【ネタバレ注意】「十三機兵防衛圏」の謎/冬坂五百里と森村千尋(解説&考察)

今回は「十三機兵防衛圏」における、主人公のひとり”冬坂五百里(森村千尋)”について、特に「どれが誰?」で「何がどうなっているの?」という点をまとめていきたいと思います。

★「十三機兵防衛圏」を理解するための概要とポイント(考察)(↓)

★年代と年齢早見表/混乱しそうなところまとめ(↓)

★「十三機兵防衛圏」のカップリングまとめ(解説&考察)(↓)

物語の真相に触れた記事となっています。
本作はネタバレに触れることで面白さが半減する危険性がありますので未プレイの方は閲覧の判断に十分ご注意ください。
スポンサーリンク

オリジナル

「探査機」によって新しい惑星に運ばれた遺伝子情報、すなわちクローンの元でもあるオリジナルの人物は「2188年の地球最後の15人」のひとり、森村千尋”博士”です。

2188年:森村博士と三浦

ナノマシン(インナーロシター)研究の第一人者であり、この技術が『箱舟計画』…敷島(重工)の「宇宙計画」に大きく関わっていることから、プロジェクトの代表(中心)としての印象が強い人物です。

2188年の森村千尋博士について(ポイント)

NEWMEN社の元幹部(敷島グループが買収)(①)
…買収元である敷島の「宇宙計画」に関与し、緒方憲吾(緒方稔二の父/敷島グループの会長)の指示(助言)によって行動を取っている。

2188年:地球が滅亡する原因を作った人物(②)
…資金調達のために横流ししたナノマシン技術が地球を汚染してしまう。実際には緒方憲吾の指示で行ったことが始まり(原因)だが、表面上は彼女が首謀と思われている(イベントアーカイブ008)。

2188年:森村博士と関ヶ原

関ヶ原瑛によって命を落とす(③)
…郷登蓮也(2188年/敷島のCEO)が森村の進める「宇宙計画」を中止させるために関ヶ原瑛(2188年/殺し屋)に暗殺を依頼する(理由の詳細はミステリーファイル010)。

沖野司の母親である(④)
…「宇宙計画」の遺伝子検査で判明。かつて人口調整の政策で森村博士が提供した卵子によって生まれた存在ではあるものの、沖野司(2188年/ユニバーサルコントロールを製作したエンジニア)に対して母親が感じるような気持ちを抱いている(イベントアーカイブ260)。

2188年:和泉が行った設定に気づいた井田の記録

「セクター0」に2188年の彼女(博士)のデータが存在している(⑤)
…『箱舟計画』における自身のクローンが最終工程(18歳)を迎えた際に、2188年の自分(博士)の記憶を置き換える設定をしている。

目的は生まれるクローンたち(15人…自分のクローン以外の14人)を「導く者」が必要だと考えているからであり、彼女が亡くなったあと彼女の意志を汲んだ和泉十郎(2188年/軍人・三佐)の手によって設定作業が行われている(イベントアーカイブ007)。

スポンサーリンク

クローン

ここからは2188年の森村千尋”博士”の遺伝子情報から生まれたクローンの動きを順に紹介していきます。

作中では最後のループ=300回目のループを中心に物語が進行しており、過去(2周前、1周前)のループ(での出来事)から導かれていきます。

まず大前提として、森村千尋(クローン)は「セクター1」=2089年生まれの設定(配置)です。

そして2188年、恋人関係にあった和泉十郎(から生まれるクローン)と、自身の息子である沖野司(から生まれるクローン)を自分と同じ「セクター1」生まれに設定(配置)している点から公私混同感は満載です(クローンはそれを知りませんし影響もありませんが)。

※以下全ての人物(名)は2188年のオリジナルの人物から生まれた”クローン”となります。
※表記における2周前、1周前は300回目である本編の周回を基準としています。

2周前のループ

同じ「セクター1」=2089年生まれ(配置)の和泉十郎、沖野司と行動を共にする(300回目のループから)”2周前”の森村千尋。

・2104年(「セクター1」/16年目/15歳)
…「セクター1」の地上が”怪獣(ダイモス)”の襲撃により壊滅。
…3人は地下の中枢である「ユニバーサルコントロール(円盤/UFO)」とそこにあるカウントダウンを発見。

・2105年(「セクター1」/17年目/16歳)
…他のセクターへの移動(転移)を行っている(仕組みを把握)。
…「セクター4」と「セクター3」も”怪獣(ダイモス)”の襲撃を受け壊滅していることを確認(この時は侵略者と呼んでいる)。

ここで彼らのいる「セクター1」のカウンターが”0”になり、セクター(世界)が崩壊を始めたため、3人は他のセクターへ避難を開始します。位置(座標)は「すみれ橋」に指定。

しかし(他のセクターも崩壊を始めているため)避難できるセクターが見つからず、沖野は唯一選択が可能な「セクター0」を設定します。この時の彼らは認識していませんが「セクター0」はデータ保存領域であり、「セクター1」~「セクター5」の居住空間とは異なるものでした。

