【FF7R考察】18章・ザックスの登場が意味することや生存説について考えてみた

「FF7Rインターグレード/FF7R・IG」が発売されましたね!!!

せっかくなので久しぶりに「FF7R」について考えてみようと思い、大好きなキャラクターである「ザックス」を取り上げることにしました。

とはいえ発売からもう1年以上経っていますので、ネットの世界には様々な興味深い考察に溢れています。が、当ブログも「FF7R」関連で沢山アクセスをいただいているので、一人の戯言として楽しんでいただければ幸いです。

特に今回のテーマは答えが出ていない個人的な見解のため、その点ご認識お願いします。

▼「FF7R・IG」を遊ぶ条件

あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
FF7とそれに関わる派生作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!
スポンサーリンク

ザックスの登場という衝撃

「FF7R」の終盤18章にて、突如登場したザックス(ザックス・フェア)。

もちろん「FF7」の世界にザックスという人物は存在している(していた)わけで、どこで登場してもおかしくはないのですが、”原作”基準で考えると、ここで(こんなに早く)登場させるのか!と驚いた人が多かったのではないでしょうか?(初見プレイヤーはこのシーンに何を思ったのかも気になります)

「FF7」本編、クラウドを中心として物語を見た際のザックスは非常に重要な役回り(キーマン)であり、いずれ必ず登場する、語られることは間違いないのですが、「FF7R」での登場の場面と意味深な発言などを”現時点基準”で今回まとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

18章・ザックスのシーンはいつなのか?

まず気になるのは、「FF7R」で登場したザックスのシーンはいつ(日時)のことなのか?ということ。

これについて特に明言はされていませんが、原作「FF7」や派生作品「CC…クライシスコア」をプレイ済みの人は、だいたい以下のような解釈だと(になると)思います。

・ザックスとクラウドが神羅屋敷から逃亡しミッドガルに帰還する少し前
・ザックスからクラウドにバスターソードが継承される地点
・「FF7(FF7R)」の物語が始まる前の話

単純にザックスとクラウドといえばここ!というインパクトのあるシーンであり、「FF7インターナショナル」で追加され、その後の派生作品でも描かれている出来事に導かれるはずです。

ミッドガルが見下ろせる場所(ミッドガルの近く)や、「CC」でのシーンとの酷似(ザックスのセリフの一致)など、普通に考えればここ以外にリンクするような場面は思い当たりません。

「いらっしゃいませ~!」までの一連のセリフは完全に一致。

(関連作に関係ない/リンクしない)新しく生まれた何かと言われればそこまでの話ですが、さすがにいくらなんでも天下のFFシリーズがそんなぶっ飛んだ話を新しく出してきたりはしないでしょ…?(笑)

大前提として、上記のこととして考察を進めていきます。

この場面が意味する&押さえておきたい一番大きなポイントとしては、「FF7R」の時系から見ると既に通過してきた”過去”であるということになります(この点については後ほど…)。

スポンサーリンク

描かれた世界線とは…?

かつて行った考察で、「FF7R」が「FF7」とは違う世界線(パラレルワールド)であるという話をしましたが、この点については(ここまでの考察を含め)今もって考えは変わっていません。

その際にザックスの登場する場面が「FF7」や「FF7R」での世界(線)ではない、さらに新たな世界線だと言及しているのですが、ここでもう一度整理していきます。

▼「FF7R」はパラレルワールドなのか?考えた記事

①原作「FF7」とは違う世界線

これは、フィーラーの存在(描写)です。

「FF7R」でのザックスの登場シーンにおいて、運命の番人であるフィーラーが映っています。この点については、映し出されるシーンの地点まではフィーラーが原作通りに進むように干渉してきていた=原作「FF7」の世界と同様の運命でここに導かれていると解釈することが出来ます。

フィーラーがザックスに見えている・見えていないは(今回)重要ではなく、ただ単純に、フィーラーが生まれている世界線=原作の世界線ではない(原作通りに進めようとしている世界線)、プレイヤーにそう見える(解釈できる)ように映し出されているということです。

