【FF7おさらい】オリジナル版のティファを語りたい!/ティファの名場面?とリメイク版への願望

今日は原作(オリジナル版)「FF7」のティファの名場面?をおさらいしていきたいとおもいます! おさらいしていく中で筆者が感じるリメイク版の今後への願望もつらつらと書いています。

基本的に「ティファ好き筆者視点」での熱量が高めななので必要としていない方はご注意を。

今回原作「FF7」の話をガッツリ含んでいます。未プレイの方は閲覧の判断にご注意ください!
スポンサーリンク

なぜ今回ティファ視点のなのか?

軽い気持ちで「原作をおさらいしよう!」と始めたのでとりあえずティファのを。という大した理由がない感じではあるのですが、原作「FF7」を語る上で全体像を表現しやすいのは【ティファの視点】だと個人的には思っています。

不安定で未知数なキャラクターたちの中において絶妙な存在感と重要な役割を担っているのが彼女です。

★ティファの本編までの生い立ち(クラウドと再会するまでの空白期間)は小説で語られています(↓)

★リメイク版でのティファはこんな感じ(まとめ)(↓)

給水塔の約束

始めはこちら、ティファとクラウドが故郷ニブルヘイムの給水塔で交わした7年前の約束。

個別に考察を行った「給水塔での約束」は原作「FF7」の扱い自体はちょっと物足りなさ?インパクト不足?も感じますが、ティファとクラウドにとって特別な思い出/印象深いシーンであり、空白にはまるピースとしてとても重要な存在です。

原作「FF7」では後々違和感を感じる「幼なじみ」ってワードが序盤から結構出てきます。

なにより思春期のふたりが交わしたやり取り自体は響くものがあります。そして序盤(何も知らない時点)での女性キャラからの猛追にドギマギした記憶しかないですね。

★「給水塔の約束」に関する原作とリメイク版の違いをまとめました(↓)

スポンサーリンク

夜のひみつのデート

ゴールドソーサーでの(好感度で相手が変わる)デートイベント。

その時点で一番好感度の高いキャラクターが「ふたりで遊びに行こう」と誘いに来てくれます(「FF7」の好感度システムは当時新鮮でしたね)。

ティファが迎えに来たぞ!

ティファのシーンを見ているということは(少なくともゴールドソーサーまでは確実に)ティファへの純愛を貫いてきた人だと思われます(無難な対応を続けていればエアリスとデートのため)。

ともすれば公正なフィルターでのセレクトでは無くなってきていますが(笑)、ティファが好き!ティファ推し!と言う人は選ばずにはいられないシーンのひとつでしょう。「夜のひみつのデート」では2つのイベントがあります。

ショーに出演

本日100組目の記念すべきカップルとしてショーに出演するシーン(男性キャラとのデートでは当たり前ですが…出演出来ません)。

伝説の勇者・アルフリードとルーザ姫として出演

王道ハッピーエンドなストーリーのはずがショーの展開を決める選択肢が多く、プレイヤーの選択次第で無理やりま終わらせることになる支離滅裂なお笑いストーリーなどもあります。

個人的には選択肢をしくじったパターンでティファがクラウドに平手をお見舞いしたり、ステージにひとりだけ取り残されて終焉する展開も好きです。このショーのパターン自体は他のキャラも共通なのでエアリスの方が豹変具合にインパクトがあったりしますけどね(エアリスの飛び蹴りがさく裂)。

観覧車(ゴンドラ)での告白未遂

ショーの出演後にゴンドラに乗ることになったふたり。個人的に「ティファと言えばここを選ぶかなぁ~」と思い出深く残っているのがこの告白未遂シーンです。

好感度イベントなので未遂にしかならないのは分かっているけどそれでもそわそわしちゃうんだなぁ~

筆者が幼き頃に「FF7」を初めてプレイした時は「決戦前夜」の遠まわしで子供にはイメージできなかった言葉よりも、ゴンドラの中で2人っきりで良い雰囲気になりつつもじもじして中々言いたいことが言えないでいるティファにシンプルなセリフも相まって凄くキュンとさせられました。

大人になって見てもこのシーンの間とセリフ選びが完璧だと感じます(奥手感がたまらない)。

今も(ゲームだから仕方ないとはいえ)クラウドの鈍感さ加減にはイラっとするし(笑)、ティファが不憫に思えるんですが、筆者が大好きなシーン(展開)です。

スポンサーリンク

「キャハハ」との合戦

結構飛んでしまいますが、野外で始まる女同士(ティファとスカーレット)の平手合戦。

インパクトが強すぎてネタにしたくなっちゃう(笑)、もはやある意味伝説的シーンです。

大人になった今は当時なんとも思ってなかった「年増女」という言葉がかなりキツいぜ!

場面的にどうとでもなれって感じだったのかな。と筆者は思ったのですがそもそもティファは拘束されてなければ負ける気なんてし、むしろかかって来いよ!って感じでしょうか(笑)

ここに至るまでの経緯(スカーレットにやられた場面)を思えば、ティファのどぎついセリフも、仕返しも感情に熱量があって「ティファ、やっちゃえ!」と思えるんですが、そもそもこの合戦が開幕したのは短気熟女をティファが煽ってるからな気もしますね(足組んでる仕草)。

リメイク版ではどうなるのか

現代仕様にするとこの合戦は改変またはカットになりそうな気もしています。リメイク版でツォンがエアリスに手を上げるシーンが無くなっているように無用な描写はリアルな映像になるがゆえにしない、出来ないかなと予測しています。

ポリゴンであってもスカーレットが何度もティファに手を上げるシーンは見るに堪えなかったし、言葉でも攻めてくるスカーレットは特に強烈に映ってしまいそうです。

でも思い出してみるとリメイク版でスカーレットだけは、原作「FF7」以上にぶちかましてたんですよね。インタビューでのカメラマンへの小突きとか、人間オットマンとその時の蹴りとか。もしや彼女はそういう担当になり果てたんでしょうか?(笑)それはそれで(悪党が悪党に染まりきってくれるのは)ありがたいし、この決闘のシーンがあるとすれば生きてくるのかもしれないですね(ちょっと見てみたい気持ちもありますよね?)。

ティファの足を組む仕草

スカーレットを煽ったティファの足を組む(+手を後ろで組む)仕草。この仕草に筆者は当時「ティファ調子乗ってんなー!」「態度デカいなー!」という印象を抱き、リメイク出るまでずっとその感覚でした。

でもリメイク版で(ボタン操作を一定時間していない)待機状態で似たような仕草をティファがしているところを見ると<ただ単純に手持ち無沙汰感>というか普通にかわいらしい仕草という印象に変わって今までずっと違う見方をしていたのかな?と思いました。まぁでもこのシーンに関しては「なまいき」と言われてるので煽ってそうですね..。細かいとこ見過ぎでしょうか?(笑)

次ページ:まだまだつづきます

タイトルとURLをコピーしました