そして(おそらくそのことが原因で)転送のタイマーがセット出来ず、沖野が犠牲となりながらも、森村と和泉を「セクター0」へ転送

ここで世界は全崩壊…【リセット】

この時の彼らは「転送」=「避難」だと思ってこの行動を取っていますが、実際には【リセット】の直前、「セクター0」に現時点(2周前の16歳時)の森村と和泉が”データとして”保存されたことになります。

これによって本来であれば【リセット】と共に消滅する存在だった、森村(2周前)と和泉(2周前)が意図せずも”データで残った”ことでループした新たな世界にユニバーサルコントロールの住人(AI)として出現することになります。

スポンサーリンク

1周前のループ

世界(仮想空間)の【リセット】により、新しい世界が構築…(300回目のループの)”1周前”のループ。

・2089年(「セクター1」/1年目)

この時点で存在している森村千尋(と呼ばれる人物)は2人(A/B)。

A:森村千尋(2周前)
…ユニバーサルコントロールの住人となった前周の森村千尋(データ/AI)…16歳
B:森村千尋(1周前)
…「適合者」として生まれた今周の森村千尋(クローン)…0歳

2089年から再び始まった「セクター1」の1年目、避難場所に指定していた「すみれ橋」に”データ(AI)となった”16歳の森村(2周前)と和泉(2周前)が転送されます。

彼らは(新たに生まれたクローンである)0歳児の自分(1周前)を発見したり、(2周前の)自分たちの存在/権限がこの世界から無くなっている(この世界にはない)ことに気づきます。

ただし16歳までの記憶(データ)を有していることから、(彼らはこの時点では自分たちの世界が過去に戻ったと思っていますが)自分たちが遭遇した15年後(2104年)の侵略者に備えるために歩みを進めます(イベントアーカイブ011)。

スポンサーリンク

A:森村千尋(2周前)

森村(2周前)は16歳から始まった今回のループの17年目(丸16年)=32歳までを過ごしています。

・2104年(「セクター1」/16年目/31歳…16歳+16年目)
…和泉(2周前)と行動を共にし続けており「宇宙計画」に関連する施設を破壊(=「宇宙計画」が壊滅の原因であるというところまで来ている)。追手の襲撃を受け森村は逃走し、和泉は逮捕される(この和泉が囚人426)。

・2025年(「セクター3」/17年目/32歳…16歳+17年目)
…「セクター3」にて今周回の「適合者」である井田(1周前)と如月(1周前)を保護。この時点で三浦(1周前)も保護済み(イベントアーカイブ012)。

・2065年(「セクター2」/17年目/32歳…16歳+17年目)
  …和泉(2周前)によって森村(1周前)が抹消された現場(イベントアーカイブ015)に遅れて到着し、和泉を撃つ(シリンジ銃のためこの時の和泉は気絶?)。井田(1周前)を救助する。

ちなみに和泉(2周前)は最終戦より前に「セクター0」に自身の複製(データ)を取っています。すなわち、32歳(16歳+17年目)の和泉(のデータ)が「セクター0」に保存(2周前に上書き)されたことになります。

・1985年(「セクター1」/17年目/32歳…16歳+17年目
 …「審判の日(最終戦)」、”怪獣(ダイモス)”に勝つことは出来ず、最終防衛線が崩壊。最後まで戦っていた井田(1周前)と共に「セクター0」への移動を試みるも電力、時間がともに不足し、井田(1周前)だけを転送する。

ここで世界は全崩壊…【リセット】

これにより、今回のループを過ごした16歳~32歳時の森村(2周前)の記憶(データ)は「セクター0」に保存(上書き)することが出来ませんでした

ただし、既に「セクター0」に保存済みの森村(2周前:16歳時のデータ)がリセット後に「すみれ橋」に現れることを把握しており、同じく転送されるはずの井田(1周前)から今周回での出来事を彼女に”説明”して欲しいと未来を託しています。

B:森村千尋(1周前)

・2065年(「セクター2」/17年目/16歳)
…森村(1周前)は、和泉(2周前/32歳…16歳+17年目)により抹消される(イベントアーカイブ015)

和泉(2周前)は世界を襲撃する侵略者である”怪獣(ダイモス)”が呼び起こされる原因が「適合者」にあることを突き止め、襲撃を起こさないために「適合者」たちを抹消していきます。

そして「セクター2」にて、森村(1周前)、薬師寺(1周前)、井田(1周前)、さらに描写は在りませんが、和泉(1周前)、沖野(1周前)、関ヶ原(1周前)、東雲(1周前)を手にかけています(井田は生存したため、計6名を抹消)。

実際に「適合者」(の誰か1人)から”怪獣(ダイモス)”への信号が出ていることが事実とは言え、本人の無意識化で発信されているため、表面上はいわれのない無差別攻撃として和泉(2周前)の行動が非難されることはわかります(和泉の目的も理解はできますが…)。

ここで命を落とした森村(1周前)についての詳細、イベントアーカイブはこの1つだけです。そしてこの時16歳の森村(1周前)はデータとしても残らなかったことになります。

次ページ:最後のループ(まだまだ続きます)

タイトルとURLをコピーしました