▼フィーラーについての考察

②リメイク版「FF7R」とは違う世界線

①のフィーラーの登場だけで言えば、まだ「FF7R」と同じ世界線とも言えます。

そこで次は「FF7R」とは違う世界線だという点を上げていきます。基本的に”否定”することによって確証を積み上げていくため文章が不快に感じるかもしれません、ご注意を。

忠犬スタンプ

「FF7」にはおらず、「FF7R」で登場した神羅カンパニーのキャラクターである忠犬スタンプ

「FF7R」で登場する忠犬スタンプ

このスタンプがザックスのシーンではお菓子の袋(のゴミ)として映し出されていますが、「FF7R」とは犬種や被り物などデザインが異なっています。実際、スタンプという名前かも定かではありません…。

ただ、「FF7R」で同様のスナック菓子があり、デザインの違いに対して引っかかるものはあるはずです。

ザックスのシーンでの登場

この違いに対して、デザインが変わったタイミングだったのでは?、荒野の化石的ゴミなのでは?など、「FF7R」での過去の存在として「FF7R」の世界線に紐づけようと思えば色々と理由をあげることは出来ます。

しかしこの描写を、ただまっすぐにアップにまでされることを意図的と読み取り意識すれば、デザインの違い=「FF7R」とは違う世界線(パラレルワールド)の印象付け。という解釈でいいのではないかと思います。

「FF7R」での同じ袋菓子のデザイン(見にくい)

切り替わるタイミング

「FF7R」本編で映し出されている場面をこちらもそのまままっすぐに受け取り、クラウドたちの場面(地点)とザックスの場面(地点)が、”違う世界線の同タイミング(それぞれの現在の通過地点)”であるとします。それによって、現在地点の違い=違う世界線という解釈になります。

これらが読み取れる場面(切り替わる場面)としては、(クラウド側)ハイウェイでフィーラーの悲鳴(叫び)を聞いた地点=(ザックス側)ミッドガル近郊で神羅兵と対峙する地点や、(クラウド側)フィーラーを倒した地点=(ザックス側)神羅兵を倒した地点などです。

この解釈としては、セフィロスの「運命の叫び」というセリフとともにフィーラーに包まれるミッドガルと、そこで映し出されるザックスが見つめるミッドガルがフィーラーに包まれていること。

同じく、クラウドたちがフィーラーを倒したことと、ザックスが見つめるミッドガルからフィーラーが消滅することが映し出されるタイミング込みで、”違う世界線の同タイミング(それぞれの現在の通過地点)”とリンクづけることが出来ると考えたからです。

ザックス自身はフィーラーを倒すための行動を取っていたわけではない(フィーラーと戦っていたわけではない)ので、ザックスの世界線でもフィーラーが消滅した=「FF7R」の世界線でクラウドたちがフィーラーを倒した場面といえるでしょう(フィーラーの存在はすべての世界線共通)。

ちなみに細かいことを言い出せば、ザックス自身が神羅兵に倒されてしまう”運命”というのはこの後の地点です(だと思っています)。=この地点でのザックスの勝利は定説通り?

というのもザックスの勝利後にフィーラーが消滅しており(消滅する場面があり)、原作や「CC」で描かれていた3人の神羅兵に追い打ちかけられる(仕留められる)ということがフィーラーを倒したことによって回避されたのかなと思いました。

まぁどのみちザックスが運命を回避したことに変わりはないし、「勝った マジか」というセリフのインパクトもあるので、これはどちらでも構わないのですが(笑)

スポンサーリンク

交わらない

エンディングの直前、セフィロスを追ってミッドガルを離れていくクラウドたちと、ミッドガルを目指していくザックス。描かれた場面では同じ場所を通過する際にそれぞれが存在を認識しておらず、交わることはありません(クラウド2人いるしそもそも同じことはありえませんが)。

これはただの(意味深)演出的要素、時間の違いと片付けられるかもしれませんが、上記のここまでの描写の解釈でいくと「FF7R」の世界線での過去の通過地点を映し出しているとは思えません(後述)。

それぞれが今現在通過している地点の意識付けとして、交わらない=世界線の違い(同じ世界線ではない)の描写であるといえるのではないでしょうか。

だって、そもそもおかしくない?

