな中で彼女が発した精一杯の言葉が「かなり ピンチ」

言葉もさることながら、リメイク版の彼女は、”自分自身”がピンチであるから、ヒーロー(クラウド)に助けて欲しい。という意思を持っていて、彼女なりに押し付けず伝えようとしています。

この直接的に言わず、言えず、(私は約束のことめちゃくちゃ覚えてるんだけど)クラウドは覚えててくれてるかな?気づいてくれるかな?という淡い期待(恋心)も含まれた言い回しに乙女心を感じますよね。

そんなアピールに気づくことが出来なかった(この時点では約束を覚えていない)クラウド。

彼の返答はこの時点での状況からすればティファのためを思っての言葉であり、悪くもないんですが、ティファはなんだか残念そうな反応です。クラウドは約束を思い出せず、ティファもそれ以上踏み込まず(踏み込めず)、そのまま会話は終了してしまいます。

プレイヤー自身も(経験者も)ティファがアピールしていたことに気づいていなかったんじゃないでしょうか?のちにアピールしていたことを知ってからこのシーンを見返すと、クラウドが覚えていないことにしょげてるし、言っちゃおうかなと口ごもっているティファにグッときちゃいます…。

クラウドが自分で思い出す

ティファの前で約束を思い出すことが出来なかったクラウドですが、このやりとりのあった夜、アバランチの3人と秘密の作戦を決行中に排気口のファン?によって、排気口のファンと給水塔の歯車がリンクして?、突然に約束を思い出します。

そこで、ティファとの7年前の約束、「ピンチのときにヒーローが助けてくれる」と、昼間の「かなりピンチ」というセリフがリンクし、「ティファ、ピンチって言ってたぁぁぁぁぁ!(心の叫び)」と気づき、そして、「ティファのヒーローにならなきゃ!」「ティファを助けてあげなきゃ!」と握りこぶしまで作って噛みしめます。

思い出したキッカケ(排気口かよ?)とか、タイミング(今、目の前で困ってるのはジェシーじゃない?)とか、絶妙に微妙な感じは否めませんが(笑)、まぁそこは思い出したインパクトに免じて許してあげましょう。

約束思い出したよ!

秘密の作戦から帰還したクラウドは、深夜に長く不在だったことを心配して家に来てくれたティファに早速約束の事を伝えます。

しかし「約束思い出したよ!」「ヒーローになるよ!」なんてストレートには言いません。

さも約束覚えていましたけどなにか?と言わんばかりに、「古い友達がピンチらしくてな」「そんな時は助けるって約束したんだ」(キリッ)とカッコよく決めてくれちゃいます。

心が乾ききった大人(私)は、このワードセンスを、クラウドまたイキっちゃってるわぁ~、もうちょっと普通に言えばぁ~(クスクスニヤニヤ)とへらへらしながら冷やかしのガヤ心理で聞いておりました(笑)

でも、ティファは違うんですよね。

このカッコつけたセリフがズバッとつきささっちゃいます。なぜなら張本人として直接言われてるわけだし、自分が長年大切にしてきた約束(思い出)を相手も覚えていてくれた!、約束を守ろうとしてくれている!ともなれば、もう速攻でフォーリンラブでしょうよ!

この「給水塔の約束」に関するリメイク版の一連の流れ、過去と現在のセリフがリンクする描写、クラウドの気づいた時の反応、ティファの嬉しそうな溢れ出る感情などリメイク版の描写のどれもが凄く好きです。

約束の価値

原作では、ティファがクラウドに無理やり思い出させ(押し付け)、ぞんざいに扱われた約束が、リメイク版では、クラウド自身で思い出し、その約束を意思を持って果たそうとしています。

リメイク版でのこの変貌ぶりを持って感じたのは、原作以上に大切に(重要に)この約束が扱われているなということ。

そしてなにより、ティファとクラウドのお互いの好意や目に見えない絆が、この「給水塔の約束」の扱い方によって強く描かれています。特にティファのクラウドへの好意に対して「給水塔の約束」が重要視されており、彼女の心にささるような描写(展開)になっているように感じました。

原作ではストーリーの後半になる程に(真相が分かってくるほどに)、ティファはなんでクラウドの事を好きになったんだろう?そもそも再会の時点で(ただの知り合い位で)自分の元に留め置こうとしたのはなぜ?と違和感を抱きました。

しかしその違和感はリメイク版の「給水塔の約束」の描写を持ってすれば解消されるんですよね。というかその違和感を解消するために、今回の演出がリメイク版で増えたのではないかなと思いました。

一言もあのことと発していない

物語終盤、神羅ビルに乗り込みルーファウス神羅との対峙後、危機的状況に陥ったクラウドを助けに来たティファの「だらしないぞ、ヒーローなのに」というセリフにぶちぬかれた人も多いのではないでしょうか?

ティファのこの言葉、クラウドが約束を思い出したからこそティファが(オシャレに)言えるセリフであり、プレイヤーは最後にまた約束の存在を思い出すことになります。

そして、リメイク版でのティファの「かなりピンチ」「ヒーローなのに」、クラウドの「助けるって約束したんだ」など、お互いが発したセリフのどれもが言わずもがな、「給水塔の約束」のことのなんですが、クラウドもティファも「給水塔で交わしたあの約束」とお互いにすり合わせず、フレーズだけで約束を介した会話をしています。

言葉にせずとも共有しているんですよね、2人だけで。あー妬けちゃう(笑)

この表現、エモ過ぎて震えましたわ…。
そしてこれを伝えた過ぎて長々と語っちゃいましたわ…。

◆「給水塔の約束」の1描写とっても、違う世界線の味が出ていました。 

◆世界線について派生作品を整理してみました(一つの案)

スポンサーリンク

参考にした資料

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[FINAL FANTASY VII]
Copyright (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

[FINAL FANTASY VII REMAKE]
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

タイトルとURLをコピーしました