【微ネタバレ】「FINAL FANTASY VII REMAKE」/クリア後感想&レビュー

今回は23年越しのリメイク作品であり体験版の出来の良さに、発売日を心待ちにしていた(翌日有休取ってまでスタンバイしていた)、「FINAL FANTASY VII REMAKE/ファイナルファンタジー7リメイク(以下:FF7R)」のクリア後感想になります。

1週間も経たずにクリアしてしまいました…寂しい…。

ストーリー考察など語りたいところは山ほどありますが、取り急ぎ全体的な感想です。

ストーリーの核心的なネタバレはしていませんが、部分的な会話やスクリーンショットを掲載しています。閲覧の判断にはご注意ください。
スポンサーリンク

「FINAL FANTASY VII REMAKE」とは…?

本作は1997年プレイステーションで発売されたファイナルファンタジーシリーズの7作目、「FINAL FANTASY VII/(以下:FF7)」のリメイク作品です。そしてリメイク版は分作となっており、今作は「リメイク版の分作の1作目」ということになります。

1997 >>> 2020

余談なんですが、分作とわかりずらいタイトルですよね?次作以降のタイトルがどうなるのかも気になりますね。

今回はどこまで?

今回の続くタイミングは、「ミッドガル脱出まで」。これは経験者としてはわかりやすいポイントであったと思います。

情報が出たときは「FF7」ではサラッとしか描かれていなかった(多分どうやっても数時間のうちに終わる)「ミッドガル脱出まで」をどうボリュームアップするんだ?増やしても蛇足でしかないのでは?という不安しかなかったのですが、実際やってみると”違和感のない”新たな物語の広がりと受け入れられました。

むしろ「FF7」ファンは(次作いつ出るのかわかりませんが)更により長く深く「FF7」の物語を楽しむことが出来ると喜ぶべき改変(深堀り)であったと思います。

スポンサーリンク

全体的な感想

長々と話を始める前に結論だけ書いておくと、期待に応える”傑作”でした!

パッケージの「生まれる前から伝説--」この挑発的な謳い文句に嘘偽りはなかったです。

気になっている、購入を悩んでいる人は今すぐ買ってプレイしてください!と胸を張って言えます。

PSの「FF7」経験者だろうと、未経験者だろうと関係ありません。きっと楽しめる、満足できることを約束します!

プレイ記録

・難易度:EASY
・クリアレベル:38(クラウド)
・プレイ時間:約32時間
・クエスト:全て完了
スポンサーリンク

クリア後感想/キャラクター

キャラクター全員を細々上げると終わらないので(笑)、印象的だった何人かを紹介。

ジェシーという新勢力?

今作グラフィックがリアルになることによって注目された&深堀りされた印象的なキャラクターといえばアバランチのメンバーであるジェシーではないでしょうか。

クラウドが(ちょっと)こじらせてる(ように見える)のも、女馴れしていない不器用さも、とっても深い理由があるのですが、その理由を知らない彼女のクラウドに対する等身大の年相応の応対やぐいぐいさ加減が彼のギャップを的確に突いていて、彼女とのやり取りでそこを上手く(可愛く)描き出してくれていたなと思います。

ティファやエアリスとはまた違う新たなアクション(姉御感)で攻めてきていたのがよかったですね。

イベントの達成度によっては今作唯一キスシーン(意味深)もありますし、恋愛要素とは違うのかもしれませんが、ストーリーを盛り上げ、プレイヤーを(特に初見プレイヤーを)ヤキモキさせてくれる存在にまで今回格上げされていることは確かです。ジェシー派が出てきても何らおかしくないレベルですね。

元女優の彼女が放つ「なんつってぇ~。」の奥深さが分かる人いないかなぁ…(笑)

ソルジャー3rd/ローチェ

お次は「FF7」では登場しなかったリメイク版での完全新キャラクター、ソルジャークラス3rdのローチェ

彼の登場について、言われてみると「確かに!」と思って貰えるポイントだと思うのですが、神羅カンパニーという巨大組織における「ソルジャー」の存在を感じる場面(印象的なキャラクター)が「FF7」時代から組織の規模に反して多くないですよね(タークスに照準が当たっているからでしょうが…)。

今作1人とはいえ、ローチェという曲者でありインパクトの強い、ソルジャーらしいソルジャーが登場したのは物語に少なからず深みを与える要素になっていると思います。

ローチェでクラス3rdなの?っていう疑問は拭えませんし、それならば今後他にもソルジャー(上流ソルジャー)が出てくるのかも?という気もしています。楽しみです。

キリエやレズリーは新キャラもどき

こちらは新キャラと見せかけて…これまでであれば「FF7」の外伝小説に”のみ”登場していた(ヒロイン)、キリエ・カナン。おなじく外伝小説の主人公の仕事仲間であるレズリー・カイルが「FF7R」に登場しています。

外伝小説自体は「FF7」の世界の後の話ですが、「FF7R」で外伝小説以前の話として、外伝小説のネタを使って違和感なくキャラクターを登場させるという粋な演出になっています。

★外伝小説の読書感想(↓)

新キャラ?/忠犬スタンプ

神羅カンパニーのキャラクター犬【忠犬スタンプ】

今作から登場したこのキャラクターは絵(デザイン)として物語の進行中に随所に登場します。

バレットが嫌っているという設定だったり、時には道しるべとなったり登場頻度は多め。キャラクターそのものとしてカワイイため、(なんの意味もありませんが)街中に潜むスタンプ(イラスト、ポスター、グッズ)を探すのも楽しいです。

そして別で書きますが、このキャラクターが物語の中で暗示していることがある気がしています。押さえておくべき重要な存在かもしれないと個人的には思っています。

★忠犬スタンプの存在が示唆する、別の世界線?(↓)

次ページ:バトルやシステムの感想

タイトルとURLをコピーしました