最後に持ってくるほどでもないのですが、もうドストレートにいうと、ザックスの場面を「FF7R」の世界線や時系列に取り込もうとすると「FF7R」の話、現在地点の裏付けがおかしくなってしまいます。

はじめに書きましたが「FF7R」の世界線での物語において、ザックスの場面は通過済みの”過去”です。これはフィーラーの存在込みで、「FF7R」ではフィーラーを倒すまでの地点(ミッドガル脱出まで)は概ね「FF7」通りに進んでいる(いた)ということです。

すなわち「FF7R」の物語は運命通り(原作通り)に”ザックスが命を落とした”ことによって始まっています。逆説的にいうとザックスの起点がないと「FF7」や「FF7R」の物語は始まりません。

あえて(無理やり)一番分かりやすく同じ世界線に取り込もうと思えば、「FF7R」の過去が上書きされたと置き換えることになりますが、まずフィーラーを倒したことによって過去が上書き(改変)出来るとは言われていません

もしもその原理があるとして今後説明があるのなら話は別ですが、そうだとしても単純に考えてザックスの変わった運命の部分”だけ”が過去の改変として上書きというのは、贔屓目抜きだと猶更、あまりにも都合が良すぎるというか…なによりもそれがまかり通るのであれば違った弊害(相違)が生まれますし、その説明は理解出来そうもありません(笑)

ダダをこねるような言い方ですが、ザックスが生きているのなら、バスターソードがクラウドに継承されることはありませんし、クラウドが駅で干からび状態になることもない(ティファと出会わない)のでは?それらが導かれる先は「FF7」や「FF7R」の物語や運命ではないのではないでしょうか。

この辺もいくらでもどうとでもいえるのかもしれませんが、「FF7」の物語には複数の世界線(パラレルワールド)が存在し、それが「FF7R」とは違う世界線として、ザックスの生存する世界が(まで)描かれていると、ここまでの考察をもって受け取っていただく方が矛盾もなくよっぽど幸せな気がしてしまうわけです(同士求む!)。

なにより、世界線が違おうが、「ザックスが生きて、エアリスに再会出来る未来(の可能性)」があるだけで幸せではありませんか…。

そして、両親に会おう、カンセルに会おう、再会しなければいけない人がたくさんいるはずだ。シスネに本名聞こう、願望が止まらない…。

カンセルや、シスネについては「CC」をやりましょう!

▼世界線の違いを(あえて)楽しむ

スポンサーリンク

ザックスは生きているのか?

これが皆さん一番気になる点ですよね。

結論から言います、生きています。

しかし、私の考察で言えば、ザックスが生きている世界(線)があるという言い方が正しいです。そしてそれは「FF7R」の世界線ではないでしょう。「FF7R」の過去が改変されたわけではなく、「FF7R」でフィーラーを倒したことによりザックスが生存する世界線が生まれたと解釈します。

「FF7R」でフィーラーを倒したことによる、未来への改変の可能性(原作通りに進まない可能性)の一つ/さらなる上乗せとして、ザックスの生存やその未来が3つ目の世界線として描かれたと考えます。

この描写について「FF7R」の時点では(ザックスファンへの)ファンサービスかな?くらいに受け取っていたのですが、「FF7R・IG」を見ると、新たに生まれた未来(世界線)の行く末、「FF7」に導かれない物語が描かれていくのではないかと、そしてザックスを今後もっと堪能できるのではないかとワクワクしております!(アナザーエピソードあるのでは?求む!)

「FF7R・IG」での新たな場面、エアリスが教会にいなかったのはなぜかって?
教会に人が集まっていたのはなぜかって?

すいません、分かりません!!!

でも、これは誰にもわからないはずです。だって新たな未来(の可能性)が生まれたんですから!(しいていえばフィーラーを倒したことによる弊害が何か起こっているのでは?)

続編を楽しみに待ちましょうね!(全然的外れの考察かもね!)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO
©2007 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN : TETSUYA NOMURA
© 1997, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION: © 1997 YOSHITAKA AMANO

 

タイトルとURLをコピーしました